ドクターの幸せDNA > 過去ログページ
2006年02月24日

耳寄りトピックスだよん!

みなさん、こんにちわ。。。
今日は、昨日と打って変って寒びぃ〜ですな。関東。
歩いてて汗を掻くほど暖かいかと思うと、一夜明けたら手がかじかむくらいに寒いなんて。

これが本州のシーソー気温なんだよね。
北海道では在り得ない気温の差ですわ。

北海道だと暖かいって言っても周りには雪が積もってるし、陽射しが暖かいだけで関東みたいにその差が激しくはないものね。

これだから風邪引きさんが減らないんだろうなぁ〜。と思う今日この頃。。。

さて、昨日は神奈川から電車に乗って都内に向かい、色々と新ネタを各所にご披露して参りました。

自称「小泉自民の改悪不支持」の私としましては、特に郵政民営化を未だに根深く反対してますしね。

都会の人たちには関係無いでしょうが、地方、特に過疎化が進んだ地域や高齢化で悩んでいる地域の人々にとっては日常生活が死活問題視され始めていますしね。

地方分権を唱えながら、そのネットワークの一端を担っていた地方郵便局の切捨ては我慢なりませんのですじゃ。

などと小難しい話は止めにして、「頑張れ!郵便屋さん」の思いを込めて、昨日は全国特定郵便局長会の本部にと郵政公社にお邪魔したんですわ。新ネタを引っさげて!

その新ネタとは・・・

その名も マルチボックス〜♪

なんじゃ?それっ?と思ったでしょう?(笑)

実は関西でスタートしようとしている例の「知的ビジネス創出センター」の新開発製品なのだよん。

因みに私が顧問を務めている会社さんのHPで「マルチボックス」をクリックしてご覧あれ〜♪

     甲南ゴム株式会社

この新発想のボックス、パッと見て「これがどうしたの?」と思ったあ・な・た・! チッ!チッ!チッ!

良く良く考えて見て丁頂!

例えばね、綿棒があるでしょ?
あれは円筒形のポリプロピレン製のケースに入ってるでしょ?
で無くなったらペットボトルやプラスチックなどに分別しますよね!

つまり資源を大切にしなければならない昨今、このマルチボックスに綿棒が入ってたら、紙製で燃やせるゴミとして廃棄できるし、使用中は蓋も閉まって衛生的だっしょ?

それにね、例えばお化粧落しに使うコットンにも使えるし、ティッシュなら、あのティッシュを取り出す穴の裏に張ってあるビニールも不要になり、蓋を閉めたままティッシュを取り出せるし。。。

更に、お菓子類。チョコレートや高級菓子の化粧箱にも最適。

もっと言うならば、今回提案した「ゆうパック」のダンボール箱にすると・・・

ここでチョッと考えて見て見て見てちょっ!
今まで貰ったゆうパックのダンボール箱や宅急便のダンボール、如何してました?

ガムテープを剥がしたり、切ったりして中身を取り出した後、たまには別のものを詰めて使ったり。。。

でも今一デザインが・・・
それに蓋の開け閉めも・・・
それと配送伝票を剥がした後も汚いし・・・

そこでマルチボックスの登場なんですわ!

ゆうパックに品物を詰めた後、ガムテープ不要。
天蓋には配送伝票を張る位置に事前にフィルムが備えられていて配送伝票を剥がしても綺麗なまま。
更に蓋の開け閉めが出来るから押入れやタンスに入れてもモノの出し入れがスムーズ。

つまりダンボール箱を潰して畳んでゴミにする事も激減できて資源を守れるって事に!

