ドクターの幸せDNA > 過去ログページ
2005年12月29日

直、正、明、浄

どうにもこの2〜3日、PCの調子が変。
この記事の更新も今日2度目のチャレンジ。

何が変かと言うと、突然ポインターがビクともしなくなってしまうのだぁ!

愛用のノートPCは、彼のお値段お手ごろで有名なSOTEC.Win Book WV。

昨日も、今日も折角記事を書き終えて、イザ更新しようとすると、幾らPCのポインティング デバイスをツツ―――ゥといじろうが、トントンと指先で突こうがじぇんじぇん反応してくれましぇ〜ん♪

「なんだょぅ!まったくぅ〜!」
「またかよぅ!仕方がないねぇ〜ホントにぃ〜!」
「見てろぅ!後でバラバラにしてやっから!」と強制終了して再度記事の書き直し。

まったく、いい歳をしてのボヤッキ〜だ!。。。。。


さてさて気を取り直しての記事を書く。

改めてカレンダーを見ると、何と今年も残り3日。

振り返ればこの1年、実に様々な事が在ったよなぁ〜。
良いことが半分。悪いことが半分。
山あり谷ありで均(なら)せば、丁度と言うことかぁ〜。。。と思う今日この頃。

今年、顧問契約先の不誠実で出た当方の損害金が2〜3社で約600万円。

依頼主のたっての希望で契約書を交わしていてもこの有様だから、世知辛い世の中、何が起こっても不思議は無いのだろう。

と言うことで、今年を反省しつつ来年は同じ失敗を繰り返さぬ様に、自らを律し、自らの心の指針を!と己に一誠一戒を課そうと考え中なのです。

我が一族の長の心得として伝わる至誠の基本である「直・正・明・浄」と言う教えが在ります。

これは即ち「直き(なおき=何処までも素直に)・正しき(天地神明に誓って正しく)・明き(公明正大に)・浄(水の如く浄らかに澄みわたる)」誠の意(心)にて長(おさ)としての生涯を務めよ。

と言うものなのです。

その事を意(こころ)の中心に据えて来年に臨みたい!そして、あらゆる事象や公私の出逢いについても「直・正・明・浄」を礎にこころ穏やかに、大らかに、そして豊かに裏表なく居られるように努めたいと想います。

もう1日、2日、熟考した後に麗妻にも話し、2人で共有するテーマとして取組みたいと想います。

さて、みなさんの1年の計はどの様なものなのでしょう?

残り僅かの、この1年。
最後の最後までやり切って、今年以上に新しい年を素晴らしいものに致しましょうね。

では、またぁ〜!




posted by ホーリ at 01:22 | Comment(6) | TrackBack(0) | 新 幸せDNA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2005年12月28日

あぁ〜。。。またしても。

今日の夕方、チョッと疲れて麗妻のご実家の2階寝室でうたた寝し、夜の8時前に目覚めリビングに下りて行くと・・・・・

「あっ!先生。目が覚めました?スッキリした?」

「うん!スッキリした!良く寝たわ。」

「良かった。あっ!そうそう、先生がお休みになっている時にSUNちゃんから電話が在ってね・・・」

聞くと、今日の火曜日SUNちゃんの仕事がお休みとのことで、その折角の休みなのにまたまた当○町に出向いてくれて、私たちの自宅の周辺を一人で雪かきをしてくれたとの事。

更に前回雪かきに訪れた時に気になっていた郵便箱一杯になっていた郵便物を持参した袋に移し変えて玄関先に仕舞ってくれたそうだ。。。

「ホント?またワザワザ行ってくれたの?行くだけでも小1時間掛かるのに・・・、あれから雪も大分降ったんじゃないの?」と聞くと・・・。

「本当です。ありがたいですよねえ。SUNちゃんによると3〜40cmほど積もっていたって言ってました。思ったほど積もっていなかったって。それと前の時と違って凍っていなかったから雪も重くなかったそうですよ。と言っても、結構大変だったと思いますけど!」

麗妻が煎れてくれたコーヒーを頂きながら「本当にありがたいよなぁ〜。頭が下がるよ。。。」

と2人で話していました。

そのSUNちゃん、HNだと男みたいですが誤解の無いように!
正真正銘の女性です。そして、その愛称の様に太陽のように明るく暖かい心の持ち主です。
年恰好は、私とほぼ同じですかね?(笑)

それに結構イケ面の息子TAKEが一人。
つまり親一人子一人の二人暮らし。
お仕事は美容師さんです。
話し上手で、説教上手。
なので、ユッコも時折説教されます。(爆)

息子のTAKEは家、一軒を一人で建てられるほどの技術を修得したデーク(大工)であり、今は夜学に通いながら運送業?に勤しむ好青年。

まぁ私は自分の息子だと思っている存在です。

現在、SUNちゃんちにはパソコンが在りませんので携帯で時々このブログを覗いてくれているらしいです。
でもSUNちゃん自身、相当な機械音痴の様で携帯でメールを一度も打ったことが無いらしいんです。
でも近い内にパソコンを購入する予定です。
そうなったら、皆さんと交流できる日もそう遠くありません。
その節には、私ども共々よろしくお願い致しますね。


