ドクターの幸せDNA > 新 幸せDNA
2006年06月07日

あぁ〜!ありがたや。

みなさん、またしてもご無沙汰なりぃ〜〜〜。でした。

実は、毎日都内でお仕事って訳では無いのですが、何かと調べ物をしたり、色々と入ってくる相談事や新しく開発された製品についてのアドバイスをしたりと、バタバタしておりました。

そんな時、本日も、とある人と打ち合わせをしていた時に妻の携帯が・・・。

妻は、今、打ち合わせ中であることを告げ、うんと遅くなってしまっいましたが、先ほどの10:30頃、電話の主に折り返しの連絡を入れた様でした。

その電話の主こそが、かつてこのブログにも登場した事のあるSUNちゃんその人だったのです。

妻は、そのSUNちゃんと暫らく電話で話していたらしく、調べ物をしていた私の側に来て「ねぇ先生、SUNちゃんがね、2週間に渡って自分のお休みを使って私たちの家に来てくれて雑草取りをしてくれたんだって!それは凄かったらしいですよ。雑草が!タンポポも伸び放題で・・・。大変だったでしょうに・・・」

私たち2人、思わず顔を見合わせて・・・

「本当!そりゃ〜申し訳ないなぁ〜!冬は冬で雪かきをしてくれたり・・・。本当にありがたいことだなぁ〜。身内だって中々そこまでしてくれないよぅ!」
「ホント、そうですよねぇ〜。ありがたいことですよ!」

実はとても気になっていたんです。
何せ2ヶ月近くも留守にしているんですから。

出張に出掛ける時には、まだシッカリと雪が残っている状態でしたしね。

そもそも2週間ほどで出張を終える予定で出発したものですから。

私自身もマサカ2ヶ月も出張が伸びるとは思いも寄りませんでしたから。

ですから、きっと庭の草が伸び放題の荒れ放題になっているんじゃないのかなぁっと思っていたところだったんです。

そもそもSUNちゃんちから私の家までは車で4〜50分は掛かります。
その道のりをガソリンを使って、わざわざ走って来てくれている訳です。

しかも30坪ほどもある芝生の庭を一人で黙々と雑草取り。
これだけでも足は痺れるし、腰も痛くなるし、汗も掻くでしょうしね。

それを自分自らの想い一つで進んで行うSUNちゃん。

その無償の行いには、本当に頭が下がります。

元々SUNちゃんって女性は、不言実行型の人なのですが、決して出しゃばらず、ソッと人知れず愛を行う事が出来る人なのです。

それもさり気なく、それでいてそつなく。

それとSUNちゃんが雑草取りをしていた時、2度ほどゆっくりと通り過ぎる車があったそうで・・・。

何だか不信な車だなぁ〜。。。と思っていたら、これまた私の教え子のユカちゃんって娘が私の家を捜していたそうで・・・

このユカちゃんとは、先月東京都町田市で偶然に逢ったばかりで・・・

その時、私自身も彼女が北海道の我が町に引っ越して来た事を知った訳で・・・

帰省したら遊びにお出でよ。って言ったのですが・・・。
言った本人が、まだ出張中なんて!ねぇ・・・(苦笑)

いずれにしても、北海道に帰省したら一番にSUNちゃんちにお礼にお伺いしなくては!っと妻と2人で話したところです。

本日は、とってもありがたいなぁ〜。と言うお話でした。


愛って色々な与え方、現わし方があるものです。

さて、あなたは、誰に、どの様に与えていらっしゃいますか?そして、どの様に伝えていらっしゃいますか?

