ドクターの幸せDNA > 過去ログページ
2008年07月27日

上昇気流に乗ったみたいに・・・

 
 
 
 
みなさ〜ん♪ こんにちわ!

毎日、亜熱帯ばりの蒸し暑さですね。


そんな中、わたしたちは朝から深夜まで

兎に角、忙しく走り回っています。



WINPRO社に出会って、早、3ヶ月チョット。

製品が世界に誇れる先進技術によって生まれた風力発電だけに

省エネと低炭素社会の創出という時代背景もあり

国内は下よりイギリス、フランス、スペイン、イタリア、そして中東のドバイからアフリカの国々からと、世界各国から急速に注目が集まり

その対応に大わらわ!でっす。


また国内では私のネットワークから

特に若い人たちにこの風力発電事業への参画を呼びかけたところ

北関東で33歳の男性ご夫婦、さらには都内で23歳のうら若き女性が奮起し

新会社を設立し、大きく活躍しようとしています。


そうした決意の原動力は

やはり地球大自然と世界の人々の未来の為に!

との想いの顕われだと想います。



また先般、関西に出張した際にお目に掛った

関西経済界を代表する方々も

世界の為に!と私たちの普及活動にご協力下さることになりました。


もう暫くは詳細をお知らせ出来ませんが

思わずひっくり返りそうなほどの驚きの展開が

毎日のように続発している今日この頃です。


きっと来月の中ごろ位には

色々と詳しくお伝えしたいと想います。



ただ言えることは・・・

「これからの3年間は我が人生の総決算であり、人生完成への時間」

と考えていただけに

まさしくその通りの展開になりつつ在る事だけは間違い在りません。


今までの人生の道のりで

それぞれの人脈や、やって来た一つ一つの「点」が

風と言うキーワードで「線」となって結ばれている気がします。


その内、皆さんともこうした好機と良縁で結ばれる事を願っています。


では、またお目に掛りましょう。バイバ〜イ♪
 
 
 










2008年07月19日

更新、遅くなりやしたぁ!

 
 
 
みなさ〜ん♪ こんにちわっ!


しかし暑くなって来ましたねぇ!

もうこの暑さには寒冷地仕様の私にはとても耐えられません。

許されるなら北海道に帰省したいものです。


どうぞ、みなさんも熱中症などに十分注意されご自愛下さいませ。



さて13日の日曜日からWINPRO社の社長とご一緒に大阪へ

社長は1泊2日、私は2泊3日の予定で出張したのですが・・・


おっとドッコイ!

私が携わるべき予定が日を追うごとに追加され

あれよあれよと言う間に、何時しか6泊7日となってしまいました。

それもほぼ毎日早朝から深夜11時ごろまでスケジュールはビッシリ!


でもお陰さまで

私の弟分は無事、近畿総代理店を開設でき

今後の事業計画もほぼ見通しが付きましたし

私の旧知の友人T氏も風力発電事業に参画してくれる事となり

またその友人が国際機関であるWHOジュネーブ本部に対して

世界の人々の安全と安心の基礎となる健康環境の創出に

我らがWINPRO社がお手伝いさせて頂くご手配を快諾下さいました。

更にイギリスはロンドンに設立されている

IOC公認でオリンピック精神の啓発啓蒙団体である

「オリンピック・スピリッツ」の活動にも

WINPROが参加させて頂くことをご了承頂きました。


更に関西財界の大御所の方々とご面談させて頂き

WINPRO社の風力発電の特徴をご説明し、ご理解の上で

省エネルギー並びに地球温暖化を踏まえた低炭素社会に向けた

WINPRO社の普及活動に過大なご尽力下さることとなりました。


これで本当の意味での「百人力を得た」気持ちです。

それもこれもWINPRO社の世界に誇る日本の技術!が在ればこそです。


ほんとうに!本当にありがたい限りです!


