ドクターの幸せDNA > 続 世界初の住宅開発だっ!
2009年07月26日

続 世界初の住宅開発だっ!





みなさ〜ん♪ こんにちわっす!


さて先日のゲリラ豪雨、山口と九州では大変な被害でした。
被災されました方々には、心からお見舞い申し上げます。


地球温暖化の影響は、本当にジリジリと迫り

突如として、この度の様な局所的な集中豪雨がゲリラの如く襲いかかります。

更に地球温暖化の現象はは、ゲリラ豪雨による多量な雨のために生ずる地崩れや土石流だけに止まらず、ある地域では旱魃(かんばつ=日照り続き)や渇水による農作物の被害など。

海洋に於いては海水温度上昇による回遊魚の極端な増減などでの漁業への影響も懸念され、

また異なるシーズンには地域的な豪雪や、本来降るべき地域での降雪量の激減など。


私の知る範囲だけでも色々な被害が知らされて来ます。



こうした自然環境を背景に

国内の産業をはじめ、私たちの生活も大きな改善を迫られていると確信しています。


今回の『世界初の住宅開発だっ!』の記事も

実のところ、そうした背景も考え合わせてコンセプトを組み立てているのです。


過去記事の『家を建てるなら〜♪』シリーズでも何度も触れていますが

私たちが生活する場である住宅そのものも

もっと進化を遂げなければならないと考えています。


わが国では新エネルギー対策として太陽光発電に対して

国も積極的に助成金を出していますが

私は、この政策にはとても懐疑的な疑いを抱いています。


特に今年から新たな助成制度を儲け、

これからの新築物件の60%に太陽光発電パネルを設置する方針を打ち出していますが


これはまったく馬鹿げた政策である。と言えます。

何故なら、太陽光セル(パネルの意味)を製造する為の原料の

シリコンの原産地は、中国。

その中国ではシリコンを精製する為に大変な環境破壊を続けています。
              ↓
http://japan.cnet.com/news/biz/story/0,2000056020,20369158,00.htm

また太陽光発電に於けるこんな盲点もあります。
         ↓
http://blogs.yahoo.co.jp/first_noel/57716407.html


これではわが国の政策は、まるで自分さえ良ければいい的な行為にしか見えて来ないのです。


更に太陽光発電で発電された電気の買取システムにも大きな問題が隠れています。


それは買い取った電力会社は、その買取電力を再使用することなく捨てている。と言う現実です。


これでは国と電力会社の見せ掛けの行為に他ならず

また太陽光パネルの設置に助成金と言う名の「税金投入」自体が

詐欺行為だと言われても仕方ありません。


こんなだから自民党は見捨てられるのでしょうね。



さて皆さんは、もうご存知かも知れませんが

シリコンを一切使わない新型の太陽光パネルが開発されました。

           これです。
             ↓
http://www.afpbb.com/article/economy/2338087/2532981


私は、現在、計画中の新エネルギーを取り入れた

環境共生型健康住宅には、このパネルを設置したいと考えています。

この新型太陽光パネルのスペックは、また後ほどご紹介させて頂きます。


では、本日は、この辺で!
 
 





posted by ホーリ at 00:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 新 家を〜建てるなら〜♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

気になるおケイコを手軽に検索「ケイコとマナブ.net」
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
おすすめのサイト
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。