どうぞ、あなたも愛と幸せを与える素晴らしい達人に! ねっ!




posted by ホーリ at 00:22 | Comment(0) | 新 幸せDNA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2006年04月27日

ブログ開設1周年記念講座

みなさん、こんばんわ。

大阪での仕事も想った以上に順調に進み、それはもう順風満帆な様相です。

さて昨晩、ブログ開設1周年に際して、みなさまから沢山のご祝辞を頂き、心より厚く御礼申し上げます。
早速、ご返事を書き、続いて記事を1時間ほど掛けて書き上げ、イザ更新しようとした途端、フリーズしてしまって・・・・・

手も足も出ず、猛烈にガッカリした後、仕方無しに電源を落として悔やみつつ寝てしまいました。(苦笑)

何せ、昨日は朝5時に起床し、6時過ぎの新幹線で大阪に向かい、到着早々に府内をアチコチ走り回ってヘトヘトだったもので・・・・・。

今も、一旦ホテルに帰り、メールチェックした後の更新です。
この後、夜の会食で再び出掛けなければなりません。


さて、ブログ1周年の話題にお励ましのご祝辞を頂き、胸が熱くなりました。

特に私のブログの隠れファンでいらっしゃった「まこさま」のコメントには凄く感動し、目頭がウルウルしてしまいました。

>ホーリさんブログ1周年おめでとうございます
>スタートした頃からずっと読ませてもらってました
>もう1年がたつんですね 早いなあ
>ブログランキングで上位を目指したり懐かしいです
>ホーリさんのブログが好きな人たちのパワーに嬉しくなったり
>もちろん私もガンガン投票させてもらいました
>ベスト5に入ったときは興奮したあ
>たまにああいったお祭りを起こすのも楽しいかもw
>このブログを読んできた1年と読まなかった1年では
>私にとっては大きな大きな差があったと思います
>幸せについて、環境について、人間について・・・
>いろいろなことを考えさせられ成長させてもらったような気がします
>これからもファンの一人としてホーリさんのブログを読み続けていきますね
>2周年3周年と続くことを願っております
>初めてコメント書かせてもらいました〜(緊張;)

まこさま、隠れファンを脱してのコメント、迷った末の勇気を振り絞ってのコメントだったことと想います。本当にありがとう御座いました。

更に学びの道での仲間であるSTEPさん、困難と闘う勇気在るふかみさん、お茶目で頑張り屋さんのナチルちゃん、新しい仕事にチャレンジしながら頑張っているnao65さん、そして仕事に英会話にと多彩な経験を積み重ねつつ女性としての豊かな感性で素晴らしい女性を目指しているfirstさん。

みなさん、皆さん、温かいお言葉、本当にありがとう御座いました。

みなさんのお陰様でブログ1周年を迎えることが出来ました。


皆さかんらのご祝辞にお答えしたく、また1周年を記念してのミニ講座です。

今回の大阪の仕事で順調に進んだのも、実は私の知人のご支援があっての事。

私の仕事の多くは、企業人が頭を抱えたり、行き詰ったりした事柄の相談と解決と言う特殊な内容のものばかりです。
ですから、思えば実に多くの方たちの支援や協力があるからこそ、考えた通りに旨く進んで来たのも事実です。

つまり「持つべきものは、最良の友」と言うことなんです。

私は常々「人生50年」と思っています。
ですから52歳の私にとっては、2年も余分に生きさせて貰っている訳です。

それに3年ごとに自分の命日を定めています。
ですから後1年弱で定めた命日を迎えます。

命日まで1年ちょっと。
況してや50年を越えて、2年も余分に生きさせて貰っている今、みなさんにお伝えしたいことは・・・・・

一人でも多く、素晴らしい心を持った最良の友、知人を見出し、利害や損得、安否を超えた人間らしい関係を築いて欲しい。と願っていると言うことです。

確かに言葉で言うのは簡単なことです。
しかし、貴方自身が自らの心の中心に純粋さと高潔な愛を自覚していれば、必ず同じ心の持ち主が観えて来る筈です。

何時、いかなる時でも純粋さと高潔な愛を失わず、寧ろ誇りを持って生きて頂きたいと願います。

私たちの周りには数え切れないほどの人たちが行き交っています。
そんな中に必ず素晴らしい心の持ち主が居る筈です。

人生には実に様々な出来事や不測の事態も起こり得ます。
自分一人の考えや力では、どうしようもない事柄だってあるのです。

そんな時、今までの友人や知人、況してや親兄弟ですら如何にもならない事だってあるのです。

そんな時にこそ、最良の友が大切なのです。
利害や損得、安否に関係なく、本気で話を聞いてくれ、自分のこと以上に悩み、そして身を捨てて対処してくれる。
これこそが「持つべきものは、最良の友」なのです。

