ドクターの幸せDNA > どうせなら夢の住宅、建てちゃおぅ!A
2009年11月22日

どうせなら夢の住宅、建てちゃおぅ!A

 

みなさ〜ん♪ こんにちわぁ〜exclamation×2


何と急に冷え込んで来ましたねぇ〜。。。

風邪、大丈夫ですか?

新型インフルエンザ、益々、広がっている見たいですので、

どうぞご自愛下さいませよぉ〜。



さて前回に引き続き、

『新エネルギー活用環境共生型健康住宅』の特許について

表題だけではありますが、その実態、実相がうかがえられる様に

思い切って前文をご紹介致しましょう。


 【0003】
 また、電気以外の住環境の面では、大気汚染防止、室内建築材に含まれる化学物質による室内空気の汚染防止、飲料水の水質確保等の諸点が要望されている。
一方、国際的観点からは、国際機関であるWHO(世界保健機関)が「WHO環境保健基準」を提唱している。

このWHO環境保健基準は、住宅環境が人の健康に及ぼす影響を、住空間への太陽光及び照明器具等からの放射線や紫外線等の基準、電磁波基準、室内空気基準(ホルムアルデヒドなどの化学物質)、健康的な温度・湿度の基準、飲料水基準等を定めるものであり、これらの基準に基づき電気、空気、飲料水、環境負荷の全ての面で住環境を総合的に改善し、健康的に良好な住環境を指向しようとするものである。

 【0004】
 また、日本の住宅の建築工法に着目すると、地球温暖化により、近年、高温多湿化しつつある現在、在来の木造軸組み工法の住宅では、結露による腐朽菌繁殖にり構造体の建物強度の低下や、結露によるカビやダニによる健康障害を誘発していると指摘されている。

また、国土交通省のデーターによると住宅建て替えるまでの年数が、アメリカ60年・ドイツ80年・イギリス100年に比較し、日本では26年と格段に低いのも高温多湿の影響が深く関わっているとされる。

そして、200年住宅構想が基盤となり、平成21年6月4日に、長期優良住宅の普及の促進に関する法律が施行され、かつ、長期優良住宅の認定基準が策定された。

 この長期優良住宅の認定基準では、劣化対策、耐震性、維持管理容易性、可変性、バリアフリー性、省エネルギー性、居住環境等が定められている。

 【0005】
 特許文献1には、住宅等に設置される風力発電設備、太陽発電モジュールを利用した自然エネルギー発電設備、前記風力発電設備、太陽発電モジュールからの発電電圧を入力して制御する入力制御装置と、発電出力を蓄電するバッテリー、入力制御装置から受け取った発電電圧を昇圧する昇圧回路等を備えた昇圧装置、昇圧装置の出力端から出力された電圧を商用電源に向けて売電するための接続装置であるパワーコンディショナー等を有する電力供給接続装置が提案されている。

 【0006】
 また、特許文献2には、住宅等に設置される太陽光発電電力、深夜蓄電電力併用式で、深夜電力の利用促進と昼間時に生じるピーク電力の深夜への移行で、電力負荷の平準化をはかり、また、蓄電池の蓄電電力の電力会社への逆送電の阻止を実現するように構成した太陽光発電・深夜蓄電併用式の家庭電力供給システムが提案されている。

 【0007】
 しかし、これらの特許文献1、2を含め、住宅における電気、空気、飲料水を含む各種環境負荷の点、200年住宅構想に基づく長期優良住宅の認定基準点、居住者の健康障害軽減の点等の全ての面で住環境を総合的に改善し、健康的で良好な住環境を構築し得るような健康住宅関連システムが存在しないのが実情である。

【先行技術文献】
【特許文献】
 【0008】
【特許文献1】特開平11−332108号公報
【特許文献2】特開2002−017043号公報

【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
 【0009】
 本発明が解決しようとする問題点は、風や太陽光のような自然エネルギーを有効に利用しつつ、住宅における電気、空気、飲料水を含む各種環境負荷の点、送電損失の点、200年住宅構想に基づく長期優良住宅の認定基準の点、居住者の健康障害軽減の点等の全ての面で住環境を総合的に改善し、健康的で良好な住環境を提供し得るような独立電源型の自然エネルギー活用環境共生型健康住宅が存在しない点である。