今日は「SUNちゃん!再び参上!」と言うことで、私的なことではありますが感謝の意味も含めてSUNちゃん記事をお送り致しました。

では、また・・・。




posted by ホーリ at 00:40 | Comment(8) | TrackBack(0) | 私が思うに・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2005年12月25日

一年前のクリスマス・イブ

その日は、まさしく私たち2人にとってのホーリー・ナイトでったんです。

昨年のクリスマス・イブに私はプリリン姫を書斎に呼び「ねぇ?来年は色々な特許を表舞台に出す準備の年、仕事のことも踏まえて、今まで懸命に支え、尽くしてくれたプリリンに聞きたいんだけど・・・」

と切り出し、入籍の相談をしたんです。
これは、一般的にはプロポーズと申します。。。

すると「先生が出された答えですし、先生さえ宜しければ私は依存はありません。」

と二つ返事。

それからお互いの家族の事。仕事のこと。将来のことなどを2時間ばかり話し合い、双方が十分に納得して入籍を決めました。

そして姫のご両親に、先ずお電話にて「本当はお電話などでお話しする事ではないのですが、実はお嬢さんとお話して一番にお義父さんにご連絡したいと思い・・・」

その時のお義父さんの驚き様と言ったら、もう想像以上でした。
そりゃそうだわ!10年近くも師弟関係にあり、仕事柄でも完全なパートナーとしてやって来ていた2人だけに、つゆとも思われなかった事に違いないし!

兎にも角にも私たちにとっては昨年のクリスマス・イブは、正真正銘のホーリー・ナイトだったのです。

そして今年、ようやく11月22日。
「いい夫婦の日」を選んで晴れて入籍。
めでたし!目出度し〜!となったのさぁ〜。。。

まぁ、その後のゴミ屋敷物語は、かなり悲惨だったけど・・・(笑)

人生には色々在りますからねぇ〜。
これからもチョッとやソッとでは歩めない様な楽しい人生を思いっ切り2人で歩んでやろう!と来年に向けてエネルギーを充満させております。

どうぞ!みなさまも、縦横無尽に人生をお楽しみになられます様、心よりご祈念申し上げま〜す。

☆ハッピ〜・クリスマス〜☆




posted by ホーリ at 22:08 | Comment(8) | TrackBack(0) | 私が思うに・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2005年12月23日

私的「何とありがたい!」

本日の14:22分に我が麗しの妻の携帯に留守電が入っていた。

それに気付いたのは夕方の18:00過ぎのこと。
彼女はその留守電を聞いた後「先生、これ聞いて!SUNちゃんから凄い電話が入ってる。」と携帯を差し出す。

「うん?何!凄い電話って・・・」と携帯を耳に付けて留守電を再生すると・・・

「どぉ〜も、お疲れさまで〜す。SUNでぇ〜す。何時も先生のブログを読ませて頂いていてま〜す。それでこの前の日曜日にお邪魔して、チャンと雪かきをして置きましたから、ご心配なくぅ〜。但し郵便物が郵便箱からはみ出していたのが気になりますけど〜。一応ご報告致しま〜す。」との事。

麗妻は「ねッ!SUNちゃんが雪かきしてくれたんだってぇ〜!大変だっただろうに。。。ありがたい事ですよねぇ〜」

「本当だよ。びっくりしたなぁ〜もう。。。しかし札幌からワザワザ行って、一人でやってくれたんかなぁ〜。申し訳無かったなぁ〜。3時間は掛かったろうに!」

突然のありがたい連絡に2人で驚愕しながらもSUNちゃんの顔を思い浮かべて感謝に浸った。

早速SUNちゃんに電話を入れたが留守電になっていた。
多分、仕事中なのだろう。

「もう少しして、もう一度電話しますから。」と麗妻。


さて、本日、初登場の「SUNちゃん」についてのご説明を!

出会いは、このブログのカレンダーの下に貼ってある「人気ブログランキング+小説」のブルーのバナーの「沈黙の黎明」に書かれている霊能者のくだり辺りである。(ブルーのバナーをクリックして読んで美穂!)

もう10年以上前に巡り合い、麗妻のお義母上とほぼ同期であり私の教え子の一人でもある。
今は共に学びの道を歩む仲間なのである。

現在は北海道で暮らし、時折、一緒に食事をしたり話に花を咲かせたりと家族同然のお付き合いをしてるんですよ。

さて、夜の8時頃、SUNちゃんと電話で話したところ、SUNちゃんが携帯で私のブログを読み、ユッコの記事を目にして、これはほっとけない。と思ってワザワザ当○町まで出向いて雪かきをしてくれたそうです。

また昨日、ユッコから電話が在ったとき「雪かきをSUNちゃんが済ませてくれたのなら、私に鍵が送られてきたら、今度は私が家の中を確認しますから」との言葉に「ユッコ、それはしなくていいんじゃない。返って心配だから」とご丁寧に拒絶して下さったそうです。(笑)

正直、私も同感です。
もしもユッコが家に入っても何も出来ないだろうし、ストーブ付けっぱなしとか、玄関のドアの鍵を掛け忘れたとか、トイレを使って水道の水抜き栓を忘れたとか、etc・・・
寧ろ心配事が増えそうな予感が横切るんだもの・・・