それにbow_nさんやふかみさんが良くやられている様に、このマルチボックスの表面に装飾を施せたら見違えるほどの多機能ボックスに変身出来ますしね。

なもんで、昨日はゆうパックのデッカイ箱とマルチボックスのサンプルをデッカイバッグに詰めて都内を歩き回ったと言う訳です。

しかしね。ダンボールメーカーさんに言わせると「ダンボール業界の革命」だそうですよ。

その内、皆さんのお宅で見かけられる日も近いですぞぉ!(笑)

まっ!こうした世の中にまだ出回っていないアイデアや開発製品に携われるだけでも幸せですよ。

楽しいしねっ!  では、また!




posted by ホーリ at 14:28 | Comment(17) | みなさん、ニュースです。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2006年02月21日

ホッと一息。

どうも!どうも!ど〜も!
すっかりご無沙汰してしまいました。

今日は久し振りに出張先でのお仕事もOFF。
連日、目まぐるしく片付けなければならない仕事のアレコレも一応ひと段落。
久々にホッと一息ついてます。

さて本日の私的トピックス。

昨日、都内の品川パシフィクホテルで、然るお方と待ち合わせ致しました。

我が生涯で最も尊敬する、そう「未来の構築の著者である、あのお方」です。
待ち合わせ早々に入籍についてのお祝いのお言葉を頂きましたよ。ありがたいことに!(照)

オーストラリアから久し振りにご帰国され、お忙しい中を時間を割いて下さり、ホテルのレストランでサラダとコーヒーを頂きながら快談いたしました。

先生曰く!
「久し振りに日本に帰ると色々と気付くことがあるねぇ〜」

「先ず一番に感じたのは行き交う人たちの表情が一様に暗いことだな。」

「それと内に秘めたエネルギーと言うものが余り感じられないこと。」

「それと何人かの有識者と話したけど、どうも先見性に掛けていて話しを聞いててもこちらが興味が湧いてこないし響いて来ないんだよ。」

「ホンの僅かな間に、どうやら日本の劣悪な政治家の無能ぶりが世情に反映されてしまったようだね。」

「政治政策的な改革は必要だけど、悪戯に民営化を推し進めると国の政策的根幹を支えていた本当に優秀な官僚たちが無用視されてしまい、国としての重要な政策が絶ち切れしてしまうのではないか?と心配になるね。」

「日本の国民は一体どの様に見ているんだろうか?」

「国家としての目標や、国民としての目標が無いと方向性を見失ってしまい、ますます他国との格差が開いてしまうのに・・・」

「そんなんでいいのかねぇ〜。日本人は!」

日頃、私自身が感じている事を見事に指摘されてしまい、こうした先生の問い掛けに私なりに答えましたが・・・・・

3時間ばかり議論を交わし、お互いに行き着いた結論は・・・

「まあ、私もホーリさんもどんなに頑張っても後10年かな?兎に角、次世代を背負う心も頭脳も本当に優秀な若者を発掘して如何に育てられるか!だねぇ。」

私(先生、もう我々の歳だと10年は無理ですよ。5年。後5年が限界ですね。精神的にも肉体的にも!)

「そうだね。エネルギーが続かないからねぇ。。。」

「兎に角、後2〜3年が勝負だな。その時、日本がどうなっているかだな。まあ、お互いに頑張ろうよ」

「こういう事が解かる日本人がいないんだから!」

また半年後の再会を約束して固い握手を交わして雨の中を別れたのです。

人との出会い。
人との係わり合い。

人間が生きていく上で何よりも大切なことだと実感した1日でした。



んがぁ!
昨日、帰って、このブログに貼ってある「未来の構築」をクリックして開こうとしたら・・・

             開けねぇ!

これにはわたくし、大慌てしとります。
この数日で何とか回復したいと思っておりますぅ。(陳謝!)




posted by ホーリ at 11:38 | Comment(7) | みなさん、ニュースです。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2006年02月16日

春と言うよりは初夏ですな!