これが在れば、飲料水も作れ

農作物も栽培できます。


まさしく『クリーンエネルギーは世界を救う!』です。


こうして応援下さったみなさんや
ご協力、ご支援下さった方々に心より厚く感謝申し上げます。




と言うことで・・・

ここでWINPRO社の風力発電の主な特徴をご紹介致しましょう。

@ブレードによる風切り音が無い

Aコアレス発電機には共振性が無い

B風速1.0m/秒から回転を始める
(これは従来の技術では不可能だった。従来は3.5m/秒から)

C風速1.2m/秒から発電を開始する
(これも画期的で、今までは発電開始は5m/秒以上必要)

D耐落雷性に優れている

E防塩害仕様である

F特殊構造のコアレス発電機にはデスクブレーキが無く
 従ってブレーキのメンテナンスが不必要である

G更に、現在、問題となっている低周波を一切発生しない。

など等です。

そう言う目線で今一度WINPRO社のHPをご覧下さいまし。
             ↓
        http://www.winpro.co.jp/
 
 
じゃあ!また次回、お目に掛りましょう!
 
 
 





2008年07月10日

環境技術で世界貢献!じぁ

 
 
 
 
みなさ〜ん♪ こんにちわッ!


ここ数日間、兎に角ぅ、ドタバタしとりました。

WINPROさんとご縁が出来て以来、

そして7月1日からの『我が人生の完結編スタート』と重なって

何となく風の吹き方が今までとは大きく変わって来たようです。


こうなると不思議なことに

今までそれとなくお付き合いしていた企業さんたちから

突然、電話が入り

『先生、実は・・・・』と相談を持ち掛けられる事となります。


ところが、その相談事を聞いている内に

私の頭の中で「ピピピッ!」と閃(ひらめ)きが走ります。



ご本人は自社の相談事をしているのですが

それを聞いている私の頭の中では

その企業さんなどの製品やシステム

つまり、それぞれが単体単独なのにも関わらず

その一つ一つの点が

WINPRO社製の風力発電による

完全エコでCO2排出ゼロの電気エネルギーを活用した

環境技術アイデアが「ポッ!」「ポッ!」と出て来るのです。



それも、それらの環境技術システムは

アフリカや東南アジアの人々を苦しませている

食糧不足は下より安全な飲料水までもが安定供給でき

また今まで夜ともなると暗闇で生活したり

ろうそくで生活していた人々に

日常生活で必要な電灯さえも点灯できるのです。


このことをWINPRO社の社長に電話で話すと大賛成!

早速、土曜の夕方に待ち合わせして

世間では当たり前の

「打算計算」「利害損得」に囚われることの無い

我々だけの本物の国際貢献サミットの開催と相成りました。(笑)



私たちが出来ること。

    私たちしか出来ないこと。

        これからが私たちおじさんパワーの見せ所でっす!


   いずれ誰でもが参加できるシステムも構築する予定です。

 そうなったら是非一緒に世界を舞台に頑張りましょうぞ!


    では、また次回、お目に掛りましょう!

  追伸 日曜から、またまた出張でっす。
     次回更新は15日過ぎになるかなぁ〜?
     その間ご遠慮なく
     ドンドンバリバリ、コメント下さいませぇ〜!
 
 
 




2008年07月05日

一滴の水が大海に還るが如く




みなさ〜ん♪  こんにちわっしょい!


いやいや、今日も蒸し暑い1日でしたなぁ〜。
流石に日が落ちると、チョッとは涼しくなりますが・・・
これが、もう少しすると夜でも寝られないほど蒸し蒸しするんですよね。

あぁ〜。。。暑ちぃ〜の苦手だなぁ〜。。。

北海道が懐かしいなぁ〜〜。



さて河口湖での特別研修ゼミが終わって

早くも丸2日も過ぎ去ってしまいました。

私たちは専修ゼミが終わり、河口湖から約3時間ほど掛けて
道志道をひた走り、途中、夕食を取り、帰宅して直ぐにブログを書き、
翌日に備えて1時過ぎに就寝。

そのあくる日は7時に起床してビックサイト会場へ。
実は医薬品などの製造プラントや医薬品業界、
そして薬品原料などが途轍もない広さで展示されていて
今後の参考にと見て回ったんです。