しかし!
何はともあれ、ドカ雪の心配が無くなり、SUNちゃんにはホント、心より感謝申し上げます!ですぅ。

読者の皆様にも、大変ご心配をお掛けしましたが、斯様なことと相成りました。
どうぞ、ご安心下さいませ。

でも・・・
こうなると・・・益々、帰省が遠のいた?か〜もよ!(笑)




posted by ホーリ at 22:55 | Comment(10) | TrackBack(0) | 私が思うに・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2005年12月22日

ついに出た!極めつけの一言。

出張も既に1ヶ月を軽〜く越えてしまい、依頼されていた都内での仕事も依頼主の都合で来年に延期。

毎日、打ち合わせや挨拶などで出入りは在ったものの、その仕事で1週間近くも待機してたのに・・・。

ええ加減にせんかい!それならそうと早ょ言わんかい!とも言えず・・・

仕方無しに3時のお茶の時、リビングでお茶を頂きながら、ズ〜ッお世話に成ってる麗妻のお義父上とお義母上、並びに本当に麗しい我が妻に報告。
(幸いな事に、麗妻のご実家で、誠にのんびり、優雅に、一切気を使うことも無く過ごさせて頂いているのだ。考えてみれば、麗妻のご家族全員とは、もう10年近くのお付き合いなのであるからして・・・)

すると・・・。
お義母上。
「あら、いいじゃない♪家は全然構わないのよ〜。どうせならこのままお正月を一緒に過ごせばいいじゃな〜い♪」と誠に軽やかに仰る。。。

すると・・・、
お義父上。
「どうせ帰ってもこの寒波で家も雪に埋もれているんだから、もしも家が大丈夫ならそうしたら!先生さえ宜しければ!」と意図も簡単なお言葉。。。

我が麗しの妻の顔を見ると・・・
「そうねぇ〜。浄水器だけが心配だけど・・・、でも、もう手遅れかも知れないし・・・。私は先生さえ良かったらいいよ!」と振って来た!

「えっ?そりゃ〜、今更帰っても待っているのは先ずは雪かきだし・・・。ねぇ〜?」

お義母上。
「いいじゃない♪一緒にお雑煮、食べましょうよ♪みんなで頂けば楽しいじゃん!ねッ♪」

お義父上。
「先生、お雑煮大好きでしょ?美味しいお雑煮つくりますよ!」
※実はお義父上、まるで料理人も顔負けの腕前。
 毎日のお食事の料理は殆どお義父上が作られているのである。

我が麗しの妻。
「いいわねぇ〜。。。先生!どうするか先生が決めて!」

と、又しても振って来た。。。

「そうだねぇ〜。。。そうするかぁ〜。。。」
と答えたけど、ホントにいいのかねぇ〜。

2〜3日中に決めなければ帰省ラッシュにはまって、それこそフェリーが取れなくなるし・・・

まあ、それもいいかなぁ〜。。。(苦笑)
慌てて帰る必要も無いし。。。
さて、どうなるんでしょうか?この年末は・・・(爆)




posted by ホーリ at 19:56 | Comment(6) | TrackBack(0) | 私が思うに・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2005年12月20日

ユッコ情報に ガビ〜ン!

昨日の「沖縄移住計画記事」へ、北海道のユッコから次のようなコメントが・・・

>ホーリ先生、こんにちは!

>ご心配をお掛けしておりましたが
>私もようやく来年以降の目標が決定しつつあります。

(ユッコは私の教え子でして、やっと不肖ながら自分の人生の目標を見出した様です。(ホッ!))

>そして。。。
>ホーリ先生の次なる目標は沖縄ですか〜♪
>ぜひぜひ実現してくださあい!!

(ユッコに言われなくたって実現するわい!(苦笑))

>私は紆余曲折を辿りつつも、北海道で新しいネットワークをつくっていきたいと思ってます。

(おいおい!それがユッコの来年以降の目標かい?)

>その仲間と沖縄の先生と麗しの奥様の別荘に行けたらいいなあ〜♪
>なんて夢を抱かせて頂きました!

(何じゃい!ただの夢の話かい!紛らわしい奴っや!)

>沖縄には一度も訪れたことがありませんが
>ホーリ先生の目標を伺って、沖縄行きがとっても近くに感じました(笑)

(おいおい!また青い空が好きだから!って家を飛び出した時みたいに、ブルーの海が好きだからって私らを追って沖縄に来るんかい?)

>念のため驚かれないように・・・

(何や?まだ隠し玉があるんかい?ドキドキ!)

>石狩市生振地域では平均的に40cmくらいの積雪が続いております。
>単純計算して40cm×お留守の日数くらいの雪が見込まれます。
>先々週辺りから北海道石狩・札幌地域は降雪が多くなってきているので、除雪カーが道路をしてくれていても
>お家の周囲は3m以上積もっているかもしれません。>う〜ん。。。

(さッ!3メートル? ホッ!ホンマかいな!そりゃエライこっちゃがな!背丈の倍近いがな!)

>がんばってくださいとは言いづらい状況なので
>腰を痛めないよう、どうかお気をつけ下さいね。。。

(って、何や!それだけかい!)

