ドクターの幸せDNA > 過去ログページ
2005年10月31日

早速、来ました。報告メール。

どうも、みなさん!こんにちわ。。。

昨日の私の趣味「三菱自工の応援提案」の記載をしたばかりですが・・・

先ほど、律儀にも三菱自工からご報告のメールが入りました。
ご挨拶などは省略させて頂き、本文のみを掲載させて頂きますね。


DATE 2005年10月31日

三菱自動車、新型『アウトランダー』 受注が5000台超しました。

三菱自動車は、10月17日(月)に発売した新型『アウトランダー』の累計受注台数が、2週間を経過した10月30日(日)までに月間販売目標台数(2,000台)を大幅に上回る5,000台に達しました。

新型『アウトランダー』は、9月中旬より開始した先行予約で10月17日(月)の発表日までに約2,500台を受注。その後も順調に受注を伸ばし、特に、10月22日(土)・23日(日)および29日(土)・30日(日)に全国の販売会社にて開催された2週連続の「アウトランダー 誕生フェア」などで2,500台を超える受注を獲得しました。

「アウトランダー誕生フェア」の状況と受注内容は以下のとおりです。

1. 2週連続「アウトランダー誕生フェア」の状況

(1) 来場者数 約66,000組
(2003年5月のグランディス発表時 <約60,000組> を上回る来場者数)

(2) 特性
年齢を問わず、20代〜50代の幅広い層のお客様がご来店。特に30代家族連れのお客様の来店が多い傾向。従来の新型車に比べて他銘柄車の来店が多く、比率はおよそ40%〜50%となっています。

(3) お客様の評価
当社らしいスポーティな外観と従来のSUVにはない爽快な走り、上下開閉式テールゲート、セカンドシートタンブル(折りたたみ)機構をはじめとした使い勝手の良い装備とロックフォードフォズゲート社と共同開発したプレミアムサウンドシステムのカーオーディオの域を越えた音質の高さ、車格、装備からみた全体的な割安感(特にG類別のプレミアムサウンドシステム標準装着をはじめとした充実装備、メーカーオプションHDDナビの割安価格設定など)

2. 受注内容

< 類別別 >
M 10%
G 90%
7人乗り 65%
5人乗り 35%

< ボディカラー別 >
クールシルバーメタリック 30%
ブラックマイカ 20%
ホワイトパール 15%
ミディアムパープリッシュグレーマイカ 15%

下取り車は自他銘柄問わずSUV、ミニバン、セダンと幅広い。
自銘柄では、パジェロ、エアトレック、グランディス、RVR、レグナムなどです。


との事でした。

嬉しい限りですね。
元々、技術力や開発力を持っている企業ですし、他の自動車メーカーには無い総合的企業グループを背景に持っているのですから、是非とも頑張って他社にない良いものを作って欲しいと思います。

報告メールのご案内でした。




posted by ホーリ at 16:54 | Comment(4) | TrackBack(3) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

私の趣味ですか?

北海道、やはり冷え込んで来ました。
今日一日、雨のち曇り、時々チョコット晴れでお天気も今一ですし・・・

で、また徹夜してしまった私、折角の日曜ですし、それと5日ほど前に車のディーラーさんが新型車の試乗会の案内を届けてくれていたのを思い出し「あっ!そうだ。試乗して来よっと!」と思い立ち、フィアンセ兼仕事仲間兼我が心の同志を誘うも簡単に却下。。。

実は彼女も別室で徹夜仕事してたんで「チョッと横になりたいから」と言う事だったんです。
出掛ける際に「先生、そろそろ散髪して来たら?」の一声に「あぁ〜、そうだね。そうするわ!」と散髪代(ディスカウント店でカットのみ)とタバコ代2000円を私自身が彼女の財布から貰って外出。

実は私、日頃お金は一切持ちません。
大抵はフィアンセと一緒に出掛けますから持つ必要も無いんです。
ですから一人で出掛ける時だけ必要な金額を「○○円持って行くよ。」と断って持って行く様にしているんです。


そして車で走る事40分。
隣の町の江別市にあるディーラーに到着。

そうそう私の趣味の話ですよね。
趣味はいっぱいあるんですが・・・

数ある趣味の一つ。


何を隠そう現在の私の趣味の一つが三菱自動車なんです。

   切っ掛けはぁ〜♪フジテレビッ!♪ではありません。

2年半ほど前に単身で急な出張の時に借りたレンタカーが三菱のコルトだったのです。

その時「おっ!やるじゃん三菱。いいじゃん!コルト!」と感心したんです。
だって燃費も1300ccで21k/ℓだったんだもの。

それから出張から帰って、即、フィアンセを無理やり引っ張り出して女性向けのコルト・ブルームエディションに試乗。

「へぇ〜。いい感じ!エンジンも静かだし、乗り心地もいいし、内装も女性好みに仕上がってて・・・」と一発で気に入った模様。

後日、内緒でディーラーと値段交渉。

何故なら、その時、たまたまお金あったし、コルトは彼女の誕生日プレゼントにしようと企んでいたもので。。。

で誕生日に納車して貰いました。

それ以来、三菱の例のリコール隠しが本格化して・・・

そこで私はガタガタになった三菱建て直しと新車開発へのアイデアなどを頻繁に三菱自動車本社のHPにメールで一方的に企画提案。

そうこうする内に採用になった企画もあったり、余りの奇想天外な提案に驚きつつも検討に入り、技術部長から質問が来たりで・・・

その後、今度は本社から広報部長が手土産持って北海道三菱の取締役と一緒に我が大邸宅に訪ねて来たり、と・・・

リコール問題で最悪の状態に陥った三菱。
当時自動車業界からすると倒産しても可笑しくないと他社から言われていた三菱。

アンチ・トヨタの私。(何となく一人勝ちしているのが気に食わないです。)

私が三菱に出した最初の提案が「社長殿。車業界に在って唯一のグループ企業の三菱。ここは三菱自工のプライドに囚われず、資本参加したクライスラーと手を切り、三菱グループの支援を仰ぐべし。何故なら三菱商事に始まり、銀行あり、金属あり、石油会社あり、繊維、化学製品など等、言わば揺りかごから墓場までの巨大コンツェルンではないか!それを活かさずして三菱自動車の明日は無い!」の叱咤激励だったのです。

その数日後、三菱から返信メールが返って来たんです。
「確かに仰る通りです。変なプライドを捨てて本気で検討させて頂きます。」ってね。

その3か月後に三菱グループから資本参加の受け入れが発表されたんです。

それ以来、本社の各部署とメールで色々とやり取りしてます。

そんなこんなでこの度の新車発表。

三菱らしい四駆SUVのアウトランダー。
価格も手ごろで、思ったよりいい出来、更に環境対策で四駆で☆四つは画期的だったので大変満足。

後、私が提案した幾つかのアイデアがどう活かされるかがとっても楽しみ。

リコール問題で、三菱自動車の会社システムも大きく改善されて、災い転じて福となす。が実現した模様。

何事も問題を乗り越えてこそ、新しい道が開かれるんだ。

私の一番の趣味は、やっぱ「問題解決」だな!
私自身の信条が「どんな問題や課題であっても解決しないものは無い!」ですから。(笑)

問題を解決する。これが一番ワクワクして楽しいもの・・・
だからコンサルタントは辞められないんだな!(笑)




posted by ホーリ at 00:33 | Comment(2) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2005年10月30日

運勢を掴め!

