ドクターの幸せDNA > 過去ログページ
2005年08月30日

必見 未来創造学最終章

幸せ未来大学院、院生のみなさん!
更に、今日もお越し下さった聴講生のみなさん、おはよう御座います。

講座開始が遅くなってしまい、申し訳御座いませんでした。
本日も衆院選などで岡山各地を走り回り、たった今、帰宅したところです。
それにしても疲れた〜〜〜(笑)

どうも私の性分が「今、やるべき事は、今!いずれ、やらなければならないなら、今とやろう!」と思ってしまうので・・・・

このブログのA幸せDNAでも触れていますが、この世の森羅万象、万事万類を貫く「因果の法則」が理解出来れば、出来るほど、そう言う考え方が身に付いてしまったんでしょうねぇ。

それに、こうも考えてしまうんです。
「先で苦労するよりも、今、うんと苦労しても、先で楽な方いいからなぁ〜。」とね。

万事この調子ですから、お陰さまで後悔の無い、しかも充実した毎日を過ごさせて頂いています。


さて、本日の本題ですね。

昨日、地球環境の温暖化による持続可能な社会へのタイムリミットが残り80〜100年と明確になった今、私たちは如何するべきなのか?のお答えでしたよね。

私自身が、その時までこの世に生きていられるか、それとも、もうこの世を去っているかは分りませんが、いずれ世界の人々は人類共通の危機を目の辺りにして、ようやく「地球市民」の自覚に立って物事を考える様になるだろう!とお話しました。続きを読む




posted by ホーリ at 02:43 | Comment(1) | TrackBack(0) | G幸せ未来大学 環境講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2005年08月29日

おお〜皆さんパワーは凄い!

どうも、みなさん!こんにちわ!

移動の合い間をぬっての更新です。

先ずは、人気ブログ・ランキングのバナーをクリックして下さった方々に心より厚く御礼申し上げます。

お陰さまでベスト10入りに返り咲きました。(万歳〜!)

そのお陰で新しくご訪問下さった方も途端に増えました。


そこで新しくご訪問下さった皆さまへ・・・
現在、私、出張中にて折角お越し下さったのに中々御礼のコメントが書き込み出来ません。

依ってこの場をお借りして「ようこそお越し下さいました。世の中、何やかやで相変わらずの世知辛さです。でも、少なくても私たちは自分たちの大切な人生を本当に大切に!そして確かな一歩を歩みたいと思います。このブログは皆さまのコメントで変幻自在に内容が進化します。どうぞ、お気付きの点、ご質問、ご提案など御座いましたなら、バンバンとコメント頂ければ幸いです。今後ともよろしくお願い申し上げます。」

さて、昨日リンクに加えさせて頂きました「AKICHAN」へようこそ はご覧下さいました?

まだのお方は是非ともジックリとお読み頂き、政治の世界をご理解頂ければと存じます。

また本日も引き続き、1人でも多くの方たちにお読み頂きたいと存じます。
その為にもランキングを少しでも押し上げてやって頂きたくバナーのクリックを「ポチッ!」と、どうかよろしくお願い致します。
                       
                                     
              どうも、ありがとう御座いました。

では、また次回お目に掛かりましょう。




posted by ホーリ at 12:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

必読 みなさん!正念場です!

幸せ未来大学院、院生みなさん!
そして聴講生の皆さん、おはよう御座います。

もう01:30を回ってしまいました。

実は今日、前衆議院議員の熊代昭彦先生にお目に掛かり、色々とお話して参りました。

そして私のこのブログにお越し下さる、良識ある皆さんに是非閲覧して頂きたいと申し出まして、ブログ・リンクを快諾頂きましたので、早速リンクに「AKICHAN」へようこそ! を加えました。

(ところがラブログさん、調子悪しでリンクを貼るだけで2時間半も掛かっちまいました。(プンプン!))

ですから、熊代先生のお考えや人間性を是非とも皆さんご自身の心の目でお確かめ頂ければと存じます。


さてさて話はドカンと飛びますが・・・
中国とロシアとの大規模軍事演習、これはエライ事になって行きますよ。

郵政民営化などと戯言(ザレゴト)を云々している間に、世界はドンドンと動いているんですよ。

でも国民にとっては、目先の問題の方が大事のようですが・・・


さあ、本題です。

地球環境に於ける温暖化による持続可能な社会へのタイムリミットが残り80〜100年と明確になった今、私たちは如何するべきなのか?にそろそろお答え致します。続きを読む




posted by ホーリ at 01:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | G幸せ未来大学 環境講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2005年08月28日

ついに岡山に到着したぞい!