(先生たちが帰宅する前に不肖の弟子として日頃のご恩を雪かきの一つでもやってお返ししましょう!てな涙の出るような話と違うんかい!)

(しかし3メートルの積雪ともなると・・・玄関に行き着くのにトンネル掘らんと行けねぇ〜じゃん!)

(どうするよ?スコップは玄関内に入れてるし、素手でトンネル掘りかい?)

あぁ〜・・・、こうなりゃ、北海道に帰るの、来年の春まで延ばそうかなぁ〜・・・・・
年末に顧問料がドカンと振り込まれたら、そのまま沖縄でリゾートしちゃおうかなぁ〜

新婚旅行もゴミ屋敷事件でボツったし、未だに仕事で足止め状態で麗妻の実家にお世話に成りっ放しだし・・・

心はシッカリと夫婦してるけど。
戸籍上も紛れも無く夫婦だし・・・、後に残るは新婚初夜だけなのじゃ〜!!!(あははっ!(涙))


注=実は先日の月曜日、我が麗妻にユッコから電話が入り「雪が凄いんでお帰りのご予定は・・・。今日は私、仕事が休みなのでもしもお帰りならば当○町のご自宅に出向いて雪かきを手伝いますが!」と言ってたそうです。
ですので、事の是非は別として一応はユッコの気持ちだけについては弁護を書き添えて置きますです。ハイ!(笑)




posted by ホーリ at 23:51 | Comment(6) | TrackBack(1) | 私が思うに・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2005年12月19日

来年からの目標、決定!

どうも・・・。
ホント、寒い日が続きますねぇ〜。
みなさん、風邪など引かれてないですか?
十分にご自愛なされて下さいよぅ!

さていつも起こし下さる「ふかみさま」から頂いたコメントへの返信で書きましたが・・・

先日来の大寒波。
我が麗しの妻にそれとなく「もし今度住むとしたら何処がいい?」って聞いたら「そうよねぇ〜。今度は沖縄かな!海が見える丘で暮らしてみたい。今まで一度も経験無いから。」って言っておりました。
北海道の家はそのままにして、冬は沖縄、夏は北海道ってのが理想だそうです。

ここ数年の私たち、毎年の様に沖縄に仕事を作っては出張と言いつつもフルスピードで仕事を片付け、その後はのんびりと沖縄旅行を満喫してまいりました。

つまり沖縄でバケーションを楽しみたいが為にワザワザ仕事を自分たちで作って「仕事だから仕方が無い。沖縄に行かなければ・・・」と言いつつもルンルン気分でアッチコッチをゆったりのんびり冒険旅行。

一昨年前は、当時麗しいのパートナーだった彼女のご両親をご招待し、仕事を片付けた後に沖縄で待ち合わせして沖縄本島を1週間かけてのんびり回りました。

我が麗しの妻は、どうやら、この時に目を付けたお気に入りの場所が二〜三ヶ所あるらしいんです。

因みに、私が勝手にネットで調べて見ると何と9千万円でプライベートビーチ付きのホテルが売り出されていました。

確か32室あって、中々綺麗なホテルでした。
改造すれば、そうとう優雅な間取りになりそう。な〜んちゃってね。

でもさ、これって都会で億ション買うことを考えたら絶対優雅でいいですよ。そう思いません?

それに確かに夏は北海道、冬は沖縄っても魅力です。
ここは一丁ぐわんばって見ましょうか!

これまでハイスピード・ライフだったから、仕事は来年辺りには目どを付けて!
本物のスローライフで人生を謳歌じゃ!

9千万のホテルって訳じゃないけど、プライベートビーチ付きの小高い陸の上に洒落た白い家を建ててやろうぜい!

そして引越ししたらさぁ〜!みんな誘って一緒に遊びにおいでよぉぉぉ。

よっしゃ!
こうなりゃ、来年は頑張って沖縄移住計画発動じぁぁぁぁ!




posted by ホーリ at 20:04 | Comment(12) | TrackBack(0) | 私が思うに・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2005年12月18日

今夜から大雪だってぇ?

みなさん、ど〜もお久し振りッ!
このところ仕事や何やでドタバタしどうしでして・・・

さてさてニュースによると今夜からまたまた寒冷前線により北海道から日本海側に掛けて大雪が降るそうです。(ハァァァァ〜!)

出張に出てから小1ヶ月。
聞く所によると北海道は札幌でも既に6〜70cmは積もっているらしい。

すっ!すると・・・
我が邸宅のある当○町ではもっと積もっていることだろうに・・・
何せ札幌よりもウンと雪の多い所。
車でたった40分少々しか離れていないのに!

先日、クロネコヤマトの営業所からの宅配の電話があり「それはそうと雪は如何です?」「随分降ってますよ。」とアッサリ言われた。。。

それなのに、またしても今夜から大雪なんだって!
どうする?と想って見ても如何する事も出来やしない!

誰も居ない我が家はキッとドカ雪に埋もれているだろう!
単純計算しても軽く2m近くは積もる計算になる。

まったく「あぁぁぁぁぁぁぁぁぁ〜っあ!」だ!