みなさん、こんばんわ!お元気でお過ごしでしょうか?

土曜の北海道、朝からシトシトと雨が降ったりやんだりの愚図ついたお天気。
その分、幾らか温かい1日でした。

この所の徹夜続き毎日で、どうも生まれたての赤ちゃんみたいに昼と夜が入れ替わってしまった見たい・・・。

困ったものです。ポリポリ!(苦笑い)

昨日の社会福祉法人施設の記事。
若い皆さんにとっては、まだまだズ〜ッと先のこと。と思ってるでしょ?

いやいや、すぐですよ!すぐ!
歳を取るのは早いですから・・・(笑)

人に頼ったり、お世話になったりするよりは自分のことは自分で。を考えると何事もボンヤリしてられませんからね!

ボーイスカウトでは在りませんが! 備えよ!常に! ですよ!


さて「運勢」って言葉がありますよね。
これは「運命の勢い」を意味します。
ですから本当なら「あなたの運命に勢いを付けるコツ」を身に付けなければ意味がありません。

あなたが有意義に、そして価値ある幸せな人生を歩んで行きたい!と望むのであれば見落としてはいけない大切な事が幾つかあります。

先ずは、「兎角、人は自分を通してしか物事を見ない。」と言う点です。

これはどんなに優秀で卓越した能力を持った人であっても、また私たちの様に普通人であっても一様に、ついついやってしまう意識の悪習慣です。

つまり日常の生活全般で、私たちは「自分が持ち合わせている目線や感覚、経験、知識などで物事を推し量ったり、捉えたり、考えたり、判断してしまうのです。」

更に、そうする事が当然である。または正しい事である。そして、そうすることが当たり前だ。思い込んでしまっている。のです。

これがそもそも間違いの始まりです。

「人としての正しい生き方・在り方・考え方」を基準に見ると、そうした意識は「間違った生き方・在り方・考え方」そのものなのです。

これでは、幾ら頑張って生きて来た!と言っても出て来る結果は知れたものです。

何故なら、今流に言うと「自己中的意識」となってしまい、決して「人間らしさに富んだ意識」とは言い難いからです。

では?
どの様にしたら「人間らしく正しい生き方・在り方・考え方」を身に付けられるのでしょうか?

それをここで書くともの凄く長くなってしまうので、以上のことを踏まえて・・・

その秘訣を、このブログの「A幸せDNA」をザァ〜とお読みになれば大体理解できるかと想います。

幸せを、もっと、更に身近に引き寄せる秘訣が・・・・

すると、人は自分を通してしか物事を見ない。

          から

人は大きく深い意識を通して物事を観る。に変えることが出来ます。

つまり「思う」から「想う」へと変えられます。

また「インプット人生」から「アウトプット人生」へと転換できるのです。

一度しか無い大切な人生です。

どうせなら、ホップ! ステップ! ジャ〜ンプ!!であなたの人生のステージアップに挑戦して見ましょうよ!

やれば出来る!何事も!ですね。

運勢を上昇させる法則は、意外と簡単なものです。

宗教家や占い師や霊能者などに頼らずとも「自分の事は自分で」の意味を正しく理解して、自分自身に真正面から取組むことが大切なのです。




posted by ホーリ at 01:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 新 幸せDNA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2005年10月29日

新しい風

みなさん、こんばんわ!

今日の夕方、このブログのプロフィール欄に書かれている「社会福祉法人パートナー」の施設で評議委員会が開催され出席して来ました。

この社会福祉法人が設立されて2年目ですが、今日の会議は10月にオープンしたたばかりの「ハートの家三番館」で開催されたんです。

ほぼ全員の理事、そして評議委員が集まり監査報告や今後の予定を話し合いました。

実は私たちの社会福祉法人は、国の補助金や助成金に一切頼らず完全民営化で運営しているのです。

ですから資金作りから建設計画、運営計画などすべて自分たちでまかない行っているんです。

その甲斐あって、恐らく日本国内で一番安くて明るい雰囲気の中、入所者の方々に第二の人生を満喫して頂ける施設に育ちました。。

その規模は31名の収容数で、それほど大きくはありませんが、逆に行き届いたケアサービスが自慢です。

グループ・ホームと介護付有料老人ホームを併設した施設で介護度によりますが月額112.767円〜126.982円まででまかなえます。

この金額は管理費・食費・介護保険負担を含めた金額ですから、生活保護を受けられている高齢者の方でも十分にご利用が可能なのです。

当然、すべて個室ですしウォシュレット付のトイレも各室に完備しています。

毎日の食事も大手ホテルのシェフが腕を振るって丹精込めて作った料理ですから、下手なレストランで頂くよりも絶対に美味しいです。

実はこの施設はA理事長と色々と相談し合い、特に低額所得の高齢者に十分な福祉を提供すると共に、これまでの人生の意義とこれからの人生を楽しんで頂ける環境づくりを目指して進めて参りました。

その甲斐あってかオープンと同時に満室になってしまいます。

今までの一番館、二番館共にオープンと同時に満室でした。

これも私たち独自のアイデアとシステムによって可能となった自慢の福祉施設なのです。

そして来年から、いよいよ本州に進出する予定です。

出来れば各都道府県や中核都市に広げて行きたいと考えています。

特に沖縄にも!

そうすることで利用者が好きな時に、好きな季節を選んで、行ってみたい施設を利用できる様になるのです。

例えば冬の北海道は寒いから沖縄に行きたい。
夏の京都は蒸し暑いから北海道へ。
温泉も入りたいから東北へ・・・。

と言った具合です。

これなら私自身が入所したいわ!(笑)

でもホントにそう思っています。
兎に角、こう言う施設は運営している自分たちでも入りたい。と思えるものでなくては駄目ですもんね。

今日は、高齢者福祉界の新しい風となった私たちの社会福祉法人のお話でした。

ご希望の方はお早めに!(かなり早過ぎるよね。(笑))




posted by ホーリ at 00:05 | Comment(6) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2005年10月28日

ついに最終章に着手!