みなさん、おはよう御座います!

たった今、岡山の姉んちに到着しました。
玄関の鍵を開けててくれたので、難なく入室。
但し、みなさん朝が早いお仕事ですから、もう寝てます。(笑)

従って私、忍者の様に忍び足での入室でした。(爆)

早速ブログを開いて見ると、ユッコちゃんがコメントしてくれとりました。
早々にコメント返しを書き込んで、人気ランキングを覗いて見たら!


「・・・・・・・・。」


今だに、トップテン落ちですね・・・・。(ショボン。。。)

環境問題、みなさんにはあまりご興味ないのかしら・・・。

それとも他に原因が?・・・。

などと考えつつも「よ〜し!明日から頑張ろう!」と1人意気込むおっちゃんでした。(笑)

実は、姉もNPO法人「グリーン・パートナーおかやま」代表世話人をやってて、早朝から岡山市議たちを迎えての報告会&勉強会をやる予定だとか。

兄弟、良く似てますわ。やることが!(笑)

私も若干お手伝いをしなければね。

それに私自身の明日からの目白押しの日程もありますから、猛忙しの日々となりそうです。

そんな訳で鋭気を養う為にも、もう寝ます。
そんなこんなで、明日からの記事にご期待下さ〜い。

あっ!ついでと言っては何なのですが!

是非ともここは、この私を救済する為にバナーのクリックを「ポチッ!」と、どうかよろしくお願い致します。
                       
                                     
                       
どうも、おありがとう御座いました。(感謝!)




posted by ホーリ at 01:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2005年08月27日

やっと舞鶴港に着いたぞぉ〜

みなさん、こんばんは!

やっと舞鶴港に到着しました。(いゃ〜、長かった!)

これで記事更新が出来るぞぉ〜!(爆)

何せ、小樽〜舞鶴間の約21時間は長いですわ。

出発前にフィアンセとそのご両親(神奈川より避暑で来道)と途中まで出かけ、一緒に夕食を頂き、そこでお別れ。
イザ、小樽港へと車を走らせた。

小樽港では、前記事でお話した通り、思いのほか混雑状態。
キャンセル待ちの若者たちがアチラコチラにたむろしてましたね。
(大事をとって予約しておいて良かった。ホッ!)

小樽で新日本海フェリーに乗船し、荷物をベッドに置いて、チョッと一服しに喫煙所に。続きを読む




posted by ホーリ at 20:55 | Comment(2) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2005年08月26日

小樽港から愛を込めて

みなさん、こんばんわ!

小雨降る、夜の小樽港からお便りです。
気温は21℃と少し肌寒い夜の港。

悲しげな汽笛の音が港中に響き渡って・・・

何て情緒ある風情ではありません。
旅行に訪れた人たちでごった返していますわ。(爆)

今日辺りは船も空いてるだろうなぁ〜。と思ったら大間違いでした。

やはり知床半島の世界遺産登録が効いているんでしょうね。

北海道の最たる財産は何と言っても「自然そのもの」ですからね。


さて私、今夜から11時半から、いよいよ出張です。
舞鶴港到着は明日の夜8時半予定。

それまではエアーH゛が使えない為、更新がままなりません。
更に舞鶴道から岡山まで一気に車を走らせる為に、これまた更新も難しいかも・・・

でも、舞鶴港到着後か、高速道のSA辺りで何とか更新したいと思っています。

先ずはフェリー乗り込みのご報告方々ご連絡申し上げます。

では、そろそろ乗船です。
また、お目に掛かりましょう。 バイバイ!




posted by ホーリ at 23:11 | Comment(4) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

やられたぜい!特報最前線?

みなさん、おはよう御座います。

今日の記事を更新した後、リンクのMeditationさんちに立ち寄り、日記の「喜怒哀楽」に目を通すと・・・


アブラゼミ [2005年08月25日(木)]

Σ( ̄Д ̄;)がーんっ!

HPのトップの最終更新日に気を取られていて

小説のUPが遅れてる・・・( ̄  ̄;) うーん

今まで1週間ペースでやってたのに。。。(=゜ω゜)

ちょっと今晩、頑張ってみようかなって思います(*∇)ウフフフフ

小説を楽しみにしてた人( ´Д⊂ヽゴミンナサイ

おのれ!夏バテめっ!