出張に使っている車のタイヤだって夏タイヤのままだし。
無事に帰宅を果たせたとしても、8段ある階段は雪で埋まってるだろうから、キッと胸近くまで埋もれて雪を掻き分けて玄関まで上り、冷凍庫と化した家の中に入り、ストーブを点火した後にママさんダンプとスコップで5m道路と階段、そして床下に位地する車庫の周りを大汗掻いての雪かきだ!

これまでの経験上、悠に3時間は掛かるのは覚悟しなくてはならない。

そして心配なことが・・・
水道は全て水抜きしてはいるものの・・・
米国から輸入したシンク下に設置している逆浸透膜式の大型浄水器。

まさかこんなに本州に滞在するとは思っていなかった為に浄水器の水抜きをしていないのだ。

キッと「ボォン!」と破裂しているだろうなぁ〜!(クソッ!失敗したわい!)

下手するとシンクから台所の床までスケートリンクになっているかも・・・

あぁ〜。。。憎き寒冷前線めッ!




posted by ホーリ at 01:01 | Comment(11) | TrackBack(0) | 私が思うに・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2005年12月13日

いよいよ最終章 学びと悟り

みなさん、こんばんわ!

未だに疲れが抜け切れず、東京都内での仕事に追われ、丸一日体を休めても全く効果無し。
人間、体の疲れは癒せても心の疲れは中々癒せないものだと痛感している今日この頃です。

さて父のゴミ屋敷一掃作戦。
勢いづいて丸6日間寝る間も惜しんで強行した2人。
これは如何にも1週間では到底片付きそうも無いことに気づき始め、急遽、友人の紹介で業者に下見して貰っての見積もり依頼。

その日に届いた見積もりには4t車12台分と人夫賃で合計49万円。
これでも最低の金額を弾いてくれています。
多分、普通の業者さんだと6〜70万は下らないと思いますね。

それまで私たちが運び出しただけでも2tトラック8台分。
毎日、市の焼却場まで運んで50mも下まで見下ろせるドデカイゴミ集積場に投げ下ろして来た私も体力的にそろそろ限界。

その日の朝、焼却場でゴミを投げ下ろし、父の家に到着すると、我が麗しい新妻は2階の窓から軒先へ降り、玄関前の木造倉庫の屋根に飛び乗り木造倉庫の屋根から解体作業。

隣のおじさんが私に近寄って来て「あんたの嫁さん、綺麗な顔してスゲェ〜のぅ!ワシャ、朝起きてフッと外を見たらあんたの嫁さんが倉庫の屋根に乗っとるかせなぁ!びっくりしたでぇ〜。。。思わず、どうやって登ったんか聞いてしもうたがな。ハシゴも無いのに!そしたら2階から飛び乗った。と聞いて、もう驚いたのなんの!あんたの嫁さん、ベッピンさんでものすげえエエ嫁さんじゃのぅ〜。」と笑顔で話し掛けて来た。

「はい、ものすげぇ〜エエ嫁さんですわ。」と笑って答えた私です。(爆)

その後、隣のおじさんを現場監督にバリバリと屋根や壁板を引き剥がし、大槌を振って柱や梁をガンガン崩して行く。

ほぼ半日で木造倉庫を解体し、何時でも業者さんが入っても良いように準備は整ったのでした。

兎に角、やれる所までやろう!と決めて始めた父ゴミ片付け。
異臭漂うゴミの山も今では殆ど粗大ゴミや積み上げられた本の山、その他の家庭ゴミとタンス、冷蔵庫、台所用品に電気製品等などなど。。。

一区切りついて父の見舞いに・・・

本人に「おやじ、家のゴミはすべて捨てるぞ。大切なものは無いか?昔のアルバムは残しておいた。後はおやじの趣味のカメラだけど、どれもこれもゴミに埋もれていた為にレンズにはカビ、ケースはシミだらけ、本体もさび付いて使い物にはならんよ。残念だけど捨ててしまうことになる。それでもいいか?」

父「うん、うん・・・」と頷くだけ。

その様子を見た私。
これではイカンと思って・・・。
我が一族の代弁者として父に万感の愛を込めて渇ッ!

