ドクターの幸せDNA > 五軍から五行学 実践編G
2005年06月11日

五軍から五行学 実践編G

みなさん、どうもぉ〜!
何時もご愛読頂きありがとう御座います。

今日の夕方、東北の然る大学の薬学博士からお電話頂きました。
当NPOの健康開発の指導をして下さっている先生なんです。

先般、私が出張で岩手県に出向いていた時にお電話したのですが、何と奇遇な事にその先生も直ぐ近くの岩手の大学にいらっしゃったんです。
でもお互いに時間が合わず、結局本日色々とお話しました。

岩手の仕事は温泉旅館の増改築資金の調達とオープンに於ける様々なコンサルティングなんですが、その温泉の泉質を薬学的に分析解析して頂きたいとお願いしたんです。

どうも日本の温泉法は曖昧で解かり難いので、何のミネラルが一体どの様な効果があり、何の疾病に効能があるのかを薬学的見地で解説を。とお願いしたと云う訳です。

それと旅館内に漢方薬を調剤できる健康医学研究所も企画中なので、それも相談しました。

そうした伝統医学に深く関わるのが、昨日の五軍なのです。
現在の漢方では五軍がその処方に加えられたりしていますが、それは近年の事。

古来からの本物の漢方処方には五軍は一切存在しません。

何時、誰が、何を根拠に加えたのかは不明ですが、五軍を食せば血液がドロドロになる。と云う実験結果も在るんです。

さて、今日は、その五軍に深い関係のある一理万類学の中の五行学をお話しましょう。五行の五とは、木・火・土・金・水の五つの要素を現わしたもので、行とは運行の意味となります。

つまり五行学説では、すべてのモノや現象には、木・火・土・金・水と呼ばれる五つの要素が含まれており、お互いに変化し、影響し合い成り立っているものとしています。

例えば方位で、東・南・中・西・北があり、季節では春・夏・長夏(土用)・秋・冬があり、自然界の盛衰の過程では、生・長・化・収・蔵の過程があり、それぞれ木・火・土・金・水の要素を含んでいるとしています。

昨日の五臓の例えでも、五臓の生理を考えると、木は成長・発散を促す働きがあり、肝臓は木の要素を大量に含むのです。
火は炎上させる働きがあり、心は火の要素を大量に含むのです。
土には万物を生化させる働きがあり、脾臓は土の要素を大量に含むのです。
金は収納・変革を促す働きがあり、肺臓は金の要素を大量に含むのです。
水には潤す・下降・寒冷などの働きを促す要素があり、腎臓は水の要素を大量に含むものである。としています。

例えば肝臓を例にすると!
肝臓は五臓の内でも木の要素が強い臓器です。
そして木の性質を帯びた肝は、樹木が伸びるように木血を全身に順調に巡らせる働きがあり、また精神的にのびのびし、ストレスの無い状態を好みます。

しかし、ひとたび外界からストレス性の刺激を受けると、のびのび出来なくなり、イライラする、怒りっぽいなどの感情(五情の怒)を顕わす。

これは樹木に上から圧迫が加わると、枝が伸びきれなくなる状態と似ています。

肝がこのような状態の時には、筋肉がこわばり(五主の筋)、顔には青筋(五色の青)が浮きで、目尻がつり上がります。

また春(五季の春)には、肝と関連する病気が多く、治療には酸味(五味の酸)を持つ薬物を多様します。

以上の例からも、五臓を始めとした各部分は、それぞれ五行の要素を含んでおり、その為、それぞれの特性もまた五行の特性の上に成り立っている事が理解出来ると想います。

五軍を食すべからず!
その意味が、五行学を学べば、より明確に成りましたね。

では、また。良い一日を!バイバイ〜!




posted by ホーリ at 00:40 | Comment(0) | TrackBack(1) | C幸せDNA実践編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

気になるおケイコを手軽に検索「ケイコとマナブ.net」
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/89097726

この記事へのトラックバック

四柱推命占いは個性的なものと四柱推命のルーツを知る
Excerpt: 暦法の五行学というものを利用して、いろいろとみていくようです。 四柱推命占いによ...
Weblog: 四柱推命占いは無料でマニアックに相性も調べよう!四柱推命の命式もあり幸福になる大運を!
Tracked: 2007-08-07 15:11
おすすめのサイト