メッ ☆ヾ('・'*)よ(笑)

どうも( ^-^)ノ(* ^-^)ノこんばんわぁ♪続きを読む




posted by ホーリ at 04:39 | Comment(1) | TrackBack(0) | みなさん、ニュースです。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

幸せ未来大学的未来創造学

幸せ未来大学院、院生のみなさん!
更に、今日もお越し下さった聴講生のみなさん、おはよう御座います。


台風11号、相当大きな被害が続発している様です。
みなさんは大丈夫ですか?
十分にお気を付け下さいね。


さてこれまで、私たちを取り巻く地球環境、取り分け「温暖化」を中心にお話を進めて参りました。
みなさんが一般の報道などで知り得た「温暖化」及び環境崩壊現象のあらましは十分にご理解頂けたことと思います。
(途中から聴講された方はカテゴリーの幸せ未来大学講座をお読み下さいね。)

そして本日は、そうした現実的状況に在る私たちが、こうした事象に対してこれからどの様捉え、考えて生きるべきか、存在するべきかを学んで頂きたいと考えます。


元々私たち日本人は、他の民族には限られた六千年以上の歴史の中で連綿と受け継がれて来た「幸せDNA」が体内に存在しています。
(但し、残念ながら明確に自覚されている人は殆ど居ませんが)

先ず私たちの民族的歴史としては、四方を海で囲まれた日本と言う国土に住み着いた「完全なる農耕民族」であると云う事実です。

そして弥生時代に中国、次いで韓国などの海渡人の襲来を受けるまでの日本人、つまり縄文人たちはそれぞれの地域で独自のコミニティー社会を形成し、独自の技術を磨き、生活全般に渡って相互扶助による互いに争う事の無い「完全共生の調和社会」を数千年も続けて来ました。

私の一族に語り継がれている蓬莱の国の姿は・・・
(蓬莱の国とは、縄文の人々を意味する呼び名です)続きを読む




posted by ホーリ at 01:58 | Comment(2) | TrackBack(0) | G幸せ未来大学 環境講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2005年08月25日

必見!海外からのメール

幸せ未来大学院、院生のみなさん!
更に、今日もお越し下さった聴講生のみなさん、おはよう御座います。


さて今日は、チョッと予定を変更して私が最も尊敬する海外の先生とのメールのやり取りをご紹介致しましょう。

先ず私から8/16に・・・

>○○ 先生へ

拝啓、厳しき寒さも次第に遠ざかろうとしているのではと拝察致します。
さて先日の(4)の続きの変更文と、本日の(6)の変更文をお受け取り致しました。
早速、コピー転送致しましたのでご安心下さい。

こちら北海道は、やっと北海道らしく穏やかで爽やかな夏になりました。
一昨日辺りは異常に湿度が高く本州並みの蒸し暑さだったのですが。

このところ、地球温暖化についての情報をネットで色々と収集し、目を通しているのですが思っていた以上に深刻化してますね。
各国の専門かの意見を要約すると、どうも現在の社会生活を持続可能な年数として換算すると最大で100年程度と言う意見が大半ですね。
特に温室効果ガスのCO2の影響で温暖化が現われているんですが、そのCO2は’50年代〜’60年代に排出されたもので、現在、排出されているCO2量は当時の3倍あり、その影響が現われるのを20年から50年であり、それが及ぼす影響は今の比ではない。と予測しています。
その影響は一部の地域での局所的な集中豪雨、また他の一部の地域での干ばつ、そして南半球の急激な気温上昇と同時に北半球での極端な寒冷化。
それに伴う中央アジアの大規模な砂漠化、アフリカ、南米、北米中部も著しく砂漠化が進むとしています。
当然、伝染病の蔓延、作物の激減、飲料水の不足などは言うに及ばない。としています。
今後も引き続き情報収集して行く積りです。

また、ニュースでご存知の通り、日本では郵政解散でドタバタしています。
小泉氏の反対派に対する処罰とも言える措置に、徐々に非難が集中し始めました。
衆院選の行方も分らなくなって来ました。

では、またお便り致します。 敬具  ホーリ 拝続きを読む




posted by ホーリ at 00:29 | Comment(2) | TrackBack(0) | G幸せ未来大学 環境講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2005年08月24日

やっぱりお呼びが掛かったよ。

みなさん、こんにちわ!