調息、守玄の後、父の潜在意識に照準を合わせて言霊を発した。
「おやじ!一族の先祖からの最後の言葉だ!心して聞け!」

それを聞いた父は、突然ベッドから起き上がり、腰を掛け直し、背筋を伸ばし、姿勢を正して私の目をジッと見る。

「○○ ○○よ!(父の姓名)、性根を据えて聞け!」

父の目が次第に輝きを取り戻して来た。

「今の汝の姿。戦時下で先立った戦友たちにどう顔向けする!」

父、「・・・・・・。」無言でうな垂れる。

「先祖や祖父母に対してどう言い訳する!」

父「・・・・・・。」更にうな垂れる。
父にとっては痛いところを突かれた様子。

「何を考え、何を思い、家の中にあのゴミの山を築いたのか!良く省みよ!汝、日本男児として恥を知れ!」

父、更に背筋を伸ばして目を見開く。

「○○ ○○よ!残された余命を無駄にする無かれ!」

「この世に生を受け、生かされた事への報恩に努めよ!」

「右手、右足が何ゆえに動かざるか?」

「人生の真諦を見極めよ!」

「このまま寝たきりの余命は一切許さず!神が許しても我らは許さず!」

「○○ ○○よ!再び自らの足で立ち上がるべし!」

「自らの右手を人々の為に使うべし!」

「このまま他者の如く老い然(おいさら)ばえることは一切許さず!」

「○○ ○○よ!性根を据えて、今一度生き直すべし!汝の名の如く、正しく志、正しく生き、正しく行うべし!」

「今後一切の甘えは許さず!人としての最後の生き様を示すべし。」

「○○ ○○よ!しかと(シッカリと)厳命、申し付けるものなり!」

父、真剣な面持ちで「はい!解かりました!」とハッキリとした口調で返事をした。

「以上!」と私。

父「ありがとう御座いましたッ!」と神妙な面持ちで手を付いて深々と頭を下げる。

「よしッ!」と緊を解いた私。

それからはお互いににこやかに歓談。
どうやら薄々はゴミ屋敷のことは覚えていた。

我が新妻もその様子を見ていて、帰り際の車の中で「お義父さんの心の奥底まで先生の想いが届いた見たいで良かったですね。お義父さん、顔つきが変わったもの・・・」と安心したようでした。

この父への渇ッ!物語は、6日間のゴミ片付けから得た学びと悟りの結果です。

そしてこれが父の人生に対する私が出来る最終最後の親孝行のだったのです。

その学びと悟りの一つ一つは次回にさせて頂きます。
本日はこれまで・・・。  でわw!




posted by ホーリ at 22:56 | Comment(10) | TrackBack(0) | 新 幸せDNA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2005年12月10日

続 学びと悟りC

さて父の自宅のお隣さんと仲良くなった私たち。
朝のご挨拶や時折の休憩時におじさんから父についての事情聴衆を試みました。

父もお隣のおじさんとは、まあまあのお付き合いをしていたらしく、おじさんも色々と情報を提供してくれました。

そのおじさんの話によると・・・

玄関先にゴミが出始めたのは、ここ一年ほどとのこと。
それまでは殆ど気付かなかったそうです。

そりゃそうだわ。。。
家の中に山の様にゴミを溜め込んでいたんだから・・・。
きっと入り切らなくなって、遂に外に投げ出し始めたんだろうね。

おじさん曰く「外から見た限り、こんなにゴミを溜め込んでいたなんて想像もしなかった。。。」と目の前の山積みに成ったゴミ袋を見て溜息混じりに話していました。

それにここ5〜6年、兎に角コンビニで弁当やお菓子、飲み物を毎日ドッサリと買ってくる姿を見掛けていた。とのこと。

つまりそのすべてがゴミと成ったという事なんですねぇ〜。。。

更に2人でゴミ片付けをしていて気付いた事。

@同じものが沢山出て来る。
 ・乾電池の徳用パックがダンボールに一杯(例えば単三電池20本パックとか)
 ・携帯ラジオ=ゴミから出て来ただけでも13台。それも真新しいものばかり
 ・自転車の荷台用ゴムひも30本あまり(新品)
 ・100円ライター数知れず
 ・本、雑誌(同じ雑誌が重複していた)
 ・老眼鏡数十本
 ・虫眼鏡数知れず
 ・醤油、ソース、塩、コショウがあちらこちらから
 ・テレビ合計8台
 
A少々ショックを受けたもの
 ・人様から頂いた暑中見舞いやお歳暮、誕生祝や内祝いなどの品々を封も切らずにほったらかし。
 ・靴下、シャツなど至るところで脱ぎ捨てポイ状態
 ・ティシュやコンビニゴミの上にシャツやシーツ、バスタオルを敷き、またその上にテッシュやコンビニゴミを広げ、またその上に座布団や服、タオルを敷き・・・ほぼ4層から5層の層が出来上がっていた。脅威のゴミ屋敷。。。
これを引き剥がすのに可也の力を要しましたね。

B異常だと思わずにいられない状況。
 ・ネズミの糞は当たり前。
 ・隣のおじさん曰く「階段でグニャリとしたものを踏んだ。よく見ると蛇だった。とお父さんが夏に言ってた」の話を聞き我が麗しの新妻、突然私を前面に押し出してのゴミ片付けと相成りました。
 ・テレビ、扇風機、電気毛布などの電気製品のコードが縦横無尽にゴミの中を掻い潜り、何が何だか訳わからん状態。
 ・最後の方に寝ていたらしい場所は2階の階段の半畳ほどの踊り場付近。ここにあらゆる電気製品が集中していた。
 ・表向きは、いつもニコニコと笑顔のおじいちゃん。家に帰ればゴミ屋敷の主。ジキルとハイドを彷彿した。

こうした状況に関与して、つくづく思い知らされましたね。

人間らしく生きる。と言うことの大切さを!
次回は、いよいよ佳境です。乞うご期待あれぇぇぇ!




posted by ホーリ at 11:51 | Comment(10) | TrackBack(0) | 新 幸せDNA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2005年12月09日

続 学びと悟りB

みなさん、こんにちわ。
神奈川は、とっても良い天気に恵まれています。(外気は冷たいけど・・・)