ど〜も、ご無沙汰しております。

関西では昨日と今日と2日に渡っての雨ですが・・・
しかし暑いですな!歩いていると汗が出ますわ!(爆)

出張以来、毎日忙しく飛び回っているおっちゃんです!
11日に苫小牧港を夕方出航。
翌12日の昼過ぎに大洗港に到着して、事故渋滞三ヶ所を我慢に我慢を重ねて都内を横切り、やつと神奈川へ。

翌13日(月)〜15日と就職の件、郵政事業提案の案件の件、思い出旅記符の件などなどで目まぐるしく移動と打ち合わせ、15日の3時から新幹線で大阪へ。

途中、発作の如く京都で下車してJRで茨木市に向かい、兼ねてから仕事で使いたいと狙っていたキャンピングカーを下見。

これがまたイイのよ♪高いけど!(爆)

私が狙っているのはコレ!

是非、暇潰しに覗いて見てちょ!

  近畿RV販売株式会社

こいつで全国をターゲットに走り回る日も近い!(爆爆)




posted by ホーリ at 22:51 | Comment(9) | 私が思うに・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2006年02月10日

やって見るもんだ!

皆さん!こんにちわ!
ちょっとご無沙汰してしまいました。
一昨日から我が当○町は、相も変わらずのゆき。ユキ。雪。

昨日なんか一日中猛吹雪で、何処にも出掛けず書斎で仕事してました。

一昨日の午前中は良い天気だったので歯医者に出掛け、その時に撮った写真が・・・


雪捨て場@

この写真です。
我が当○町の街中から運ばれて来た「雪の捨て場」ですね。
現在の高さは、そうですねぇ〜、5階建てのビルの高さくらいでしょうか。
この雪山の上に見えるのは大型のショベルカーです。

「なぁ〜んだ。大したことないじゃん!」と仰るあなた、裏手に回ると結構デカイのよ。これが!


雪捨て場A

同じ雪山ですが、大型のダンプが登り降りする為に、雪山の中ほどから裏手に掛けて広々としたスロープを設えているので表から見るよりも5倍くらいデッカク見えます。
写真の黒い点はダンプですから!

同じ時間に写したのですが、空模様の所為で少し暗く写ってしまい、見辛いかもしれませんね。


さてこの2・3日、例の頼まれた就職の件でネットを使って情報収集し、その情報を元に各社に電話し、直接色々とお話しました。

しかし殆どの企業さんは、早いところだと昨年の6月で採用締め切り、遅いところでも11月に締め切られていました。
で現在の雇用募集は何と来年卒業見込み者向けのもの。

つまり既に遅し!ってことですな!

ところがです。
色々とお話している内に相手さんが私に興味を持ち始めました。

そして色々と就職の裏技を教えてくれ始めました。
そんなこんなで来週、都内の本社に訊ねて行くことに!

実は、わたくし、丁度11日から東京・大阪・兵庫と出張する予定だったんです。

その合い間にお伺いすることに!
それも全部で5社の大手企業さん。

当然、就職を希望しているご本人にも一部始終を携帯で話し、それなりに覚悟をして置く様に申し伝えて置きました。

人間、やる気があれば努力次第で不可能と思われる事だって可能になるんです。
今回の事も良い例だと思うんです。

超学歴社会で就職難の昨今、本当にやる気があれば何とか成るもんですよ。
最後まで諦めないで、何事も前向きにチャレンジしましょうよ。若いんだから!ネッ!




posted by ホーリ at 11:03 | Comment(11) | 私が思うに・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2006年02月07日

帰って見ると、ジャ〜ン!

みなさん、こんばんわ!

昨日は、雪も小降りになり、風も少し和らいだので例のコンテナハウスの本格的な屋根の雪降ろし。
半日、掛かってしまいました。
相変わらず鼻水流しながら・・・(爆)

でも見事に綺麗に雪降ろしを果たしました。
お陰で腰が痛くて曲がったまんま伸びませんですわ!(爆爆)

さて本日は朝から社会福祉法人の本年度の主だった事業計画を立てるために理事の私と評議委員の妻の2人が揃って札幌にて打ち合わせ。
その間に頼まれていた就職の件で相談の電話が何度も入り、その度に中断。
人のお世話をするのも何かと大変ですわ。。。

打ち合わせも無事に終わり、帰路に着きましたが、辺りは陽も落ち、暗くなってしまいました。

そして我が家に近付くと、何とまァ〜!生活道路が見事に綺麗に除雪されているではありませんか!