みなさん、こんばんわ!

肩凝りで頭がズキズキしている今日この頃です。(いゃ〜参った!)

さてさて本日、お昼過ぎにメールチェックしたところ何とリンクのMeditationのnaokickくんからホントに久し振りにメールを頂きました。
きっとキロロでのバイトがお休みだったんでしょうね。

そして突然知らされました。

『先ほど小説「沈黙の黎明 第8章 破邪顕生 第二部」をUPしました。』と・・・・

ですから、みなさん!この記事を読み終えたら速攻で沈黙の黎明バナーをクリックして飛んでって下さい。(爆)


さてさて、話の続きです。

この行き成りのメールの内容に・・・

「あん?」
メールによる、あまりの突然のお言葉にびっくりしました。

それだけでは在りません。

『さて、今回メールをしたのは小説についてです。
ついに小説の原稿をほとんど使い切り、次のUPで足りないくらいになってきました(笑)

というわけで、お忙しい中とは思いますが、

今現在で出来上がっている原稿を送っていただきたくメールしました。

ワードの方の原稿で1〜8まではこちらにあるのですが、それ以降は手元にないのでよろしくお願いします。

先ほど8章の第二部をUPいたしました。

次回UPはきっとクローズ(11月6日〜)くらいになると想うので、ちょうどいいとは想うんですけどね(笑)

先生の出張の都合が少しずれこんでいらっしゃるようでどうなることか分かりませんが

もし予定があえば、小説や○○先生のHPについてなども打ち合わせできることかと思います。

とりあえず、クローズ初日あたりはユッコさんの家にでも突撃しようかと想っていますが

ホーリ先生の予定が固まり次第教えてくださいな♪

多分、もうクローズまでは連休はないと想われますのでよろしくお願いします。

ブログを見た感じではフィアンセさんと朝方まで色々と試行錯誤されているようで大変かと存じます。

どうかお体にはお気をつけて。。。

ではでは今日はこのくらいで失礼します。

小説の反応が凄く楽しみです。

ではでは!!!

                 naokickこと○○○○より』

と言うものだったのです。

これには流石の私も焦りました。

何せ、あれですよ。あれ!

つまり「沈黙の黎明」の第8章までは色々と手直しをしてnaokikcくんに送信していたんですが・・・

その直後から、このブログが始まり、更にこのブログの家主さん「笑いま」でのしげえ隊長を主人公にした新小説「新世紀の黎明」の執筆が始まり・・・

新世紀の黎明はすべて書き上げたものの、まあ!当分はまだ大丈夫だろう!とタカをくくっていたんですが・・・

行き成り「沈黙の黎明の続編原稿」の催促。

いや、解かってたんですよ。私だって!(笑)

でもね・・・・。

文章、書くって、ほら!何ですよ!
ノリって有るじゃないですか。ノリってのがぁ!

だからと言って催促を受けたんですから、そのままって訳にも行かず!

意を決して原稿ファイルを開きましたよ!

それなのに、どれなのか、何処に仕舞ったのか憶えてねぇの。(苦笑&汗)

それから必死で探した!捜した!

そうこうする内にやっと見つけましたよ。有りましたよ。チャ〜ンと(ホッ!)

それからファイルを三つほど開いて、大方書き上げていた続編を読み直しましたよ。

その後数時間。
原稿に手を加えたり削ったりの悪戦苦闘。

で、やっとほぼ完成。

頭を冷やして、頭痛を治して、また明日か明後日までにの最終章を完璧に仕上げてやろうと決意を固めております。(笑)

最後の章ですから、みなさんがギョエ〜!と驚くような展開と結末にする積りです。

大いに、乞うご期待下さいね。

新世紀の黎明続編UPのお知らせ方々本日の「おっちゃんの事件簿」でした。(爆爆)




posted by ホーリ at 00:51 | Comment(2) | TrackBack(0) | みなさん、ニュースです。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2005年10月27日

ありがたいなぁ〜

みなさん、こんばんわ?それともおはよう?(笑)

更新時間が早朝時間だけに迷いますわ。(爆)
それはそうと昨日のアクセス履歴を覗くと!

何とまァ〜599名の方々がお越し下さっているではあ〜りませんか!
これは本当に「ありがたいなぁ〜!」です。

先ずは心より御礼申し上げます。(合掌)

そして、ここ数日間、あれほど「コメント少なしブログ」だったのに心温まるコメントの数々。

これも第二の「ありがたいなぁ〜」です。


さて、久し振りに熱めのお風呂に我慢して肩まで浸かり込み、汗をシッカリ掻いて!

また、例の如くやってしまいました!
パンツ一丁で外気で涼むヤツを!(爆)

今朝はそれほど寒くなく、中々汗が引きません。

タオルで時々汗を拭きながら、家の前の土手の真ん中で肩幅大に足を広げて大地に立ち、両手を腰に当てて空を見上げる。

北海道の片田舎だから出来ること。
街中の良い子の皆さんは決して真似をしない様に!
でないと、万が一人に見られたら大変な事になりますから!(笑)

しかし、下弦の細い三日月が東に傾き、南の空にはオリオン座、北のそらには北斗七星がドッカリと居座り、満点の星空の綺麗なこと・・・。

余計なものを身にまとわず自然体で見上げる星空は最高に美しいものです。

特に裸だと何だか、とっても開放的になり色々と想いが湧き上がって来ます。

何百年、何千年と人々の心を魅了してきた星々。

いにしえの人たちは昼は雲の動きを読み、風の質と吹き方で明日を知り、夜は星空を見上げて大海を進み。

物思いにふけったり、愛を語り合ったり、歌を詠み、天空に思いを馳せたり、祈りを込めたり・・・。

それこと星の数ほどの人々が何千年もそうやって来たのです。

在るがままに雄大な星空を見上げて、自分も大自然の一員なんだなぁ〜。と想えるひと時。

この広大無辺の大宇宙に在って、あなたも私も生きていると言う事実をシッカリと受け止めれば、私たちの存在そのものが奇跡の様な出会いによってこうして生まれる事が出来た。

素晴らしい事ではないですか!
幸せな事ではないですか!