私がこのブログを始めた切っ掛けも、そして未だにこうして掻き続ける理由もそこにあります。

このブログを読まれる一人ひとりの人生の杖になれれば。

それも「転ばぬ先の杖」として。
或いは「転んだ時の起き上がる支えの杖」として。

更には貴方の良き友となれれば。と願っています。


どうか、今後とも末永くよろしくお願い申し上げます。




posted by ホーリ at 18:40 | Comment(2) | 新 幸せDNA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2006年04月11日

五葷に続いて

ど〜も!みなさん、こんばんわ。
只今、帰宅致しました。

今日の北海道、朝からまるで「春台風の如し」でした。
道行く人も風に煽られ、歩きにくそうでしたし、自転車の人も押して歩く人ばかりでしたね。
特に可愛そうだったのは女性です。

折角、お洒落しているのにヘアーが風で巻き上げられ、ものの怪の様な様相で歩いてましたよ。

さて今日1日、強烈な五葷のお陰で昨日に引き続いてお腹の調子も今一で、安心してオナラも出せない1日でした。(爆)
でも、そう言う経験、みなさんにもお在りでしょ?(笑)

          さてさて昨日は
五葷ニラ・ニンニク・ラッキョ・アサツキ・ネギ    についてと
五臓肝 ・ 心 ・ 脾 ・ 肺 ・ 腎          そして
五常仁 ・ 礼 ・ 信 ・ 義 ・ 智i     についてお話しました。

五常とは、人の常行うべき五つの道のことです。
           その逆が
五賊と言って 喜・楽・慾・怒・哀    で現わされ「人が物事を損ない害する意識」とされています。

           それと
五臓に伴って五腑と言うものもあります。

五腑胆 ・ 小腸 ・ 胃 ・ 大腸 ・ 膀胱

さて、如何でしょうか?

ニラ・ニンニク・ラッキョ・アサツキ・ネギ の五葷のいずれかを食された後、または食し続けていると五腑に何かしら異常を感じたりしませんか?

五葷を単なる迷信と片付けてしまわず、自己診断して見るのも良いかも知れませんよ。

実はこれらの区分は我が一族に伝わる「一理万類学」の「五行説」のホンの一部なのです。
何千年もこれらの分類に基づいて、様々な霊法・神技・秘法・秘術・薬術などが構成されています。

それらは現代にでも十分に通用する理に叶ったものも多く存在します。
皆様からのリクエストがあれば、折に触れてお話しすると致しましょう。。。

では、本日はこの辺で。。。




posted by ホーリ at 22:32 | Comment(8) | 新 幸せDNA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2006年04月10日

五葷(ゴクン)、食すべからず。だなぁ〜

みなさん、こんにちは!

おりょ!昼から更新するなんて珍しいこと。。。」とお思いの貴方、ご名答!(爆)

実はですねぇ〜・・・。
昨晩の夜中、正確には深夜の3時半頃でしょうか。
いい気持ちで寝ていたら急にお腹がキリキリと。
暫らく我慢していたんですが、どうにも堪えられなくなって!(夕食の前後の方、御免なさい)
冷え込む階段を下りて、そそくさとトイレに!
それ以降、3〜40分ごとに3回ほど・・・
おちおち寝ても居られないほど。
その後、暫らくは落ち着いていたんですが、軽い朝食の後にまた・・・。

時折、お腹はキリリと痛むし、体はだるいしで・・・
今日の予定を変更して、急遽自主休暇にしちまいましたわ。(苦笑)

だからと言ってご心配なく!
決して出張の疲れとかでは御座いませんので。

実はね!
昨日食べたラーメンの所為なんですよ。
むつみ屋さんの、あの旨い醤油ラーメン。。。

濃厚ながらサッパリとした極上のスープ。

きっとね、そのスープを仕込むのにネギやニンニクを煮込んでいるんだと思うんです。
ジックリ煮込んでいるので全然臭いませんし味もしないんですけどね。

きっとコイツが駄目なんですよ。

ご承知の通り、ワタシ、縄文時代から続いていると言われている代々神官の家筋でしょ?
そんな家系で一族の当主として育てられたワタシ。
祖父母から教えられていた教えの一つに『五葷(ゴクン)、食すべからず!』ってのがありまして・・・・・

