ドクターの幸せDNA > またまた出張帰りだょ〜ん♪
2009年10月13日

またまた出張帰りだょ〜ん♪

 
 
 

みなさ〜ん♪ こんにちわっ!



またしてもご無沙汰更新になってしまいました。

先日、何と56歳の誕生日を迎えたおっさんのわたし。
精神年齢は35歳で止まったまんまなのですが
肉体年齢だけが勝手に進んでいくんですよ。(苦笑)


そんなおっさんが、先日11日の日曜午前3時に家を出て、

連休中の高速道の混雑を掻い潜り

岡山に同日の夕刻4時に到着。

その足で6時から2時間ほどの会食に出席し

夜の9時にホテルでシャワー&ベッド・イン。


翌12日月曜日の祝日に早朝6時半にホテルを出発して

新神戸駅近くのホテルで10時に打ち合わせ。

2時間半で打ち合わせ終了し、

神戸市内で、チョッとゆったりと昼食&珈琲タイム。

その後、名神高速の大渋滞をかわす為にナビを無視して

滅茶苦茶混雑した神戸市内の国道2号線をトロトロと走り

途中、高速に乗っかって焦らずノロノロと流れに沿って

真夜中に中央高速を上って

無事、12日の今朝3時半に神奈川に到着。

往復時間24時間を軽く超える強行出張をこなしました。


あんまり歳のことは言いたくないけど・・・・


やっぱ疲れたわぁぁぁぁ〜。。。



さてさて、そんな昨今、またしても気になるニュースがっ!


温暖化進めば…真夏日2倍、熱帯夜3倍に 今世紀末予測 

                 2009年10月12日8時13分印刷


 地球温暖化がこのまま進むと、今世紀末には日本で真夏日が最大で2.1倍の78日に、熱帯夜は3.3倍の57日にも増える――。こんな最新予測を、文部科学省と気象庁、環境省がまとめ、9日発表した。

 最高気温が30度以上の真夏日は、20世紀末に年に36日だったのが今世紀末には78〜54日、2.1〜1.5倍に増える。35度以上の猛暑日も2日だったのが25〜9日に。最低気温が25度以上の熱帯夜は、17日だったのが57〜35日で、3.3〜2倍になる。

 2050年ごろでは、真夏日が50日程度、熱帯夜は30日程度と予想される。

 一方、最低気温が0度未満の冬日は、57日だったのが19〜32日に減少。年間降水量は5%程度増え、1日100ミリ以上に達する大雨の日が、九州南部以外の多くの地域で増えると予測した。

 この100年で1.1度上昇した日本の平均気温は、今世紀末までの100年で4.0〜2.1度上昇。高緯度ほど影響が大きく、世界平均より0.6〜0.3度も上昇幅が大きい。今世紀末に気温が3.2度上昇した場合、洪水や土砂災害、ブナ林や砂浜の喪失、熱中症などによる日本の被害額は年間約17兆円増えると試算した。

 気候関係の試算は、最新の観測データをもとに、国連の「気候変動に関する政府間パネル(IPCC)」の第4次評価報告書(07年)が想定する温室効果ガスの排出見通しに応じて3パターンで計算した。IPCCが想定する最悪パターンは計算しておらず、真夏日や熱帯夜がさらに増える可能性もある。(桜井林太郎)



だそうですぞ。

この記事を読むだけでは「なんだかなぁ〜。。。」ってな具合に

あまり実感が湧かないかも知れませんが、

分かり易く言えば北関東辺りまでが沖縄の様な気候になる。と言うこと。


それに併せて台風や豪雨、洪水、高潮などが頻繁に発生することも予想され、

今までの生活環境や社会環境が激変することになります。


それは当然、仕事面にも大きな影響を及ぼし

経済システムにも甚大な被害をもたらすことに繋がります。


今から国政だけでなく、企業も個人も根本的な総合対策が必要な時代なのです。
 
 







posted by ホーリ at 19:20 | Comment(4) | TrackBack(0) | みなさん、ニュースです。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

気になるおケイコを手軽に検索「ケイコとマナブ.net」
この記事へのコメント
▼o・_・o▼コンニチワン♪
その後お元気ですか。
お久しぶりです。
ちまたでは太陽電池やらリチューム電池やらにぎわしいですが、風力発電機のほうはどうでしょうか。普及ははかどってますかね。
太陽光発電は補助金が出るそうですが、風力発電機と併用だと補助金がカットになってしまうと言う中途半端なことになってますが。
Posted by むっち at 2009年10月21日 17:17
おぉぉぉ! むっちさん!こんにちわ。
コメント、ありがとう御座います。

風力発電、大丈夫ですよ。
太陽光発電は、既に製造過程での消費エネルギーの莫大さや製品のスペック通りに発電量が得られない。などの問題点がクローズアップされて、最早、限界に達しているのが実態です。
今後、政府が各国に確約したCO2−25%を実現するには風力や水力などを積極的に取り入れなければ不可能なんです。
と言うことで、当方は各省、各自治体からお呼びが掛り、大忙しの毎日で御座りますぅ〜。(苦笑)
Posted by ホーリ at 2009年10月24日 16:16
ご無沙汰してます(o*。_。)oペコッ
そして、お世話になってますnaokickです。
ただいま色んなHPを久しぶりに巡回してますw
先ほどしげえ隊長のとこにも足跡残してきました(笑)

それはそうと、お誕生日おめでとうございます。
お祝いが遅れてしまい、誠に申し訳ないです。
最近知人の誕生日を忘れないように、と携帯のカレンダーに登録しているのですが、ホーリ先生の誕生日登録されてなかったのです、、、
今更ですが、お教え頂いてもよろしいでしょうか(;´▽`A``

結婚記念日は覚えてますよ、良い夫婦の日ですよねw
あのときの衝撃は今でも覚えてますよヽ(`▽´)/

つい先日も竜巻のニュースをやっていましたが、気候の変化はもはや避けられないものになってしまってるんでしょうか。
今日もやけに冷え込んだと想ったら、明日からはまた暖かくなる。
今後も温暖化が進むと季節風が弱まり、暖冬になるとの専門家の話もテレビでやっていましたが、気候が不安定になって困るのは人間だけじゃなく、全ての生態系に影響が出るのは間違いないですよね。
なのに加害者は人間だけである。
こんな不条理、不納得です、やっぱり。
なんとかしないといけないですよね。。。
口に出せない生物達、聞こえないからといって独走を続ける人間達。
どちらが本当の正義なのでしょうか。
正義という言葉を作った人間が正義なのでしょうか?
ちょっと、どうなのかなと想ったりしてしまったnaokickなのでした。
Posted by naokick at 2009年11月04日 00:32
naokick殿 ご無沙汰なりぃ〜。。。
お元気そうで何よりです。先日もnaokick殿のHPを覗いたんですが、更新されていなかったものでそのままスルーしてしまいました。

誕生日ですか?
また後日メールしますね。

地球温暖化、恐らく世間で言われている以上に深刻化していると考えています。
毎日、目まぐるしく変化する天気など、表面的気象の変動はご存知の如くですが、潜在的要因(世界分布による海水温の上昇や海流の変化など)を考慮すると、表面化するまでに2〜3年位のタイムラグがありますからね。
でも、こうした気候変動も結局は人間が引き起こした現象ですからね。

何時になったら人間は、本当に正しい生き方、在り方、考え方に立ち返られるのでしょうね。
Posted by ホーリ at 2009年11月06日 22:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
おすすめのサイト
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。