出かける前は、道路の両脇に雪がてんこ盛りで車がやっと1台通れるくらいの道幅しか無かったのに・・・



除雪後

2人で「うわぉ〜!綺麗になったねぇ!」と感動の声。(暗いのでチョッと見辛いかも知れませんが。)

実は、昨日のコンテナハウスの屋根から降ろした雪が左側に車2〜3台分ほどうず高く盛り上がっていたんですよ。
それも含めて見事なまでに跡形も無く綺麗に片付けられました(笑)

いゃ〜!助かりました。
今日、除雪車が入らなければ、明日にでも移動させなければならないところでした。(ホッ!)


さてさて、ニュース見られました?
「議員年金廃止法案可決」って奴。

またやりやがりましたね。小泉自民党。
これは後々必ず問題になりますよ。

だって今までの議員年金の税金負担は70%、残りの30%は本人の積み立て。
ところが今後は100%国民の血税が注がれる訳です。
それも対象は議員歴10年以上の国会議員が対象。
30代の議員もいる訳ですから、後、何10年も私たちの税金を議員たちに捧げねばなりません。

議員年金は廃止されたけど議員恩給が復活してしまいました。

これは明らかに国家詐欺です。
ろくに国民の為の政治を行う事無く、まともな改革も出来ず、結局は自分たちの保身だけはキッチリそつ無くやり逃げする。

国民の医療制度や健康保険料、そして国民年金などの本丸を切り捨ててまで!

これで国民が文句を言わないとしたら、よほどお人好しなんでしょうね。

「国民はバカだから助かるよ!」
ある国会議員が言い放ったこの言葉が脳裏に浮かび上がりましたね。

みなさんは如何思われますか?この現実を!




posted by ホーリ at 20:42 | Comment(4) | 一言いわせて!時事ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2006年02月05日

こいつぁ〜本物だ!

北海道にお住まいのみなさん!
毎日の雪かき、ホントお疲れさまでですぅ。

この3日間の大雪、参りましたなぁ〜。。。。。
私もここ数日、雪かきでヘトヘト。
ブログ更新の元気も出ませんでしたわ。(苦笑)

しかし・・・、今回の大寒気団、こいつぁ〜本物でしたなぁ!
昨日なんて千歳空港では飛行機111便が欠航。
道内の高速道路も随所で通行止め。

2日間の暴風雪に、本日のシンシンと降り続くユキ。ゆき。雪。

毎日の雪かきにもホトホト呆れ返りましたなぁ〜。
キッと札幌市内にお住まいの方は、かいた雪の捨て場にお困りになった事と拝察いたします。

SUNちゃんち、大丈夫でしたか?
SUNちゃんちも、雪、捨てる所無いもんなぁ〜。。。。。

1日に3回も雪かきしても、朝にはシッカリと積もっている。
何やらニュースで1時間に5cmづつのペースで積もったそうです。

すると3日間を計算すると・・・

       72時間×5cm=360cm・・・

          そこまではねぇ〜(笑)

でも確実に1m以上は積もりましたねぇ!

と言う事は、それ以外は暴風で飛ばされた!と言う事になりますね。(笑)