現に私たちは、この地球と言う大地にこうして生きている。

人が生きる。生きて行くと言うこと事態、それは奇跡の連続の様なもの。

だってそうでしょ?
私たちは特別に何もしなくても、心臓は休みなく動き、肝臓も腎臓も五臓六腑は絶え間なく働いてくれ、その働きに対する請求も無く、本人がいかに自分勝手に自由気ままに自分本位に生きていようが文句一つも言わず、ただ黙々と役目を果たしてくれている。

ただ、それだけに自分を本当の意味で大切にしない人には様々な不調を通じて生き方への修正信号を送って来ます。

つまり体の健康は、心の健康なんですね。

私たちは、ついつい健康である事を忘れがちです。
病気にならないと解からないほど愚かな面も持ち合わせています。

何事も、いや、何事も全部が「ありがたいなぁ〜!」ただそれだけなのです。

こうして星空を裸で見上げられる。
これも「ありがたいなぁ〜!」なのです。

ご飯も美味しく頂ける。
オシッコもウンコもチャンと出る。
五体満足で生きていられる。

やっぱり「ありがたいなぁ〜」です。

友もいる。
仲間がいる。
愛する人がいる。

これこそ「ありがたいなぁ〜!」なのです。
心の底から声を出して「ありがたいなぁ〜!」と言ってご覧なさい。

それだけで「本物の幸せ」が込み上げて来ますから!

お洒落なパンツいっちょで、そんな事を想っていたおっちゃんでした。(苦笑)




posted by ホーリ at 04:53 | Comment(4) | TrackBack(0) | 新 幸せDNA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2005年10月26日

大自然からの学び。

みなさん、こんばんわ!

今日は、今朝から寒冷前線南下の為に冷たい北風が吹き荒れ、気温も一気に下がって来ました。

明日は最低気温が3℃だそうです。
霜も降りるらしいです。

外に出ると紅葉で色づいた枯葉が冷たい突風に飛ばされれて道路一面を覆っています。

この冷え込みと北風で紅葉もこれで終わりですねぇ。。。。

時々窓から外を眺めると白い雪もチラついています。
札幌では雪は降らなかったそうですが、私が住んでいる辺りでは、遂に初雪となりましたね。

これから本格的な冬の到来です。

ところが・・・・・

ご存知の様に灯油が高騰。
ですから我が家では今年は出来るだけストーブを点けず、厚着で凌いで見ようと言う事になりました。

でも○○○ビズ程度では何の役にも立ちません。

北海道では真冬にストーブを点けないでいると、ヤカンのお湯も朝までには凍ってしまいます。
特に注意しないとならないのは水洗トイレの水です。

水道も蛇口の根元に水抜き用のネジが付いています。
冬季の出張の場合には、当然ストーブは消えている訳ですから台所・風呂場・洗面台・トイレ、そして湯沸し用のボイラーなどの水抜きをしてから出かけます。

11月の中ごろから根雪となり、12月はマイナス5℃程度、1月はマイナス8℃前後、2月はマイナス10℃から冷え込むとマイナス15℃を超える日も有ります。

それから4月の末から5月の連休まで根雪が残ります。

おおよそ半年間は雪の中での生活なんですね。

昨年から今年の冬には特に雪が多くて降雪量も6.5mを超えました。
ですから除雪車も日に2回も除雪作業をすることもありましたね。

当然、玄関周りや駐車場の雪かきは欠かせません。
マメにやってないと車も出せませんし、玄関もチャンと綺麗に雪かきしていないと新聞配達の方や郵便配達の方が玄関先の階段で滑る恐れもありますしね。

私たちが北海道に初めて移住したときは旭川市よりも北の地域だったので冬には何かと勉強さされました。

と言うよりも驚きの連続でした。
朝、起きると玄関ドアが凍り付いて開かなくなったり、一晩で1m以上の積雪で出掛けようにも除雪車が間に合わず出掛けられなかったり、瞬きすら凍りつくマイナス20℃と言う温度には、もう笑うしかなかったり。(笑)

この温度になると外に出ると鼻の穴までパキパキと凍るほどです。

でも降ってくる雪は皆さんの知っている雪と違い、まるで薄いガラス細工のようで雪印のマークのまんまキラキラと輝きながら降って来るのです。
こう言う日は、辺りの樹木も樹氷状態で、太陽の光が差すとキラキラと眩しくてとても裸眼では目を開けていられません。

寒い冬も中々いいものです。
今年もドカ雪になりそうな感じがしています。
今年はどんな笑える事件が起こる事やら・・・・・

北海道の冬には、毎年、色んな経験をさせて貰っている私たちです。




posted by ホーリ at 04:26 | Comment(8) | TrackBack(0) | 私が思うに・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2005年10月25日

人生上昇法の秘訣

みなさん、こんばんわ!

今夜、粉雪がホンの少しですがチラチラと降りました。
天気予報だと寒冷前線が南下しており、朝方には雪が降ると言ってます。

すると・・・・・

数日前に書いた「雪虫」の記事。
大当たりですよね。
しかし不思議です。
あの5ミリにも満たない小さなの雪虫が、何故、雪が降る事を予知出来るのかが!

ホント、不思議です。みなさん、そう思いません?

さて、私の寿命、一応後1年と数ヶ月の予定です。

ドキッ!とされた方。御免なさいね。
いえね、自分で決めている寿命。
つまり「自分の命日」までと言うことなんですよ。

私は自分で大体3年後のある日を選んで、自分の命日を定めているんです。

こうする事で日々の生活や仕事に、ある程度の目標をその日にちに合わせて計画する訳です。
ですからのんびりしている様で、自分では結構焦っているんですよね。

しかし、こうする事で諸事の計画や進み具合に張りが出てきます。

大体、性格的にズボラで横着者、その上、遊び好きと来ていますから、自分で自分をズボラに成らないように、横着出来ない様に、遊べない様に仕向けているんです。

これが意外に効果てき面で、自分で言うのも何なんですが、結構真面目なおじさんをやってます。

私にとって今年は準備の年。
来年中には、一つ一つをものにして全国制覇を果たす積りです。

これが達成したら、その収益で隣の土地を買います。
買えたら、考案したWHOモデル事業の防災型健康環境住宅(25万円/坪で35坪程度)を建てます。
そこをNPOの事務所兼研究所にします。
この住宅はWHOの住環境基準のデーターを色々と取る積りなんですよ。

それと特注のキャンピングカーを注文します。
ゆうに大人が6人は寝られる就寝スペース。
水洗トイレは当然で、シンクにガスコンロ、電子レンジも付けます。
それとBS、CSに大型の液晶テレビは必需品ですね。
何せ長距離走行の上、1年近く生活するんですから。(笑)
これで「思い出旅記符」の普及で全国を旅します。

遊びではありません。仕事ですよ。仕事!(笑)
当然、新妻と一緒に回ります。(ウフフフッ)