そして午後3時に新横浜駅で奈良国際弁理士と待ち合わせし
何度もこのブログでご紹介した『WINPRO』の社長を交え
新たな特許申請の打ち合わせを行い
その後、総勢7名で今後の省エネと二酸化炭素排出削減などの
環境問題に対応する為のWINPROサミットを深夜まで開催しました。


それにしてもおじさん達が一堂に集まり
真剣にやり取りしながら
近未来の世界を自分達の力で何とかしよう。と
話し合うのと実に様々な、そして多岐に渡る話題が次から次へと広がり
本当に楽しくもあり、意義深く、
また何時の間にか将来の夢を語っている顔は
子供のように輝いていましたね。

本当に素晴らしい時間を過ごさせて頂きました。


そして帰宅して見ると
参加された方々から入れ替わり立ち代りに
棟が熱くなる様なメールの数々を頂き
ご指導する立場を預かった私たちは感無量で
そのメールを読ませて頂きました。


本来、私たち人間は

本人でさえ気付いていない

素晴らしい能力と無限の力を秘めているのです。

ところが、残念なことに

こうした大切なことを誰からも教えて貰うことなく

今日を過ごして居るのです。


こんな勿体無いことは他に在りません。


ですから私たちは、その点だけを特に絞り込んだ

特別専修ゼミを開催させて頂いたのです。



ですから、受講された方たちは気付いた筈です。

それは今までの自分と言う存在は

この五感とこころといのちを正しく使えば

他の人たちといのちさえも共有でき

自然と共生できる力を持って居たんだな。ってことを。


それは自分と言う「いのち」が

まるで

「一滴の水が大いなる大海にポトンと落ちた瞬間に」
「大海そのものに成り得るのだ」と言うことを・・・


そうする中

参加者の一人であるnaokick君が受講者として
ついに、そのあらましをご自身のHP『Maditation』の
ブログで彼なりの言葉で克明に綴られています。

  ご興味のお在りの方は、是非、ご一読下さいまし。
 尚、HPのトップにある「喜怒哀楽」をクリックして下さい。
           ↓
  http://www.h3.dion.ne.jp/~naokick/index.html


 では、また後日、お目に掛りましょう。
 
 
 





2008年07月03日

特別専修ゼミ、見事に終〜了〜!

 
 
 
 