さて今日の昼過ぎ、雪も小降りになり「フッ!」と窓から外を見ると・・・


雪の塊り

何と倉庫替わりに使っているコンテナハウスの屋根に降り積もった雪が暴風で1m50cmほど垂れ下がっています。

「こりゃまずいな!」とばかりに防寒服に身を固め、長靴を履き、玄関を出ると・・・


雪景色

















見渡す限りの美しい雪景色です。暫らく見惚れてしまいました。

そしてスコップ片手に道路から雪を掻き分けて昇り、あの垂れ下がった雪の塊りを目指して掘り進みます。

その距離、約15m。
正直、アゴ、上がります。汗だくです。鼻水タラタラです。

雪降る中を2時間以上も掛けて掘り進み、やっとコンテナハウスの角まで到達。


雪かき

このスコップ、私の胸辺りまでの長さです。
このスコップで自分の背よりも高く積もった雪の上に、ヤケクソで!渾身の力を込めて放り投げます。

その頃、我が麗しの妻もコンテナハウスの裏手を掘り進んでいます。

その後、頭まで雪を被りながら、あの屋根の雪の塊りを落とし、全てかき終えましたよ。遂に!

終わった頃には腕も腰もガクガクに成ってしまいましたわ!

スコップ類を片付け、防寒着の雪を払い、フッと振り返ると、またまた美しい夕暮れの風景。


夕刻の景色

丁度、真ん中に見える三つの小さい光は我が当○町のリフト乗り放題のスキー場のライトです。
車で10分位の距離にあります。

さて今もゴォ〜ゴォ〜と風が吹き、雪も激しく降っています。

が!そんな事にひるむ私ではありません。

今日の夜中も熱めのお風呂で体をほぐし、思いっ切り汗を掻いて、何時もの様に素っ裸で夜景でも眺めながら火照った体で涼みましょうか!(爆・爆・爆)




posted by ホーリ at 20:56 | Comment(8) | 私が思うに・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2006年02月03日

我が一族の精神文化

みなさん、こんにちわ!

やはり今日は天気予報通り、冷え込んだ1日でしたね。

さてさて本日は、私の初体験に挑戦です。

先日、このブログの家主さんである「しげえ隊長」に「どうやったら写真を貼り付け出来るん?教せぇ〜て!」メールを送ったところ、早速返信メールで丁寧にご教授。

早速プリントアウトして読んだんだけど、やってる端から写真が何処かへ行方不明になったり、それを探すのに捜索隊を出しても依然行方知れずだし・・・。

と、まぁ〜何やかんやで手こずりまして、漸くUP出来そうな気配。

そこで節分を機に一番だしを記念して、我が一族の象徴とも言える写真をご覧頂きたいと・・・



ご神木

これは下界が見下ろせる小高い丘の上にそびえる樹齢700年のヒノキです。
高さは約20mほどあり、我が大神(おおみわ)一族にとってはご神木に当る神聖ならざる存在なのです。

元々は、このご神木の下に簡素な住まいがありました。
私は2歳半から小学校を卒業するまで、その家で祖父母に育てられたのです。

しかし祖父母が亡くなってからは空き家になってしまい、10年前に取り壊されてしまいました。

さてこのご神木の根元には天皇家より奉納された「剣(つるぎ)」が埋められている。と伝えられています。

この物語は代々語り継がれて来ましたが、今はその物語を知るものも少なくなってしまいました。

そこでその物語がブルーのバナーの小説「沈黙の黎明」前半に語られています。(是非、読んで見て下されませ〜)

このご神木が後世に伝えんとしたものは

@浮世から離れ、本来の人間らしい生き方をせよ。
Aモノや形、地位や立場に囚われず、在るべき姿に立ち返れよ。
B心に刃(やいば)は不要なり。至誠に生きよ。
C神人合弁の道を歩めよ。神を目指して歩め。
D真の神道を極めよ。真の神道を伝えよ。神道を為せ。

要約すると、そう言う意味を持つものなのです。

現在は直ぐ近くの見晴らしの良い場所に「剣の大明神」として小さな祠(ほこら)を建立(こんりゅう)しお祀りされています。


剣さま

これがその祠(ほこら)です。

この祠を中心に若宮さま、そして山の神、水の神、風の神がお祀りされています。

太古から伝承されている大自然に畏敬の念を抱いて、感謝と畏れ(おそれ)を祈りとして捧げてきた証でもあるのです。




posted by ホーリ at 17:28 | Comment(6) | 新 幸せDNA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2006年02月02日

正々堂々

みなさん、こんばんわ!
今日の北海道、と言うか私んち周辺だけかも知れませんが・・・

朝から風が激しく吹き、2時過ぎからもの凄い猛吹雪です!

