ドクターの幸せDNA > もしも、あなたが「神」だったら・・・3
2009年04月11日

もしも、あなたが「神」だったら・・・3

 
 
 
 
みなさ〜ん♪ こんにちわ!

やっとこさ! 出張を終えて無事帰還致しました。

今回は岡山まで深夜に車で一気走りし、香川、その後は京都、滋賀と走り回っての出張でした。

今回も新しい出逢い。 

そして仕事的にも、また社会的にも、
とっても意義深い数日を送らせて頂きました。


ありがたいことです。


さて本題に入りましょう。


私たち人間は、『神』についてそれぞれに「ある種の観念・概念」を抱いています。


ですが・・・・・


ここで改めて考えて見ましょう。


例えば、この地球上で人類以外の生命体たちは

果たして『神』を意識しているでしょうか?



宇宙大自然。

地上に於いては、山川草木に始まり

あまねくすべての生きとし生きるものたちは

『神』を知っているのでしょうか?



きっと地球に生きるものたちの中で人間だけが

『神』を意識している唯一の存在なのではないでしょうか!



そういう想いで改めて地球上のあらゆる動植物を観ると

どう、ひいき目に観ても意識しているようには見受けられません。


と言うことは、どうやら人間だけが『神』を認識しているようです。



要するに、他の生命体たちは

与えられるままに、在るがままに、

『神』が創り給もうた大自然の法則どおりに

大自然の摂理、真理通りに生きているように想えます。


つまり「在って、在るもの」の如くです。


この「在って、在るもの」とは・・・



そうです。

あの旧約聖書のモーセが『神』より語られた

『神ご自身』を意味する言葉です。



つまり『神』の「存在」とは

その字の如く「存(あ)って、在(あ)るもの」と言うことです。

『存在』と言う文字は、実に「存(あ)って、在(あ)るもの」そのものなのです。


しかし乍、このことを正しく理解できる「存在」は、

この地球上には人間しか居ないのです。


なのに、その人間が、事も在ろうか、

それぞれの民族は、その風習や文化、歴史などで

『神』に対するイメージを区々(まちまち)に造り上げ

実に様々な宗教、宗派、宗門で人々の心を縛り付けてしまいました。


本来『神』に、宗教や宗派は一切関係ありません。

宗教や宗派、宗門はすべて人間が造り上げたものに他ないのです。



この事を正しく識(し)り、正しく理解することか肝要です。


そうでないと、このブログのシリーズは間違った方向に進んでしまいます。



ですから改めて読者の皆さんに『神』について再認識をお願いしたいと想います。



つまり『神』とは・・・

この世のすべてのエネルギーの中心であり、この世のすべての生命の源である。と言うことです。

従って、この世のあらゆる有形物質を形作る以前の

物質の元となる元素群を形成するエネルギー源である。とも言えます。
(俗に言う原子、分子の世界に存在するエネルギーも同様です。)


そして私たちにとっての「大切な命(いのち)」そのもの。とも言うことが出来ます。


つまり「いのち」こそ『神なり』なのです。


とすると「もしも、あなたが神だったら・・・」は

何も特別で、突飛な問い掛けでは無い。と言う事になりますよね。


何故なら、あなたの命は『神』そのものなのですから。


だからこそ、あなたにとって「何よりも大切なもの=命」となるのです。


では、その「神なる生命」を通して

他のすべての生命体を観ると・・・


草花も木々も、虫も動物たちも、

すべての総てが生命の同胞兄弟となります。


と、なると私たち人間だけの事を優先して思い、考えて

やって行くのは間違いだ。と言う事になりますよね。


どうやら、この辺りに人類の歩みの間違いが観えて来そうですよね。



次回はこの辺りを掘り下げて見ましょう。
では、またお目に掛れる時まで・・・。 
 
 
 








気になるおケイコを手軽に検索「ケイコとマナブ.net」
この記事へのコメント
▼o・_・o▼コンニチワン♪
風車の話ですけど、Googlに「逆転の発想が突破口」と入力して検索すると出てきますよ。
ホーリさんは忙しいから時間短縮になると思いまして、おせっかいかもしれませんが。
Posted by むっち at 2009年04月18日 15:21
むっちさ〜ん♪ こんばんわ!
日曜日は早朝から関東を出発し、新潟で一仕事、その足で高速をブッ飛ばして月曜の朝方に岡山に到着。
昼から予定をこなして、一旦、ホテルにチェックイン、すぐさま明日の予定を確認後に爆睡。
今、目覚めました。(笑)

むっちさんに、先日、教えて頂いて速攻、調べましたよ。
とてもいいアイデアですが・・・、ただ・・・、私の見た限りでは耐風速(60m/秒)や風切り音、それとブレーキシステム、そして特に今問題になっている低周波の発生など課題が大きい様に見受けられました。

風力発電機って突き詰めて行くと、とっても奥が深いんですよ。
私たちWINPRO社、これらのすべてを解決するノウハウと技術を集積し、特許を取得しているんですよ。
また、現在公表していませんが、更なる進化も遂げ、次々に世に送り出そうと準備を進めているところです。

わざわざのコメント、本当にありがたく感謝でっす。
Posted by ホーリ at 2009年04月21日 00:31
▼o・_・o▼コンニチワン♪
アメリカのオバマ大統領が電力量の20%を風力発電機にするといってるから、アメリカへ輸出するといいんではないですか。
Posted by むっち at 2009年04月24日 18:44
流石!むっちさん!

実は、既にWINPRO USAの準備に取り掛かっています。
それも新エネルギー分野に進出しようとしているGoogleにアクセスの準備も秘密裏に進めているところなんですよ。

いつもコメント、ありがとう御座いまっす。
Posted by ホーリ at 2009年04月24日 21:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/117252233

この記事へのトラックバック
おすすめのサイト