北海道では、真っ青に澄んだ空を赤とんぼの群れが忙しく飛び交っています。

後2ヶ月もしたら北海道では初雪を迎えます。

そう考えると北海道の夏はあっ!と言うまですね。


さて本日、ついに岡山の選挙事務所から応援のお呼びが掛かって来ました。

予測はしてましたがね。

そんな訳で26日の深夜のフェリーで小樽港を出発です。
舞鶴港には夜の8時前後に到着らしいです。
それから高速道をひた走りで、岡山着は夜中の12時前後の予定。

暫らくはてんやわんやの日々に成りそうです。

それに、昨晩、深夜に北海道地区の政見放送をやってました。

郵政民営化について、自民・民主・共産党のそれぞれが論争を展開してましたね。

それを聞きながら思いました。続きを読む




posted by ホーリ at 17:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一言いわせて!時事ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

そこにある危機!終盤です。

幸せ未来大学院、院生のみなさん!
更に、今日もお越し下さった聴講生のみなさん、おはよう御座います。

衆院選挙戦、日増しに激化して参りましたね。

しかし有権者の代表であった反対派の代議士たちは、各地元の有権者たちの声を代表しての郵政民営化の反対票であった事が次第に明確に成りつつ在るようです。

すると小泉自民党は、全国地域の有権者を無視した事には成らないだろうか?

それで小泉自民党は、国民の期待に応えられるのだろうか?

これだけ日本経済がひっ迫しているのに・・・

更に例の小泉氏と森元総理との会談後にビールの空き缶とチーズを片手に「小泉さん?あれは変人以上だな。流石に私もサジを投げたよ!」は、小泉氏と森氏が打ち合わせ通りに演じた茶番劇だったそうだ。

それも造反議員へプレッシャーを与える為の!
そんなパフォーマンスまで平気でやってのけるこの2人、何となく嫌な感じを受けたのは私だけではない様です。
テレビのコメンテーターたちも随分憤慨していましたね。

出生率よりも約31000人も死亡率の方が上回ってしまった「少子高齢化社会が遂に到来」して来た昨今、小泉自民党で本当にいいのか?大丈夫なのか?と疑問が湧いてくる今日この頃です。


さて昨日の太陽フレアと太陽風についてお話しました。

今日は、そのお話を裏付ける強烈な現実的情報を公開致しましょう。


・太陽陽子は非常に高エネルギーであるため、地球
磁場による防御は余り頼りにならず、とくに静止衛星の場合は深刻な影響を受ける。

しかもこれらの高エネルギー粒子は非常な高速で飛んでくるため、警報しようにも時間的な余裕がない。
最も高エネルギーの陽子は、太陽爆発の発生後30分やそこらで地球にやってきてしまう。続きを読む




posted by ホーリ at 00:16 | Comment(2) | TrackBack(0) | G幸せ未来大学 環境講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2005年08月23日

日本国存亡の時

みなさん、こんにちわ!

毎日毎日、衆院選挙で話題持ち切りですね。
造反組みと呼び捨てにされた自民党反対派の代議士たちも反撃体制が不十分ながらも、何とか小泉自民に対して決めワザを模索中の様です。

しかし、段々と小泉戦略の落ち度が見え始め、世論も次第に気づき始めた様ですね。

東京12区で立候補を予定していた八代氏を公明党は自民への選挙協力と引きかえに引き摺り下ろす事を条件にした。

当の自民党はそれを非情にもやってのけた。
八代氏を散々脅し捲くった自民党幹部。
その直後、八代氏は出馬を断念。

翌日の19日、小泉氏は八代氏を首相官邸に招き「自公連立の大切さを分ってくれて感謝する」と言い放ったそうだ。続きを読む




posted by ホーリ at 15:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一言いわせて!時事ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

必読 そこにある危機C

幸せ未来大学院、院生のみなさん!
そして聴講生としてお越しのみなさん、こんばんわ!

しかし、来てますねぇ。
11号12号の2つの台風が!

このままのコースを北上すると日本上陸が危ぶまれますね。
今後の動向に十分にお気を付け下さい。


さて昨日はオゾン・ホールに引き続き、今日は太陽フレアについて簡単にお話致しました。

今日は、もう少し掘り下げた情報をお話致しましょう。


>「過去最大級」の太陽フレア発生--通信、電力システムなどへの影響懸念

ここ1週間で2回目となる大規模な太陽フレアが発生した。フレア発生によって引き起こされた磁気嵐で、人工衛星や送電網、通信ネットワークなどに障害が生じる可能性が懸念されている。

海洋大気庁(NOAA)という米商務省の1部門の報告によると、太陽ではコロナの大量噴火であるフレアが連続して発生しており、2003年に発生したこのフレアは「過去最大級」だったという。NOAAでは先週にも同様のフレア発生を観測している。続きを読む




posted by ホーリ at 00:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | G幸せ未来大学 環境講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2005年08月22日

私的なお話。ユッコ・メール

みなさん、こんにちわ!