そんな中、インターホンが「ピンポ〜ン♪」

ハンズフリーのインターホン画面を見ると、クロネコマークの帽子がチラリ!

「ハァ〜イ。」

「宅急便でぇ〜す!」

「ハイ。すぐ開けますぅ。」

玄関を開けると帽子から肩まで雪を被って「いゃ〜今日は激しいです〜。。。」と宅急便屋さんが一言。

「ホントだね〜」と玄関から外を覗くと・・・

(ありゃま!ホント!凄いわ。)

「これじぁ、運転も大変だねぇ〜。吹雪で前が全然見えないじゃない。」

「そうなんですよ!こんな吹雪だから前どろこか道が見えなくって、もう命懸けですよ。」とマジで閉口されてる様子。

受け取りのサインをしながら「気をつけてお仕事頑張って下さいよぉ。」

「ハイ。ありがとう御座いましたぁ〜」

宅急便屋さんが車に乗り込み、走り去るのを見送りましたが、それも10mも走ると真っ白な吹雪の中へ消えてしまいました。

こんな猛吹雪の中、頑張っている人もいれば、ホリエモンやヒューザーの小嶋社長、東横インホテル、そして防衛庁の談合などマスコミに絶える事無く取り沙汰される事件の数々。

こんな言葉が強く心に浮かんできます。

犯罪を犯す者は思い上がって生きている。
犯罪を犯す者は社会に甘えて生きている。
犯罪を犯す者は社会の隙間で生きている。
犯罪を犯す者は自分だけの為に生きている。

犯罪者は罪と利益を天秤に掛けて生きている。
犯罪者は利益の為に生きている。
犯罪者は犯した罪に満足感を感じて生きている。
犯罪者は他者を馬鹿にして生きている。

しかし何時かは、自らが犯した罪を償う時を迎える。
それは本人か或いはその家族がいずれ償うことになる。
その時、初めて罪の大きさに気付く事になるのである。
それがこの世の絶対法則である。


となると、やはり人間、正々堂々と生きる方が幸せですね。
みなさんもそう思いません?




posted by ホーリ at 18:37 | Comment(4) | 新 幸せDNA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2006年02月01日

万が一に備えて

みなさん、こんにちわ。

昨日は丸1日、札幌市内で時間を要してしまいました。

いやね、私が顧問として契約しているH県のE.W社に対して顧問料の請求についての訴訟の準備を進めていたんです。

と言うのも契約書があるにも関わらず、顧問料の振込みが一切なく、仕事の依頼だけはしてくるんですよ。
私としても付き合いのある企業が3社、E.W社と契約し総額で3.890万円の契約金を支払っており、それを優先的に取り戻す作業を行っていた為に、私の顧問料請求を後回しにしていた訳なんです。

当方の顧問料請求に対して、万が一に備えて必要な約2年半分の資料製作に約1ヶ月を要しましたね。
時系列順に克明にレポートをまとめ、要した出張経費も領収書と照らし合わせながら記載。

それはもう頭がこんがらがる作業でした。

そして今年、他の顧問先である会社の案件での出張を終え、取り敢えず顧問料だけの請求書をE.W社に送付。

実際に当方が被害にあっている金額は・・・。

顧問料総額420万円。
立替経費 210万円。(当方の人件費は含まず)
その他  320万円。(2社の顧問契約打ち切り)

と相当な額の上ります。
これがサラリーマンだったら生活は破綻してますよね。

なのに私からE.W社のM社長の携帯に電話しても昨年の10月16日から留守番電話。
それ以来、音信不通なんですよ。

そこで関係企業の契約金の回収をほぼ終えた今、タイミングを見計らって、遂に弁護士に本件に関する書類を提出し代理人を依頼。
更に「差し押さえ請求」に必要なE.W社の取引先や近々に入金予定の企業名と金額までを調べ上げて参考資料として添付したんです。
そして取り敢えず、顧問料の支払いについての内容証明の送付を願い出ました。