こうやって事業をほぼ完全に確立させる訳です。

後は適時、若い人たちに声を掛けて引継ぎをする積りです。

私たちは年金程度の収入さえあれば、それでいいんですからね。

予定通りに行けば、2年後には年間数千万の利益になります。
その利益で考案中の波動発電機と連動した海水の淡水化装置を開発したいんです。

これで安全な飲料水の制水が出来れば中東や南米、アジア諸国も助かる筈ですからね。

こうやって色々とやりたい事を出来る出来ないは関係なくチャレンジして行く訳です。

住宅も旅記符もその資金作り見たいなものなんです。
こう言う考え方でアレコレ考えていると、やれそうな事が一杯出て来るんです。

人生って楽しいわぁ〜(笑)




posted by ホーリ at 04:19 | Comment(10) | TrackBack(0) | 新 幸せDNA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2005年10月24日

幸か不幸か・・・

どうも!みなさん!こんばんわぁ〜。。。
2日ばかりブログをお休みしてしまいましたね。

ど〜も済みません!

この2日間、私が考案した特許数件の見直しと色々と手を加えたりと・・・それについでに雑用も片付けたりしまして・・・。(汗)
別にズル休みしていた訳じゃないんですが!
まぁ、単なる言い訳ですかねぇ〜(苦笑)

でも幸か不幸か、記事がそのままでしたから、そのお陰で記事をお読みになった方々が小説「沈黙の黎明」へのご訪問が何時もよりう〜んと多いわ!(ウフッ。。。)

初めてお越し下さった「ゆずさん」がゲストブックに嬉しいコメントを残してくれましたし。
丁戴したご質問にもチャ〜ンとお答えさせて頂きましたとも。

あっ!それと2日間更新していなかったにも関わらずお越し下さった方々、この後あしあとを辿って必ずお伺い致しますからね。

それと話しはガラッと変わりますが、雪虫、連日飛びまわっています。
こんな事、北海道でも珍しいことなんですよ。
それと札幌の山すそに近い西区と言うところで、連日の様に熊が出没しています。

朝晩の子供たちの通学も町内上げて警戒を深めています。

しかし自然の環境は熊たちにとっても段々厳しくなっているんでしょうね。

北海道のテレビで熊に出会った時の注意を言ってましたけど・・・

「熊の目を見ながら、騒がず熊を驚かせない様に静かに話し掛けつつ、ゆっくりと後ろに後ずさりしながら距離を開けること。」だそうです。

そんなこと・・・

本当にあのデッカイ熊に出会ったら・・・

          出来ますぅ?(汗)

熊って走ると時速50kmと云われてます。
それに泳ぎは達者ですし、木登りも得意中の得意。

だから、如何あがいても人間の逃走能力では太刀打ちできないんですよ。

やはり目を見ながら、静かに話し掛けながら、ゆっくり後ろに後ずさりするしか無いんですかねぇ〜。




posted by ホーリ at 17:58 | Comment(2) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2005年10月22日

奥義・秘儀の結集

みなさん、こんばんわ!

日増しに冷え込み始めましたが、お元気でお過ごしでしょうか?

先日、このブログでご紹介させて頂きました「Meditation」で公開されている小説「沈黙の黎明 第8章 破邪顕生 第1部」へのご感想が多くの皆さんからメールにて寄せられています。

小説をUPして以来、こんな事は初めてです。
昨日の更新で起こし下さった方々も、なっ!何と557名ものご訪問者数でした。

驚きです!(感動!!!)

太安万侶と稗田阿礼の2人が、何の為に、誰の為に、一体どの様な想いで古事記をしたためたのかと言う遥か昔の太古ロマンを書き上げたものです。

古事記や歴史の好きな方や太古の謎に興味のある方にとっては、凄くインパクトがあったみたいでお褒めや絶賛の言葉を沢山頂きました。

この場をお借りして心から御礼申し上げます。

今回UPされたストーリーは特に力を入れて書いたものだけに大変嬉しく思います。

それぞれの方にはメールにてご返事させて頂きましたが、携帯で何時もご訪問下さっている方から閲覧出来ないとの事でしたので、下記にアドレスを表記して置きますので是非ご訪問下さい。
            ↓
http://www.h3.dion.ne.jp/~naokick/SILENT/top.html

また、まだお読みで無い方は右の青色のバナー(沈黙の黎明と書いています)をクリック下されば簡単に飛べます・・・・。

そして数人の方がご指摘されました通り、実はこの小説は我が大神(おおみわ)一族に代々伝承されて来た古代の叡智や文化、故事来歴、そして我が一族だけに継承されて来ている奥義・秘儀の数々が書き記されています。

ある方のメールに「この小説はホーリさんの一族に伝えられている奥義・秘儀の結集みたいなものですね。」のお言葉通りかと存じます。

ですからこのブログのそれぞれのテーマ別のカテゴリーのすべてが当てはまるわけです。

どうぞ、是非一度ご訪問下さい。
そしてご感想も「ゲストブック」がトップ画面の下に在りますのでご遠慮なくコメント頂ければ幸いです。
どうぞよろしくお願い申し上げます。




posted by ホーリ at 02:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2005年10月21日

お知らせが遅くなりました。

みなさん!こんばんわ!

つい先ほど、リンクのMeditationを覗いてみて、びっくりしました。

何時の間にか小説「沈黙の黎明 第八章 破邪顕生 〜第一部〜」が更新されておりました。

この章は、言わば私が一番力を込めて書き上げた章です。

是非!是非ともご拝読頂きたいと存じます。

太安万侶と稗田阿礼の2人の秘められた物語。
古代の1コマを感じ取って頂ければ幸いです。

どうぞ、よろしくお願い致します。




posted by ホーリ at 03:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | みなさん、ニュースです。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2005年10月20日

雪虫ってご存知ですか?

みなさん!こんにちわ!

北海道は、紅葉が見ごろ!だそうです。。。
この所、何だかバタバタしてて、あの燃えるような紅葉が見れてないんですが・・・

そんな折、チョッと買い物に!と思って家の外に出てみると・・・・・

何と沢山の「雪虫」が飛んでいたんです!(これユキムシと読むんです。)

綿虫(ワタムシ)とも言うそうです。

北海道に移住して、翌年初めて見ました。

飛んでいる姿は、まるで綿のようにフワフワと頼りげなく飛んでいます。
見ていると、とっても愛らしいんですよ。

その姿を見ていると何だか「ほのぼの」して来ます。
これも北海道ならではの風物詩の一つでしょうね。

ですが、ネットで「雪虫」で検索してみると・・・
チョッと夢が壊れてしまいました。(笑)

でもね、この雪虫が飛ぶと1週間のち辺りに初雪を迎えると言われているんです。

この雪虫にご興味が御座いましたら「雪虫」で検索して見て下さい。
少しガッカリされるかも知れませんが!




posted by ホーリ at 15:42 | Comment(6) | TrackBack(0) | みなさん、ニュースです。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2005年10月19日

ウフフッ!チョッと聞いてよ

どうも!こんばんわ!