さて今でも夢に出て来るゴミ片付け。
決して楽しい夢ではありません。(苦笑)

さて私たち新婚の2人は黙々と山積みされているゴミをビニール袋に詰め込みます。玄関周りと小上がりのゴミを袋詰めするのに丸2日。
階段から2階の8帖間入り口付近を片付けるのに丸1日半。

時折、缶コーヒー片手に休憩していると隣のおじさんが話し掛けて来た。

「大変だねぇ〜。あんたたち2人だけでこれを片付けるんかぁ?他の人は?」

「姉には話しているけど、今は手が離せなくって・・・。出来る限り自分たちで片付けようと思って!それにこの有様だと人に頼むのもなんだしねぇ・・・。」

「そりゃそうだわなぁ〜。じゃけど2人じゃたいへんじゃぞぉ。」

「すみませんね。朝早くから夜遅くまでバタバタして。」
その頃、2階の窓から袋詰めしたゴミをドンドン放り出してましたから・・・。

「ええよ。ええよ!何も気にせんとやってくれれば。手伝えることあったら何時でも言うてよ。」

「ありがとう御座います。」と頭を下げる私たち。

それじゃあ。という事で倉庫前に置かれてあった車?を道路まで移動させることに。
この車らしき物体。
50ccのエンジンを積んだイタリア製の三輪車。
ボディーは車と同じ鋼板製で荷台に荷物が積める様な特殊なもの。
でも放置しっ放しの為に錆びてボロボロ。
私たち2人と隣のおじさん夫婦の4人で無理無理引きづりだした。

早速オートバイ引き取り業者に連絡したところ「惜しいねぇ。。。これが綺麗に管理されていたら大変な金額になるのにねぇ〜。マニアが涎を垂らして欲しがる代物だよ。20年前の名車だからねぇ〜。。。」

でも今はどうにもならない粗大ゴミ。
廃車手続きに一万円の負担。

ふぅ〜。。。なのだ。

その後は、広くなった庭先に2階からガンガン袋詰めしたゴミを投げ捨てる。

夜の10時過ぎ、庭に山の様になったゴミ袋を2tのトラックに詰め込む。
アヘアヘ言ってピストンしてたら、見かねた隣のおじさんが手伝ってくれた。

2tトラックには、およそ150袋から200袋を無理矢理積み込む。

さすがにトラックもへたってます。
きっと3t以上は詰め込んでいるだろうなぁ〜。

それくらい凄いんですわ。おやじのゴミは!

その後、私たちは夜中までやっている銭湯に行き、駐車場で埃を払い、銭湯の湯で汚れと汗を流し、着替えをしてファミレスで夕食。

これが5日間続きましたとさ。。。

隣のおじさんには、片づけしている時に出てきた、何本もの新品のウイスキーやブランデーをその都度「飲む?」「飲む!」「じゃあ上げるから飲んで。」とお礼の品を・・・。
中にはナポレオンやカミュ、XOなどもあったから隣のおじさんは大機嫌。
助かったよ。これだけは!

このゴミ片付けでズーと考えさされたこと。

人間の生き様。
       人の心の裏表。
              人の一生とその足跡。
          そして人の意義と価値。

2人とも無言で片付けながら各々心で学び続けた1週間だった。

そのお話は、また次回。。。ねッ!




posted by ホーリ at 13:06 | Comment(4) | TrackBack(0) | 新 幸せDNA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2005年12月07日

続 学びと悟りA

みなさん、こんにちわ。。。
まだ少し疲れが残っているホーリです。(苦笑)

さて私たち2人は業務用の90ℓのゴミ袋を手に玄関先からゴミを片付け始めました。
玄関前には玄関戸から1mの位地に6畳程度の木造の倉庫が建てられていて、家の壁と倉庫との間がやっと歩ける程度にしか隙間がありません。
これではゴミも持ち出せない。という事でそこからのゴミ片付けです。

そこで多かったのが空になったペットボトル。
ゆうに70本近くありました。
キッと飲んだ後、片付けるのが面倒臭くって積み上げたんでしようね。。。

2時間ばかり掛けて黙々と袋に積めましたよ。
ペットボトルに、他の燃えるゴミ。
分別しながらの片付け。
そうそうアルミ缶も沢山出て来ました。

そこで不思議な現象を発見!

何と栓を開けていない缶ビールが20本ほど出て来ました。

それを見た私たち。
「?????・・・・・」

どうにも理解出来ません。
「何故?・・・どうして?・・・なんで?・・・」

玄関に入って片付けていると目立ったのがテッシュ。
衣類、タオル、コンビニ袋、郵便物などなど等・・・

その殆どが燃えるゴミです。

2人は無言で、でも心の中では「何故だろう?・・・どうしてなんだろう?・・・何でこんなことに?・・・どうやったらこんな事が・・・おやじ、どうしちまったんだぁ?・・・」がグルグルと回ってました。

その内、段々と腹が立つて来ました。

90近い父親。
8年ほど前から北海道に来るように進めていたけど、友達が居るからと断ってきた父親。

昔は几帳面でお洒落なおじさんだった父親。

私が若い頃、部屋を散らかしていると怒鳴り声を上げて怒っていた父親。

ここ数年、毎月の出張の度に自宅近くのレストランで待ち合わせして私たちと楽しく食事をし、会話を交わしていた父親。

つい7月の出張の際に、広島から岡山へ立ち寄り父親とお茶を飲み、私と彼女の入籍を話し嬉しそうな笑顔を見せいてた父親。

父親自身も彼女とは10年来の付き合いで、彼女の事をとても気に入っていた。

そんな父親だったが・・・

「一体どうしちまったんだ?おやじ!・・・」の言葉が心の中を渦巻いてしまう。

渦巻きながら、あまりの横着さに怒りが湧いてくる心。

何が悲しくて新婚の2人が父親のゴミを片付けなければならないのか!