五葷とは、アサツキ・ニラ・ネギ・ニンニク・ラッキョの5種の食草のこと。

我が一族の言い伝えでは「五葷は植物にして植物ならず。何となれば植物に存する精魂を持たず、忌まわしき邪気を有するものなり。」なんですよ。
また「五葷を食せば邪気は身体を巡り、気を乱し、五臓を著しく傷つけるものなり」と教えています。

以前にもお話したと思いますが・・・・・、その理由はこうです。
・アサツキを食せば肺臓が傷つき金気(義)が四散され怒りが湧き興る
・ニラを食せば肝臓が傷つき木気(智)が消耗され哀が湧き興る
・ネギを食せば腎臓が傷つき水気(仁)が外逐され喜(自己中)が湧き興る
・ニンニクを食せば心臓が傷つき火気(礼)が滅亡され楽(自己中)が湧き興る
・ラッキョを食せば脾臓が傷つき土気(信)が困配され慾が湧き興る
としています。

ですからワタシ自身、子供の頃から一度も口にしたことが無いんです。

しかしですねぇ〜。
世間では滋養強壮だとか精力増強だとか言われてて、みんな好んで食べるものばかりなんですよね。
見ていると(経験無いもんで)、どうもそうなる様ですね。
確かに体が温まり、眼も何となく血走って、元気になった様に見えるんですよね。
でも、それって本当に体にいいのかな〜。。。と思ってしまうのも事実なんです。
体が温まるってのは、血液に異変が起こり、眼圧も上がって、一時元気モリモリになっているだけなのかなぁ〜って思ったりもします。

以前、中国の漢方薬専門の方にお尋ねしたところ「はい、ホーリ先生が仰る通り、漢方薬学の祖師 神農 の本草綱目でも確かに五葷は一切除外されている植物です。最近では一部の漢方を取り扱う人が知らずに使っていることはある様ですがね。兎に角、五葷は気を掻き乱してしまいますから。」と。

ワタシ自身、今まで食べた事が無いだけに五葷に対しての抗体が無いんですよ。
だから知らず知らずの内に食してしまうと後が大変なんです。
下すか、もどすか、いずれにしても3日は祟るんですよね。(苦笑)
幾らウォシュレットだからと言っても肛門様は大変ですわ。(爆)

それに、まだ在るんですよ。ワタシんちの教え。
「みだりに四足(豚・牛などを指す)を食すべからず。霊格低き四足を食せば、覚魂(動物的本能=肉欲・怒り・闘争など)が湧き興り、高めた精神をおとしめ自らの霊格を下げるものなり。」ってね。
だから牛肉や豚肉を中学まで食べた事もありませんでした。
初めて食べた時、正直、思いました。
「世の中に、こんなにうまいものがあったとは!」
その直後から3日間ほどトイレ通いしましたけど。(笑)

今でも時折思い出したように外食で食べますが、やはりお腹はゆるくなってしまいます。
こう言うお話をすると「じゃ、一体何食べてんのよ!」と聞きたいところでしょうね。
ご心配無く。ですから我が家では野菜中心の食事で、時々お魚を頂きます。
先祖代々の教えで「完全食を心掛けよ!」ってのがありまして、つまりコナゴとかイカナゴとかめざしとかですね。
完全食とは、頭から尻尾まで食べられるものを意味します。
部分食とは、魚だとマグロとかブリとかですね。豚肉や牛肉も部分食です。
つまり一度の食事で頭から尻尾まで食べられるものを食せよ!ってことなんです。
要するに部分食だと栄養やミネラルバランスが取れた食事とはならない。ってことなんです。
マグロもブリも大きな魚です。牛も豚も一度の食事で頭から尻尾まではとても無理です。
マグロもブリも、豚も牛もそれは栄養素も高く豊富なミネラルも含まれています。
でも部分部分ではその栄養素の構成も異なるでしょ。
食事で気を付けなくてはならないのは、偏らない食事を取ることです。
私たちは、無意識に好きなもの、美味しいものをついついお腹一杯食べてしまう傾向にあります。
何事も『陰々(ほどほど)』が大切なんですよね。
今日は、五葷に引っ掛けてのお話でした。