昨夜の北海道、大変な大粒の雨が降りました。
今はどんよりと曇っていますが・・・。

そんなこんなで、台風が接近している見たいですね。

それも2つも!
みなさん、十分にお気を付け下さいね。


さて、昨晩、ユッコの元気のでるブログの管理人、ユッコさんからメールが届いていました。

以前の8/18日の「ラブログさん!記事返して〜」の記事に触発されたユッコさん。

郵政民営化の反対票を投じた平沼赳夫代議士のHPを覗き、そしてコメントを残したらしいんです。

すると・・・続きを読む




posted by ホーリ at 14:23 | Comment(2) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

必読 そこにある危機B

幸せ未来大学院、院生のみなさん!
そして聴講生のみなさん、おはよう御座います!

今日、釣り上げたちっちゃいメダカカレイの唐揚げを美味しく頂いたホーリです。(爆)

さて、昨日のオゾン・ホールに引き続き、今日は太陽フレアについてお話致しましょう。

太陽フレアって何よ?って方もいらっしゃるでしょうから、先ずはその辺りからお話を始めますね。

◆太陽の磁気活動とコロナ

・極大期に起こること
太陽活動の極大期になると、様々な現象が活発になります。
例えば、コロナの見え方が違ったり、黒点が増え、太陽風がきつくなったりします。
では、なぜ、極大期になると黒点が増えるのでしょうか。続きを読む




posted by ホーリ at 00:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | G幸せ未来大学 環境講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2005年08月21日

お暇潰しに!本物の釣り馬鹿日誌

みなさん、こんにちわ!

今日、いや!正確には本日、まだ暗い中、朝の3時に自宅を出て、フィアンセの弟&彼女と札幌市内で待ち合わせ。

私とフィアンセと義父上と5人で石狩湾に出掛けた。

その目的は、大胆にもカレイを釣り上げようと言うもの。

しかし・・・・・
みんなズブの素人ばかり(爆)

昨日、急に弟から「石狩湾でカレイがバカバカ釣れるらしいよ。行こうよ!」の誘いに乗ってしまったのだ。

「それならば!」と言うことで一応の道具を揃え、餌を買い、勇んで出掛けて見たものの・・・・・。

因みに釣りは私もフィアンセも7年振り。
海釣りともなれば、うん10年振り。

最初の1時間は餌には食い付くもののサッパリ!

殆ど徹夜状態で腹が減ったので、我が愛しのフィアンセが作った弁当を一番に頬張った。
それを見た全員が弁当に集まり、パクパク、ムシャムシャ。

そこで私、チト気になった放置してある釣竿。

最初にフィアンセの釣竿を手に取り、おもむろにリールを巻くと、釣れてましたがな!見事なカレイが!続きを読む




posted by ホーリ at 14:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

必読 まだそこに在る危機A

幸せ未来大学院、院生のみなさん!
そして聴講生のみなさん、おはよう御座います!

いつもお越し下さり、心より感謝申し上げます。
アクセス解析を見ましたら、この幸せ未来大学院の講義を始めてから当大学院にお起し下さる方が日増しに増え続けております。

これも院生のみなさん、そして聴講生のみなさんのお陰と存じます。
先ずは深く御礼申し上げます。本当にありがとう御座います。

今日は一日中、出たり入ったりで・・・
お昼の更新もまま成りませんでした。(ペコリ)

しかし世間では衆議院選挙で随分賑やかになって来ましたねぇ〜。

今回の選挙。
本当はマニフェスト選挙で在るはずなのに、何だか郵政の是非選挙に摩り替わってしまっている気がして成りません。

小泉自民、中々したたかです。

みなさんは、是非、郵政民営化だけでなく、全体の政策を見通して頂きたいと思います。

何故なら、現在の日本の国の予算が約80兆円。
これは一人当たり200万円もの金額になります。

すると、これからの政治に未来を託す訳ですから、今回の選挙の一票をお金に換算するとあなた一人が投資する金額が200万円/一票となる訳です。

その一票の重みを十分に理解し、貴重な一票を投じて頂きたいと存じます。


さて本日は昨日触れた「オゾン・ホール」についてお話致しましょう。

先ず、オゾン層の破壊についてです。

オゾン層は太陽からの有害な紫外線を吸収し、地上の生物を保護する役割を果たしています。
近年、このオゾン層が全地球的に減少傾向にあり、人への健康被害や植物の生育阻害等の発生が懸念されているのです。