昨晩の郵政民営化法案の記事はいかかでした?
ジックリと読んで頂けると小泉氏と現自民党幹部たちの売国行為が良〜く見えて来ますね。
私はこれの記事を読んで猛烈に腹が立って来ましたよ。ホントに!

さて昨晩は、我が麗しのフィアンセ妃は徹夜で、私は朝方まで例の特許申請製品の「思い出旅記符」のサンプル案としおりの作り込みに奮闘しておりました。

そして先週末にアポイントを取っていた札幌の印刷メーカーに出向き、プレゼンを兼ねての打ち合わせ。

その場で先方の社長から「いゃ〜!これは凄いアイデアですね!たった一枚のカードにこれ程のアイデアや嗜好を盛り込む事が出来るなんて・・・。とても常人では思い付かないことですよね。私たちプロの目から見ても感心するばかりですよ。兎に角素晴らしいです。それに身障者の授産事業にも参加を!と言うお考えも頭が下がる思いです。私たちも商売抜きで是非協力させて頂きますから!」

とのありがた〜いお言葉!

褒められると何処までも昇ってしまう単純なワタクシ。

思わず「ニッコリ!」

こころは「昇天!」

やる気・元気が俄然湧いてきましたよん!(爆)

私たちが提案しているデザインを含め、色々と校正に手を加えて貰って製品サンプルが完成するのが来週末。

それまでに私たちは「しおり」などを更に作り込みです。

さぁ、これからも全国制覇目指して、ガンガンやったるぞぉぉぉぉ〜!(爆爆)




posted by ホーリ at 18:37 | Comment(2) | TrackBack(0) | みなさん、ニュースです。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2005年10月18日

今夜の記事は必読です!

みなさん!こんばんわ!

今夜は何時もの私の拙いお話ではなく、愛と喜びと幸せづくりの達人たちでご紹介させて頂いている「Logic Board ―どう考えるのが正しいか」の管理人liger_one さんの記事をご紹介させて頂きたいと思います。

と、申しますのも以前にもこのブログで触れましたが造反議員と呼ばれている岡山3区から出馬している平沼赳夫衆議(元運輸大臣・前経済産業大臣)は、私の姻戚関係に当たると言うこともありますし・・・。

しかも郵政事業の民営化は、私自身も非常に懐疑的に見ており、郵政事業そのものを米国政府との密約の元に小泉氏は米国企業に売り渡そうとしている旨を記事にしたこともありますしね。

そんな折、先日liger_oneさんの記事を拝読し、「これはとても重要なこと。是非みなさんにご紹介させて頂きたい」とのお願いに快く快諾下さり、本日ここにご紹介させて頂こうと存じます。

どうか最後までご熟読頂き、小泉氏以下、自民党全議員の節操の無さと政治理念の崩壊、そして国民無視の政策をシッカリと受け止めて頂きたいと考えます。

自民の全議員は、以下に述べられている郵政民営化の企みを十分承知の上で賛成したのだと言うことを付け加えさせて頂きます。


  郵政民営化と小泉改革の謎

先日11日、200票差という大差で衆議院を通過した郵政民営化法案が、今日の午後にも可決される見通しという(毎日新聞「郵政法案 14日午後の参院本会議で可決、成立へ」)。ほんの3か月前(7/5)には同じ衆議院でわずか5票差で可決された法案が40倍もの大差で通過したという事実は、異様としか言いようがない。

ここまでして成立させようとした「郵政民営化」とは一体何だったのか? ブログ「世に倦む日々」の記事では、衆院選におけるライブドア社長「堀江貴文の行動が郵政民営化の本質を世間に暴露していると言えるはずだ」としてこう続ける。

  *********************************
郵政民営化とは郵政公社を分割して、その株式を民間企業に売却することである。350兆円の金融資産は政府ではなく誰かの手中に入る。兆単位の郵政公社株を買うカネを動かせるのは外資だけだ。公社株売却にあたっては、何社にも分割して売却するだろう。簡保と郵貯の二分割ではなく、郵貯の230兆円が何社にも分割されるに違いない。私の予測では、懼く新規に受け皿会社を何社か作るはずだ。

受け皿会社はハゲタカの姿が前面に出ると国民感情を害するから、表面はあくまで日本企業の体裁を整えるに違いない。ゴールドマンサックス、モルガンスタンレー、メリルリンチ、リップルウッド、サーベラス、プルデンシャル、HSBC、UBSウォーバーグ、これら国際金融メジャーの中の数社が東京三菱銀行やみずほHDや三井住友銀行や野村証券や日本生命と提携して新規に受け皿会社を作るものと予想される。どのような組み合わせになるかは見えないが、匙を加減できるのはブッシュ政権と小泉政権の中枢だろう。その中に堀江貴文のライブドアも入れてもらうのである。(強調は引用者)
   ********************************

有体に言えば、「郵政公社の金融資産350兆円を米国資本に喜んで差し出せるようにしましょう、協力すれば仲間にして差し上げますよ」というのが郵政民営化だというのである。売国行為というのはこういうことを指すのではないのか? 資本家以外で小泉自民党に賛成した国民は、すでに800兆円を越すであろう日本の借金のおよそ半分近くを、アメリカに差し出すのに加担したことになる。
これがどあほう(==)でなくて何なのか。

ここで一言しておくが、「小泉改革」といわれる一連の「改革」は、日本人のための改革などでは断じてない。徹頭徹尾「アメリカのための改革」である。郵政民営化もその一つにすぎない。嘘だと思われる方は、ぜひ在日・米国大使館が公開している文書「日米規制改革および競争政策イニシアティブに基づく日本政府への米国政府の年次改革要望書」(仮訳)を読まれるが良い。マスコミではほとんど取り上げられないというこの文書だが、今の日本政府にとって、これを無視した「改革」なぞまずありえないことであろう。

                                 Posted by liger_one at 13:28

と言うものです。
誠に的確且つ重要な情報ですよね。

因みにブログアドレスはhttp://blogs.dion.ne.jp/liger_one/ です。
是非、皆さまのご訪問をお薦め致します。
また、皆さんのブログ仲間にもお伝え下されば幸いです。




posted by ホーリ at 21:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一言いわせて!時事ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2005年10月17日

思わぬ所で思わぬことが

どうも!みなさん、こんばんわ!
お元気でお過ごしのことと存じます。

さて、先日お話した旅行に関する特許の件以外で、まだ手をつけないでいた更なる別の特許2件。

空のペットボトルを再利用した「女性為の簡易トイレ」、結構お洒落で素敵なデザインです。
それと「緊急災害時用の背負い型ラック」、これもトイレになります。
の製作についてメーカーと打ち合わせしたんですけれど・・・・・

いゃ〜!参ったわ!