【課題を解決するための手段】
 【0010】
 本発明は、重量鉄骨を用いた重量鉄骨工法を採用するとともに、環境負荷低減建材を用いて構築した住宅本体と、前記住宅本体における所要の箇所に各々配置されたLED照明器具と、前記住宅本体における所要の箇所に各々配置されたAC電力供給部と、前記住宅本体に設置した風力発電設備、太陽光発電パネルの双方又はいずれか一方からなる自然エネルギー利用独立型の発電手段と、前記発電手段により発電する発電電力を蓄える蓄電手段と、前記蓄電手段からの出力電力を受電し、前記LED照明器具点灯に必要な直流電圧、前記AC電力供給部に供給するAC電圧に調整し個別に出力するとともに、発電電力監視、蓄電手段監視、消費電力監視を行う監視手段を備えた電力総合コントローラと、前記電力総合コントローラの直流電圧出力部と前記LED照明器具との間、及び、前記電力総合コントローラのAC電圧出力部とAC電力供給部との間を各々接続する電磁波低減対策を施した2系等の電気配線系と、を有することを最も主要な特徴とする。

【発明の効果】
 【0011】
 請求項1記載の発明によれば・・・・・・・、

以降の請求項は、機密事項にて割愛させて頂きます。ゴメンネ。


さて、そこで、私どもは、今年から来年初頭までには

つくば市に土地を購入し、

その土地に実際に『自然エネルギー活用環境共生型健康住宅』を

実証データーを集積する為に、実験棟として建設する予定です。


これからハウス・メーカーさんと綿密な打ち合わせを行い

私たちが考える住宅システムへの取り組みが始まるのです。


土地が決まり、実験棟の着工が始まりましたなら

このブログで随時ご紹介させて頂きますね。

それまで暫しお待ち下さい。



因みに現段階の計画では、1階部分は完全バリアフリーとする為

玄関エントランスから廊下や各部屋は一切の段差を無くし

また靴のまま家に入っても良いようにセラミック・タイルを使用します。

当然、壁や天井には天然素材を使用します。

その他、内壁の断熱材も新しい断熱材を使用し、

床暖も炭素繊維を使った新しい暖房システムを導入します。


こうした新素材や新システムを活用し

大幅に消費エネルギーを削減します。


つまり目指すはCO2排出ゼロの住宅なのです。


みなさんも、是非、ご自身で自分だけの家づくりに

チャレンジして見て下さい。

結構、楽しいですよ。(笑)

               では、また次回に。。。





posted by ホーリ at 22:30 | Comment(2) | TrackBack(0) | 新 家を〜建てるなら〜♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

気になるおケイコを手軽に検索「ケイコとマナブ.net」
この記事へのコメント
またまたお久でございます!
なんだか着々と計画が進んでおられるようで嬉しいかぎりです。しかもここまでの前文紹介どえらい出血大サービスでんがな!読めば読むほど今までの住宅に関する考えとまったく違う革新的なものを感じます。
なんだか近々ついに実際に着工するとのこと!僕も将来もし家を建てるなら〜♪自然エネルギー活用環境共生型健康住宅を買うと決めてるので今後の記事をますます楽しみに興味津々に読ませてもらいま!
ではでは最近は急激に寒くなったり、と思いきや暖冬ぶりを発揮したりと不安定な天候ですが体調お気をつけくださいましよ〜!
Posted by しげえ at 2009年11月26日 09:22
おおッ!しげえ隊長殿、お元気でしたかッ?
PC(?)、いや何チャラってのが調子悪くてPCが使えないって言ってはったんですが、もう直りましたん?
時々隊長ん家を覗いて見るんですが、更新が止まったまんまなので心配してましたがな。

はい。長年培って来たアイデアやノウハウ、新素材や考え方をコッタクリに盛り込んでの「夢の住宅」を取りまとめて見ました。
中々の内容で、弁理士さんも大盛り上がりでしたよ。
実験棟が完成したら、是非、見学に来て下さいましなっ。

新型インフル、お互いに気をつけましょうぞぃ。
Posted by ホーリ at 2009年11月26日 19:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/133639413

この記事へのトラックバック
おすすめのサイト