その時、弁護士さんも「良くもこれだけ詳しくまとめましたね。私としても、とても理解しやすいですし、これなら直ぐにでも裁判所に提出できますよ。先生がお書きになった所見文も立派なものです。これなら100%勝てますね。しかしE.W社もバカな事をしたもんですなぁ〜。先生を敵に回すとは・・・。これじゃあ、会社を潰してくれって言わんばかりですなぁ〜。これは逃げられませんわ!」と笑ってました。

私が何故、恥を忍んでこんなお話をするのかといいますと・・・

世知辛い世の中です。
また毎日の様に様々な事件が取り沙汰される昨今です。
みなさんの身の上にも、いつ、何どき、詐欺や事故、犯罪などが降り掛かるかも知れません。

そんな時、慌ててはいけないのです。
そして仕事で在れ、プライベートであれ、大まかでもいいですから日記を付けて置くことをお薦めしたいのです。

私はダイソーの「スケジュール管理」のソフトを100円で購入して、PCにインストール。
これに端的に書き込んでいます。

これがまた結構重宝するんですよ。

それと照らし合わせて今回も出張状況を見ながら書類を作成した訳です。

読み返していると「M社長よりTELあり。○○の件でいい訳。こいつアホかいな。この件は明らかにMd氏の間違い。その点を指摘し解決を求める。」てな具合です。(笑)
これだけで、何時、誰が、何を、如何して、こう対処した。が思い出されて解かるのです。

まあ、自分が携わったことですからね。


話は戻って、きっとM社長、弁護士からキツイ文章の内容証明を読んで大慌てすることでしょう。

もし、支払わなければ法的措置をどの様に取られるかが理解できるからです。
それ以上に、M社長に不法な行為が明白になるからです。

またもしも異議申し立てするとしたら、私の本拠地は北海道ですから裁判に持ち込むとしても、その度に北海道に弁護士瞳孔の上、出席しなければならないからです。

更に何よりもM社長に厳しいのは、私が委任した弁護士さんは北海道警の顧問弁護士を兼任されている方で、日弁連北海道の役員も勤められている方と言うことです。

私もコンサルタントと言う仕事柄、顧問先がトラブルを起した時には、当方が適材の弁護士さんに依頼します。


つまり今後、みなさんの身に思わぬ事が持ち上がった時に適切に対応する知恵や方法を備えて置いて頂きたいと思います。

先日も東北の知人から電話が掛かり相談を受けました。

ところが「弁護士に相談したが、希望していた結論には至らなかったので、如何しようかと悩んでいる。」との事でした。

詳しく聞くと、私の法的な知識でもその弁護士の判断は可笑しいので、別の弁護士を探して紹介しました。
すると「先生の言う通りの回答だったのでお任せして代理人を依頼しました。」との事でした。

弁護士さんも人間ですから得意不得意の分野がありますし、性格的な取り組みの姿勢も大きく作用します。
そして弁護士さんはどんな事でも万能だと思わない事です。

そしてあらかじめ、自分が抱えたトラブルの経緯経過を感情抜きで冷静に整理し、如何したいのかを明確にして弁護士に相談することです。

でも日本の法律は思いのほか不整備で、一体誰の為の法律なのかと不信感を感じる事も多いのが事実です。

一番いいのは、トラブルに巻き込まれない事なのですが、仕事に携わったり、社会生活を送っていると全く無縁で居る事は難しいかも知れません。

やはり何事も「備えよ!常に!」と言うことでしょうか。




posted by ホーリ at 12:25 | Comment(6) | 私が思うに・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

気になるおケイコを手軽に検索「ケイコとマナブ.net」
おすすめのサイト
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。