背負い型のラックは形も大きいので金型代に500万円ほど掛かるんですが、それはいいとしても・・・。

思わぬ所で思わぬ問題が持ち上がりました。

聞けば「そりゃそうだよなぁ〜」と納得なんですがね。


つまり製作しようとする製品は、いずれもプラスチック系の代物。
だもんで「原油の高騰」で原材料が煽りを受けて、今のところ価格が出せない!とのこと。

それにまだあるんです。
どうも投資家たちが、この原油の高騰に目をつけて大儲けを企んでいるらしく、どうやらその投資家たちが原材料を買占めしているらしいんですよ!

だから余計に値が上がっているそうです。

要するに石油製品系統は、高級なお寿司でお好みで握って貰う時の「時価相場」と同じことになっているんですわ。

こいつは参りました。
お手上げです。(汗)

折角のアイデアが思わぬ所で暗礁に乗り上げてしまいました。

聞けば、何時原油の高騰が収まるか解からない。来年、もっと値上がりするかも!・・・とのこと。

こいつは、今後更に色々な分野で悪影響が出てきそうな気配です。

現在の我々の社会生活に石油は切っても切れない関係になっている訳ですからね。

食材の運送や輸送、バケツから衣類まで身の回りの物で化学製品以外のものを探すのが大変な時代です。

以前もこのブログで「原油の高騰でちくわが短くなった。」ことを取り上げましたが・・・

至上最高の借金大国日本。
資源も食料自給率も無いに等しい国、日本。
そこに誕生してしまった非民主主義政府、小泉自民党。

明るいニュースなど何一つ無く、明るい兆しも程遠い昨今、膨大な国の借金を背負わされたまま、登り切ってもいないのに、下り坂に押しやられている国民たちは何〜んも考えていないし・・・・・。

一体、どうなるんでしょうねぇ〜。国民の生活は!

そんな事を考えつつ、この冬をどの様に静かに過ごそうかと思案している晩秋の夜でした。

(何か暗いお話で済みません・・・でも現実なんですよ。)




posted by ホーリ at 23:42 | Comment(2) | TrackBack(0) | 私が思うに・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2005年10月16日

全国制覇を夢に見て・・・

どうも、みなさん!こんにちわ!
今日の北海道は最高に良いお天気です!
みなさんの所はいかがですか?

さて昨日に引き続き、今日も一日特許申請中である「旅の思い出となる記念の品」の製作に奮闘中です。

今日中に何とかほぼ完成させたいと願いつつ・・・

その甲斐あってようやく最終段階?かな?(笑)

私が考えられる事項は、殆ど書き上げましたが・・・

これで麗しのフィアンセのOKが貰えるか如何かが問題です!(ドキドキ(笑))

今夜の夜まで熟考に熟考を重ねて、可能な限りの仕上げでジャッジを受けたいと思います。
何せ麗しのフィアンセの卓越した美的センスと校正力は、私の能力を遥かに上回っており、この点は完全に主導者的立場に君臨しております。

それに、この企画自体、出張で長旅を強いられる私が「こんなのが有ったらいいのになぁ〜」思い付いたのが切っ掛け。

別にこの企画でお金を稼ぎたいと思っている訳でも無く、寧ろ色々な業界や多くの人たちの参加のもとに全国展開したいなぁ〜。との願いもあって・・・

ですから福祉施設の方々にも授産事業として簡単な作業を通じて参加をお願いしようと思っているんです。

それと観光地の振興に役立ったり、旅行する人たちの楽しみを倍増する企画も盛り込んだりと・・・

結構、これで大変なんです。
今のところは家内工業ですから!(笑)

さあ、後ひと踏ん張りです。
全国制覇を夢見て、頑張るぞぉぉぉ!




posted by ホーリ at 16:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2005年10月15日

ドヒャ〜!目覚めて見れば・・・

みなさん、こんばんわ!(苦笑)

つい先ほど起床しました。(汗・・・)
昨日、やり掛けの仕事を完成させようと・・・
何となく乗りに乗ってたもので、時間も忘れて企画に添って文章を作成し、校正も踏まえて細部に渡ってのつくり込み。
気が付いたら今朝の9時半!!

慌てて寝ましたわ!

実は私が考案したカードの仕上げに取り掛かっていたんです。

当然、特許申請も済ませていますから、必要と思われる文章と校正、アイデアをふんだんに盛り込んで後はデザイン(これは麗しのフィアンセが担当)にまで迫っています。

来週にはこれを製品化する為に印刷屋さんと打ち合わせの予定。
ほぼ完全なサンプルを数種類作って置かなければなりません。

原価計算から諸費用、卸価格など等の実質計算書も作らなけりゃならないしね。

こう話すと「何のことやらサッパリ解かんない!」と思われていることでしょうね。

でももう少し待って下さいね。
何せ特許申請中のものだけに、製品化して全国各地の名所旧跡や温泉、旅館などに発送したら、いの一番にご報告しますから。写真付きで!(笑)

何せ旅館だけでも全国に1万3千軒、地方自治体が管理運営している名所旧跡は2千5百件、温泉風呂が5千軒。

あまりにも多すぎます。
何せ1軒1軒がすべてオリジナル・デザインで製作しなければならない為に、一度に製品化するにも大変なんです。(大汗)
ですから一度にすべてを網羅するのは現実的に無理と言うもの。

でも色々と想定し、色んな角度で考えて知恵を搾り出しています。
何せ夢のある仕事なものなんでね。

何時の間にか姿を消してしまった観光地のペナント。
あれに変わる、そこにしか無いオリジナルで綺麗なな、旅の思い出と記念となるもの。
そして多機能な仕様も・・・
1枚1枚通し番号が打たれており、この世に一枚しかない記念品。
何よりも集めれば、集めるほどお楽しみも増す記念品。
それに大手の損保会社も参画して下さいましたから、安価で保障の大きな旅保険付き。
これで旅先での万が一にも安心です。

出張の多い私たちが思い付いた発明品です。
構想から今日まで約1年半の熟成期間です。
もう少ししたら、みなさんだけに先行お披露目しますからね。(笑)




posted by ホーリ at 17:12 | Comment(2) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2005年10月14日

時の過ぎゆくままに・・・

みなさん!お早う御座います。現在、朝の4:30過ぎ?(笑)

最近、企画書の草案づくりで夜とう虫になってしまったワタシです。
もう2時や3時には寝られません。
完全に夜の男と化してしまっています。

それはそうと昨日UPされた小説「沈黙の黎明」はいかがでした?
後半は18禁的な部分もありましたが・・・
今後の続編は、多分みなさんが「ホォォォ〜、そうだったのかぁ〜!」と唸るような展開になって行きますよ。
是非、お楽しみに!