因みにご参考までに!
かってチベットで達磨太師が開かれた禅宗でも「葷酒、山門に入(イ)るを許さず」=気を乱す葷草と酒とは修行の妨げになるので、禅寺に持ち込むことを許さない。と言うもの。
現在でも禅寺の山門の脇に「不許葷酒入山門」と刻まれた石碑が立っているそうですぞ。




posted by ホーリ at 16:25 | Comment(9) | 新 幸せDNA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2006年02月03日

我が一族の精神文化

みなさん、こんにちわ!

やはり今日は天気予報通り、冷え込んだ1日でしたね。

さてさて本日は、私の初体験に挑戦です。

先日、このブログの家主さんである「しげえ隊長」に「どうやったら写真を貼り付け出来るん?教せぇ〜て!」メールを送ったところ、早速返信メールで丁寧にご教授。

早速プリントアウトして読んだんだけど、やってる端から写真が何処かへ行方不明になったり、それを探すのに捜索隊を出しても依然行方知れずだし・・・。

と、まぁ〜何やかんやで手こずりまして、漸くUP出来そうな気配。

そこで節分を機に一番だしを記念して、我が一族の象徴とも言える写真をご覧頂きたいと・・・



ご神木

これは下界が見下ろせる小高い丘の上にそびえる樹齢700年のヒノキです。
高さは約20mほどあり、我が大神(おおみわ)一族にとってはご神木に当る神聖ならざる存在なのです。

元々は、このご神木の下に簡素な住まいがありました。
私は2歳半から小学校を卒業するまで、その家で祖父母に育てられたのです。

しかし祖父母が亡くなってからは空き家になってしまい、10年前に取り壊されてしまいました。

さてこのご神木の根元には天皇家より奉納された「剣(つるぎ)」が埋められている。と伝えられています。

この物語は代々語り継がれて来ましたが、今はその物語を知るものも少なくなってしまいました。

そこでその物語がブルーのバナーの小説「沈黙の黎明」前半に語られています。(是非、読んで見て下されませ〜)

このご神木が後世に伝えんとしたものは

@浮世から離れ、本来の人間らしい生き方をせよ。
Aモノや形、地位や立場に囚われず、在るべき姿に立ち返れよ。
B心に刃(やいば)は不要なり。至誠に生きよ。
C神人合弁の道を歩めよ。神を目指して歩め。
D真の神道を極めよ。真の神道を伝えよ。神道を為せ。

要約すると、そう言う意味を持つものなのです。

現在は直ぐ近くの見晴らしの良い場所に「剣の大明神」として小さな祠(ほこら)を建立(こんりゅう)しお祀りされています。


剣さま

これがその祠(ほこら)です。

この祠を中心に若宮さま、そして山の神、水の神、風の神がお祀りされています。

太古から伝承されている大自然に畏敬の念を抱いて、感謝と畏れ(おそれ)を祈りとして捧げてきた証でもあるのです。




posted by ホーリ at 17:28 | Comment(6) | 新 幸せDNA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2006年02月02日

正々堂々

みなさん、こんばんわ!
今日の北海道、と言うか私んち周辺だけかも知れませんが・・・

朝から風が激しく吹き、2時過ぎからもの凄い猛吹雪です!

そんな中、インターホンが「ピンポ〜ン♪」

ハンズフリーのインターホン画面を見ると、クロネコマークの帽子がチラリ!