そう思うとフッと情けなくなって来る・・・。

でも、ここからが自らの心に湧きあがる「様々な思い」を思い知らされる事になり、この歳にして改めて「心の学び」に没頭するとに繋がったのです。
                      続く・・・




posted by ホーリ at 08:45 | Comment(6) | TrackBack(0) | 新 幸せDNA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2005年12月06日

学びと悟り

みなさん、こんにちわ!
そしてコメント下さった方々に先ずは心より厚く御礼申し上げます。

先日、ショート更新で「ゴミ山」に触れましたところ、6名の方たちがコメントを下さっていました。
そのコメントを先程読ませて頂いて・・・

心身の疲れがス―――ッと抜けて行く不思議な感覚を憶えました。
そして心の中に六筋の光明が明るく揺らぐ。そんな感覚に見舞われました。

ありがたいなぁ。。。

そんな想いに満たされての更新です。


★プロローグ★

さて先週の土曜日の昼、岡山の姉の自宅に到着し、その足で即刻着替え、先ずは父の自宅近くのレンタカー屋さんに出向き、2tのアルミボックスのトラックを5日間の予定で手配。
当然、道中の茶内で殆どのレンタカー屋さんに電話して一番安い所を選定してのこと。

マツダレンタカーが一番安かったですね。

そして父の自宅に直行。

先ずは玄関前で呆然としました。
玄関先から何やら訳のわからない粗大ゴミが積み重ねられているんです。

私たち2人は思わず顔を見合わせ、恐る恐る玄関に手を掛けると・・・

鍵が開いてます。
しかも玄関の戸が30cmほど開いてます。

またも唖然と顔を見合わせる2人。

思い切って玄関の戸を開けると・・・・・

戸の向こうから既に山積みのゴミ、ごみ、GOMI!

玄関の床から1m近く積もってます。ゴミが!

そのゴミを構わず踏みつけて小上がりに・・・

そこも同様に1mほど積もったゴミ。
一階の8帖の居間は本が何百冊も積み上げられており、その他にも兎に角色々なものが山積み。
次の6畳ほどの台所も、これまた空き瓶、空き缶、空きペットボトルや訳のわからないものが天井近く積み上げられてます。

お風呂場を覗くと・・・
木箱や何やかやが押し込められていて・・・(汗)

ゴミを踏みつけながら2階へ行こうとすると10段ほどの階段が両脇に詰まれた本とゴミで単なるスロープになってます。

そこを四つん這いで這い上がり、2階の8帖間に辿り着くと、これまた見事なゴミの山。

そのゴミの上に立つと天井に頭が付き、少しかがまなければならないほど!

その奥の6畳間までは物干し竿を幾本も交差させ、掛けている服が邪魔して見えないほど。

2人は心底溜息を付き、一体何処から手を付けようかと悩んでしましたわ。(苦笑)

それから外に出て、先ずは業務用の特大ビニールゴミ袋買占めにホームセンター巡り。

結果、ゴミ袋だけでも2万円以上も掛かりました。

そして、夕方から玄関周りのゴミ片付けが始まったのですぅ。


この続きは、また次回。(苦笑)




posted by ホーリ at 12:45 | Comment(11) | TrackBack(1) | 新 幸せDNA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2005年12月03日

緊急報告ですッ!

みなさん、こんにちわ!
たいへん!大変ご無沙汰しております。

実は、わたくし、只今、岡山にて、わたしく自身最終最後の修行中で御座います。(詳しくは来週にご報告致しますね。)

と申しますのも父が脳梗塞で倒れて以来、父の住まいを10年振りに訪れて、唖然としてしまいました。
恥ずかしながらなのですが、何とテレビなどで見たことのある例のゴミ屋敷そのもの。(驚愕!)

マサカ自分の身内から、それも実の父親がそんなことに成っていようとは・・・。

そんなこんなで早朝から深夜まで埃とゴミに埋もれながら大奮闘。
それも新婚ホヤホヤの2人が全身真っ黒になりながら・・・。(苦笑)

この1週間の大片づけで私も新妻も心中ホント色々と勉強さされ、また多くのことを学ばされ、そして悟らせて貰いました。

その一つ一つは、必ず皆さま方の心の糧ともなるものと思います。
後日、心の学びの一環として投稿させて頂きますので、今しばらくのお時間を頂きたいと存じます。

何卒宜しく願い上げます。




posted by ホーリ at 14:59 | Comment(12) | TrackBack(1) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

気になるおケイコを手軽に検索「ケイコとマナブ.net」
おすすめのサイト