ドクターの幸せDNA > 過去ログページ
2009年05月28日

好物のホップコーンが・・・

 
 
 
 
みなさ〜〜ん♪ こんにちわ!

出張に次ぐ出張で少々ヘロヘロ状態のわたしです。


特に自治体さんの首長さんや担当関係者方に

低炭素社会に向けての政策提案を含めて

WINPRO社の小型風力発電から海上風力発電の企画などを

ご提案させて頂いています。



ところで全然関係ないことなのですが・・・


わたし、天塩風味のポップコーンが好物なのですが
(醤油バター味はどうも苦手なんですわ。)


このポップコーンが、最近、コンビニやスーパーの店頭から姿を消しています。


欲しい。食べたい。と思って、無いと余計に食べたくなるのが人情。

まして車で夜走りする際、眠くなったらポリポリ食べてると

目が覚めて来るんで重宝してたんですけどねぇ〜。



それで事あるごとに通りすがりのお店を捜して見るんですが


無いんですよ!これがッ!



やはりバイオ燃料精製の為にコーンそのものが入荷不足なんでしょうかねぇ〜。


誰か、この辺りの事情、ご存知ありません?


あぁぁぁぁ! ポップコーン、食べたぁ〜〜い。。。







posted by ホーリ at 01:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一言いわせて!時事ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年05月14日

もしも、あなたが「神」だったら・・・6

 
 
 
みなさ〜ん♪ こんにちわ!


今日のお天気、全国的に変な感じですね。
昨日など関東では真夏日だったのに・・・
一夜明けると、北海道のオホーツク沿岸地域で雪が降ったそうです。

北海道に居たころ、連休中の雪を経験しましたが
まさか5月の半ばに雪が降るなんて!

道内に住んでいる知人の話だと、未だに寒い日が続いていてストーブを消させないそうです。


地球温暖化現象は、実に多様な気候変化や変動を引き起こすとされていますが

確かに今までの経験など、とても通用しない様です。



さて前号に引き続きいてのお話です。



先ずはこれをご覧下さい。

一体、何だと思われますか?

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Debris-LEO1280.jpg

これは「スペースデブリ(space debris、デブリ)」または「宇宙ゴミ(うちゅうゴミ)」と呼ばれるものの画像です。

つまり「スペースデブリ」とは、なんらかの意味がある活動を行うことなく地球の衛星軌道上〔低・中・高軌道〕を周回している人工物体のことなのです。

それは宇宙開発に伴ってその数は年々増え続け、対策が必要となっているのです。


もっと詳しい情報は
    ↓
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%87%E3%83%96%E3%83%AA


さらに登録されている人工衛星をはじめとする宇宙ゴミの数は9000個を超えるそうです。


その画像が、ご覧頂いた地球を取り囲む白い点の数々なのです。


たった100年足らずで、人類は何と地球を汚してしまったのでしょうか?

地球全体のわずか3割に満たない地上で

7割に及ぶ海洋まで汚染し

地球全体を取り囲む大気の組織まで破壊し

挙げ句の果てには宇宙空間にまでゴミの山を放置している現実。


これらの全てが人間の利益や欲望を満たすための行為によって

生じた現象なのです。


そして人類が増加するに比例して

地球上の多くの生命体が滅んでいまいました。


このことを誰もが知りながら

でも誰も今の生活を本気で変えようともせず

相変わらず衣食住と富への欲望を追い求めています。


この在るがままの現状を

「神」なるあたなが観て、一体、どう思われるでしょうか?

そして、

一体、どの様にされますでしょうか?


 





2009年05月11日

もしも、あなたが「神」だったら・・・5




みなさ〜ん♪  こんにちわ!


またしても記事の更新に間があいてしまいましたね。済みません。

出張を終えて、関東に帰省しましたが、
大型連休の合い間をぬっての飛び飛びの仕事が舞い込んできまして・・・


これでも結構忙しかったんですよ。(冒頭から言い訳で始まってしました。(苦笑))



さて先日、妻がツタヤでDVDを借りてきてくれました。
ケースを取り出して見ると、新作の「地球が静止する日」だったんです。

確か、この映画は4〜50年前の作品のリメイクなのですが・・・

早速、見ましたよ。DVDを!


旧作のストーリーをフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』で調べると・・・

アメリカの首都ワシントンDCに銀色の円盤が着陸し、人間の姿で奇妙な服を着た男が現れた。
彼の名はクラートゥ。
自分は宇宙人であり、地球人には危害を加えないと語る。
しかし警備兵は彼に向かって発砲してしまう。
船体から巨大なロボットのゴートが現われ、周囲の武器を破壊しようとするが、クラートゥはロボットを制止した。

彼は大統領秘書に、地球上の指導者たちが核兵器や戦争による殺戮で他の天体の征服を考えるのは、他の星からの攻撃に繋がることを忠告したいと言った。
彼は地球人を説得する平和の使者であった。
指導者たちが彼と同席することを拒んだため、クラートゥは宿屋に住み街の人々に紛れ込んだ。
彼は科学者バーンハート教授と会い、使命の重大さを認識させるために世界中の電気を止めることにする。

しかしクラートゥの意図は誤解され、逮捕命令が出された。
軍に逮捕されたとき、彼は致命傷を負ってしまう。
ゴートは救出のためなら市の破壊も行う。クラートゥは使命を果たすことができるのか。

と書かれていました。

キアヌ・リーブス主演の新作は多少ストーリーに手が加えられていましたが
流石にCGが多用されて中々の迫力で楽しめました。

参考までに「地球が静止する日オフィシャルサイト」です。
             ↓
      http://movies.foxjapan.com/chikyu/


しかし、この映画が一番訴えたかった本当のテーマとは

非常に重要なものなんです。


それは

「地球人類が絶滅すれば、地球は救える。」と言うこと。


これは、まさしく現在、人類が直面している地球環境問題への
究極の解決策が示されている訳です。



そこでブログ記事のシリーズの

もしも、あなたが「神」だとしたら

現在の地球の惨状を観て、神なるあなたは、一体、如何されるでしょうか?

映画の主人公クラートゥの様に、
先ず地球の生物たちを救い出し、
次に人類と人類が生み出した副産物を悉く(ことごと)消滅させることを決断するでしょうか?

それとも映画の様に
結局は、人類の心に僅かばかり残っている良心と愛に進化への望みを掛けるでしょうか?


いずれにしても、これからの時代に在って、
世界の人々が必ず出さねばならない答えがあります。

それは・・・

人間としての尊厳とは?

そして・・・

地球にとっての人類の存在意義

他の生物達にとっての人類の存在価値に尽きると思います。


これらの明確な答え無くして

人類が自ら生み出した

人類が抱えるすべての問題の根本的な解決は無い。と思うのですが。


いかがでしょうか?
 
 








気になるおケイコを手軽に検索「ケイコとマナブ.net」
おすすめのサイト
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。