さてさて先月の末に出張から帰省し、本州との温度差に体が付いて行けず、疲れもあったのか風邪を引き込んでしまい約10日ほどガタガタ。
治ったかなぁ〜と思ったら今度は腸に来た。
一週間ほどピ〜ピ〜続きでヘロヘロ。
そんなこんなの状態の時に愛機のPCが不調和。
仕方無しにメーカーに修理発送。
やっと昨日治ってきました。

何となく今年の悪運を使い果たした気がします。
後は年末までホップ・ステッフ・ジャンプだぁぁぁ!と言い聞かせている今日この頃です。(笑)

そうこうしている間に、時はドンドン過ぎて行き北海道では秋はもうそろそろ終わりの気配。
そうなるといよいよ冬に突入の気配です。

何もかもが雪に埋もれて真っ白な世界。
これがまたいいんです。
何の穢れも無く、ただ唯真っ白な世界。
聴こえて来るのは冷たい北風の吹きすさぶ音と時折木の枝に積もった雪が落ちる音。

世の中の喧騒など寄り付けないほどの神々しくも厳しい世界です。
創造してみて下さい。地の果てまで真っ白に広がる白銀の世界を!
晴れた日などは、太陽の光を受けて雪に散りばめられたスパンコールの様な雪の結晶が七色の光にキラキラと輝く様を!
オホーツク海では、水平線の彼方まで流氷で覆われ、朝焼けに真っ赤に煌く幻想的な世界を!

北海道を旅するなら、本当は冬が絶対お奨めです。
何とも美しい北の大地を是非ご堪能頂きたいと思います。

早く来い来い!白い冬。




posted by ホーリ at 04:28 | Comment(2) | TrackBack(0) | 私が思うに・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2005年10月13日

皆さん!お待たせしました。

どうも、こんにちわ!

先ほど「おっ!ヒョットして仕事休みかぁ〜?」と思ってしまいました。

何故なら当ブログリンクのMeditationの管理人naokickさんから11日の記事へ誕生日のご祝辞を頂いているのを発見しました。(笑)

早速、Meditationに飛んで行き早々に日記「喜怒哀楽」を覗いて見ると・・・


表題が「北海道から初小説ダス」と名が打たれています。

「おぉ〜遂に!!」とはやる思いを押さえつつ読み進むと・・・


さ、皆様、お待たせいたしましたん♪

待望の小説続編が公開ですよ〜♪


ヽ(^◇^*)/ ワーイ

寮からはネットがつながらないので、背景やBGMは現場で探す(スーパーの中で(笑))

ということで、かなり長く拝借してしまいました(='m') ウププ


さて、前回はついに稗田の阿礼と安万侶との出会いから始まりましたが

これからは、ついに二人の人生を追っていく展開になっていきます。

今回は後半に18禁があるので

よい子の皆は是非ママに読んでもらおうね(爆)


まぁ、その場面もこれからの展開を広げていく上での大事な通過点です( ̄ω ̄)

それにこれは純粋な「愛」ですし(σ ̄ロ ̄)σ

そんなわけで、久しぶりのUPなのもあるので前章などを

ちゃんと予習・復習はしておくようにd(ー.ー )(笑)

σ(゚∞゚)もフェリーに乗り込む際に

「古事記 完全版」という3333円(税抜)の本を買いましたよ(笑)


これからの小説は以前も申し上げたとおり、

             「和ぁ〜〜〜」


って感じで攻めていきますので(=´ー`)ノ ヨロシク(以下は是非喜怒哀楽で引き続きお楽しみ下さい)

で、何と!

この更新をする為にMeditationの喜怒哀楽を開いたら・・・・

「ゲッゲェ〜〜〜!なぬ?ユッコん家で?!・・・」

と、またまた驚き慄(おのの)いた次第です☆


兎にも角にも18禁・・・否、稗田阿礼と太安万侶の命懸けの純愛に触れてやって下さいませェ〜。

あっ!小説の題名は「沈黙の黎明」ですから!(笑)




posted by ホーリ at 15:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | みなさん、ニュースです。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2005年10月12日

奥義伝承そのA

みなさん!こんばんわ!

昨日の「奥義伝承その@」は、いかがでしたか?

チョッと難しかったですかね?
ご質問などのコメントが無いもんだから、みなさんがどの様に捉えられたのかが良く分らないもので・・・(汗)

太古から伝えられて来た「奥義」には数々ありますが、何よりも大切なことは「伝えんとする想い」、つまり精神を汲み取ることです。
ですから単に語句だけに囚われず、その奥に潜んでいる精神を掴み取って行くことが大切なんですね。


では、本日も引き続きお伝えして行こうと想います。

深遠にして高き尊厳なる太祖大霊そこが、我等の御親のまたの名である。

太祖大霊たる大生命は、この世の中心に存し、森羅万象、万事万類に遍(あまね)く行き渡る存在なり。

且つ万象万物の生成化育の根源なり。

故に太祖大霊と尊び、我らが生命の御親と仰ぐなり。

大生命たる御親の御力は実に甚大にして尊大なり。

この世のすべては遍く大生命の御力によって生じ、何時、如何(いか)なる時も大生命に抱(いだ)かれ、果ては大生命の懐(ふところ)に帰るものである。

されど心すべきは、この世に在って人は自らの思念に依り、聖なる御力を陰・負・闇・邪と変じて発するなり。

本来、聖なる御力は陽であり、正であり、明であり、正なるものである。

故にその御力を人として現すならば想念によりて発するべきものなり。

人知を超えた存在たる太祖大霊の真意を片時も忘れるべからず。



さて、いかがでしょうか?
みなさんのコメントをお待ちしております。




posted by ホーリ at 19:19 | Comment(8) | TrackBack(0) | 新 幸せDNA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

気になるおケイコを手軽に検索「ケイコとマナブ.net」
おすすめのサイト