特に高緯度地方で減少率が高く、日本の観測でも札幌の減少傾向が他よりも大きくなっています。
南極などではいわゆるオゾンホールの発生があのます。
そして2003年には過去最大規模のオゾンホールが観測されたのです。

更に詳しくお話しますと・・・(長文ですが大切な事なので!)続きを読む




posted by ホーリ at 00:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | G幸せ未来大学 環境講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2005年08月20日

必読 まだそこに在る危機

幸せ未来大学院のみなさん!

         そして聴講生の諸君!

               お待たせしましたぁ〜!

先ほど予告しました「必読 温暖化が及ぼす危機」の講義開始です。

んがぁ〜!
12時16分に記事を更新したのに、1時35分過ぎてんのに未だにUPされとらんじゃないのん?

またラブログさん、調子悪し!なのかい?
勘弁してよ〜。ホントに〜


んがぁ〜!Uゥ〜!
その前に、四国の香川県のみなさん。
昨日から今日に掛けて何度も「渇水情報」を聞きました。
大変でしょうが、頑張って下さい。


さてさて、19日の4時に予告した件ですが・・・

>【ヒューストン23日共同】米アラスカの永久凍土の中で約3万2000年間生き続けていたとみられる微生物を米航空宇宙局(NASA)マーシャル宇宙飛行センターの研究者が発見、新種の細菌と認定された。同センターが23日発表した。

つまり、南極・北極の氷床に閉じ込められた何万年も前の、しかも人類が未だ知らないウイルスが目覚めるとこになるのです。

あのSARSも現段階では、何処から、どんな経緯で出現したのか不明のまま。

そんな恐れもある氷床融解なのです。 と言うものでしたね。

それをもう少し詳しくお話しするとですねぇ・・・続きを読む




posted by ホーリ at 00:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | G幸せ未来大学 環境講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2005年08月19日

必読 温暖化が及ぼす危険

幸せ未来大学院院生のみなさん!こんにちわ!

これまで地球環境概況2000を冒頭に紹介しつつ、温暖化についてあまり報道されない情報を中心に講義を進めてまいりました。

その地球環境概況2000では・・・・

国連によって作成された環境プログラム(UNEP)として1999年にまとめた「地球環境概況2000」という報告書なのです。

日本を含む100カ国以上の30研究機関、約850人の専門家がまとめたリポートです。

この報告書の内容は戦慄を感じ得ないもので、温暖化に関する要点として「温室効果ガス排出増による、地球温暖化の防止は恐らく手遅れであり、京都議定書の目標の達成も多分、無理だろう」と言うものでした。

しかし、地球温暖化が及ぼす恐怖はそれだけでは在りません。

それは・・・続きを読む




posted by ホーリ at 16:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | G幸せ未来大学 環境講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人類滅亡への証言

幸せ未来大学院、院生のみなさん!
そして聴講生のみなさん!お早う御座います!

昨日は、突然のアクシデントにより休講し、何ともはや申し訳ないことでした。

しかし乍、日頃の衆議選報道を聞くにつけ日増しに募るモヤモヤをこの場を借りてボヤイてしまいました。

でも、私の言わんとすること、みなさんもそう思われません?

さて、温暖化の引き続きです。

私たちの日本では、それほど大規模な被害は見られない様ですか・・・・・。

海外では顕著に現われている様です。


ジョージ・ウッドウェル 創設者・所長
ウッズホール海洋研究所

気温は気候を変えます。
大陸の内陸部が暖まれば乾燥化が進むのです。
今は中央アジアで乾燥化が進んでいますし、アリゾナなどでも同様です。
北米の森林火災は、誰もが知るところですが、あの原因も気温の上昇と乾燥です。
昨年は25万5000ヘクタールの森が燃えました。
昨年の夏、1300万ヘクタールの森がロシアで燃えました。
これは深刻です。
今後10年で、こうした気候の乱れが文字通り人間の文明を地上から焼き払いかねません。続きを読む




posted by ホーリ at 00:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | G幸せ未来大学 環境講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

気になるおケイコを手軽に検索「ケイコとマナブ.net」
おすすめのサイト