みなさ〜ん! こんにちわぁ〜〜♪


さて7月1日、わたくし目の新たなる人生のスタートの日に

このブログがご縁で知り合った方

実はカナダの真理さんが開催してよ。と言いだしっぺなんですよ。



その真理子さんたちを筆頭に5人の参加のもと

河口湖畔は『麗峰』さん→http://www.reihou.com/

に前日宿泊でカナダより来日された真理さんの母上とお嬢さん

そしてそのネット友達で愛知のチカシ君

更に岐阜からはMEDITATIONのnaokick君と少人数ながらも5人全員が揃い

深夜2時半頃まで楽しいひと時を楽しみました。


その際に真理さんがこのブログをすべてプリントされて読破し

更に『沈黙の黎明』『新世紀の黎明』『神世紀の黎明(執筆継続中)』までも読破し

どうしてもゼミを開催して欲しい。とのご依頼となり

チカシさんをメールで誘い、

はたまた日程が決まった後に私からnaokick君にメール連絡し

今回の開催となった不思議さを話しながら様々な話題に花が咲きました。



そして翌2日、そして本日の3日の2日間で

これまで私たちが開催してきた2泊3日のカリキュラム研修ゼミと

やはり2泊3日の内観ゼミの計6日間のゼミを


なっ!何とたったの2日間が慣行しました。

でも受講された方たちはゼミの目的はご存知ですが

ゼミの内容は一切ご存知ありませんから

一体何が始まり、何を教わり、何を、どの様に学ぶのか

受講されて始めて知ることになるのですが・・・


でもそんな大忙しの全カリキュラムを

本当に短時間に、そして見事にやりこなされ

また吸収すべきは正確に吸収されました。



これには何百回となく主催してきた私たちも

本当に感心せずにはいられない程でした。



学ばれた5人、その中でも僅か7歳のエイミーちゃんも

シッカリと学ぶべきポイントは学んでいるんですからね!驚きです。



それにしても素晴らしい専修ゼミでした。

たった2日間のゼミでしたが

参加された5人の方たちの成長振りと変身振りには驚きを隠せません。


今後のおひとりお1人のご活躍がとっても楽しみです。


兎にも角にも受講された5人の皆さん

本当にお疲れ様でした。

そして各々の方が自らの力で『人生の目標』を明らかにされ

何ものにも負けない強さと

いかなる場合でも明るさを失わず

大いなる大愛を内に秘め

本当の自分自身でこれからを歩まれる心を自覚され

明日に向かう勇気と力を見出されたこと、

本当におめでとう御座いました。


これからの益々のご活躍をご祈念申し上げます。


そして、また何時の日かゼミでお目に掛りたいと想います。


更に、こうした専修ゼミの受講に興味がお在りの方は

受講されたご本人、

そう・・・MEDITATIONにお邪魔してnaokick君にメールでお尋ね下さい。

もしかしたら今後は、彼がゼミを主催されるかも知れませんから・・・(笑)


いずれにしましても

新しい人生のスタートを切ろうとしていた私に

こうした素晴らしい専修ゼミを開催させて頂けるチャンスを下さった

真理さんを初め参加者の皆様方に心より深く御礼申し上げます。

本当に、ありがとう御座いました。



と言うことで、では、また次回。。。。。   ホーリでした。 
 
 
 
 




2008年07月01日

新 思いっ切り生きようぜ〜ぃA

 
 
 
 
みなさ〜ん♪ こんにちわ。


さぁ!ついに7月1日を迎えました。

昨日までの古い私は死にました。(チィ〜ン♪)

今日からの私は新しい自分で生きて行きまっす!(笑)


自分で勝手に決定したことだとは言え、私にとって、
これからの3年間はこれまでの50有余年の総決算であり
且つまた我が人生の完成の3年間でもあります。

そう考えると何だかとてもワクワクして来ます。
何だが体の芯から力が湧き上がって来ます。
そして何だか言葉に成らない程の想いが
心に満ち溢れて張り裂けそうな位に膨れ上がっています。

この感じ、とっても久し振りです。

過去に数度、こうした経験をしましたが
その度に人生が飛躍的に激変して来たことを思い出します。


それからの3年間がもの凄く楽しみです。


その上、本日、夜半より2泊3日間、
河口湖畔のとある宿舎で私たち夫婦で「研修ゼミ」を開催することになりました。

このゼミの開催の切っ掛けは
何時もコメントを下さるカナダの真理さんのご希望によるものなんです。

このゼミの為に半年前から真理さんと打ち合わせを繰り返し
ついに今回のゼミ開催となりました。
ですから真理さんのお母上と真理さんのお子さんの3人は、このゼミを目的にご帰国されたんです。

凄い精神力ですね。

また不思議なことに真理さんのネット友達の中部在住の学生さんでチカシ君も。。。

また私の旧知のネット友達でリンクに貼り付けてあるMEDITATIONのnaokick君も。。。

それにしても今回の参加メンバーの顔ぶれを良く良く考えて見ると・・・・

        私小説『沈黙の黎明』
            ↓
 http://www.h3.dion.ne.jp/~naokick/SILENT/top.html

を読まれた真理さんが私にメールを下さったことが切っ掛けなんです。

その小説を管理してくれているのがnaokick君なんです。



でも今回のゼミ、少人数ではありますが

今までに無いゼミに成るのでは!とドキドキしている今日この頃です。


何せ、今回のゼミの最終目標は、

  自らの人生、何をさて置き、思いっ切り生きようぜ〜ぃ!

             なんですから!(笑)
 
 

 では、次回の記事更新は、ゼミ終了の3日以降に!
                 じぁ〜ねェ〜!バイバ〜イ!
 
 






気になるおケイコを手軽に検索「ケイコとマナブ.net」
おすすめのサイト