「ハァ〜イ。」

「宅急便でぇ〜す!」

「ハイ。すぐ開けますぅ。」

玄関を開けると帽子から肩まで雪を被って「いゃ〜今日は激しいです〜。。。」と宅急便屋さんが一言。

「ホントだね〜」と玄関から外を覗くと・・・

(ありゃま!ホント!凄いわ。)

「これじぁ、運転も大変だねぇ〜。吹雪で前が全然見えないじゃない。」

「そうなんですよ!こんな吹雪だから前どろこか道が見えなくって、もう命懸けですよ。」とマジで閉口されてる様子。

受け取りのサインをしながら「気をつけてお仕事頑張って下さいよぉ。」

「ハイ。ありがとう御座いましたぁ〜」

宅急便屋さんが車に乗り込み、走り去るのを見送りましたが、それも10mも走ると真っ白な吹雪の中へ消えてしまいました。

こんな猛吹雪の中、頑張っている人もいれば、ホリエモンやヒューザーの小嶋社長、東横インホテル、そして防衛庁の談合などマスコミに絶える事無く取り沙汰される事件の数々。

こんな言葉が強く心に浮かんできます。

犯罪を犯す者は思い上がって生きている。
犯罪を犯す者は社会に甘えて生きている。
犯罪を犯す者は社会の隙間で生きている。
犯罪を犯す者は自分だけの為に生きている。

犯罪者は罪と利益を天秤に掛けて生きている。
犯罪者は利益の為に生きている。
犯罪者は犯した罪に満足感を感じて生きている。
犯罪者は他者を馬鹿にして生きている。

しかし何時かは、自らが犯した罪を償う時を迎える。
それは本人か或いはその家族がいずれ償うことになる。
その時、初めて罪の大きさに気付く事になるのである。
それがこの世の絶対法則である。


となると、やはり人間、正々堂々と生きる方が幸せですね。
みなさんもそう思いません?




posted by ホーリ at 18:37 | Comment(4) | 新 幸せDNA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2006年01月25日

沢山のコメント感謝です!

ど〜もぉ〜。。。
みなさん、こんばんわ!

北海道は今朝から各地でゆき。ユキ。雪。
当地もご多忙に漏れず猛吹雪の1日でした。

そんな中、長期の出張後の仕事もひと段落ついたところで今まで入っていた保険の見直しをネットを使って半日以上掛けてやりました。

何せ、私一人の体じゃ無くなりましたからねェ〜(照)

と言う訳で、今日ばかりは「PC依存症日記」のnao65さんよりも断然PC依存時間は長かったと思いますぅ。(爆)


さて昨日の「まるでパネルディスカッション」の記事で取り上げた「倫理」「道徳」「正義」などに沢山の方々がコメントを下さいました。

そしてみなさんのお言葉を拝読し、とっても心強く感じました。

日本もまだまだ捨てたもんじゃないぞ!ってね。

確かに私のブログにお越し下さる多くの皆さんや何時もコメントを下さる方々はとっても純粋で素直で、そして前向きな方々ばかりですものね。

私も皆さんのブログにお邪魔して、随分勉強させて頂いています。ハイ!

さてホリエモンから始まった昨日のディスカッションですが、行き着いた「倫理」「道徳」「正義」への日本人の捉え方が問題のような気がして成りません。

そこで読者の皆さんの「倫理」または「道徳」、そして「正義」についてお考えを頂ければも思います。

先程頂いたコメントで「夕暮れゼリー」のbow_nさんから次のような的確なお言葉を頂きました。

>皆に当てはまる倫理・道徳までは考えが及んでいませんが、わたしが自分の行動を判断する基準は二つの「りょうしん」です。
>「良心」と「両親」。
>良心に咎めがあると、それをごまかそうとして無理が出てきます。
>両親に話せないようなことをしていると、孤独感が増してきます。
>幸い今は、そんなことをせずに毎日を送ることができているので、心安らかな日々です。

>これからもずっとこうでいられたらよいなぁと思います( ̄  ̄*)


またnao65さんからは・・・

>Dr.ホーリ さんが側近だったら、世界にもはばたけでしょうに!!
>残念…ホリエモン

>奥の深いお話してますね!すごい!
>そうですね、日本人の魂は何処へ? 行ったのでしょう…
>お金へ向かってるのでしょうか…

>最近は、熱い人が少なくなってきた気がします。周りだけでも盛り上げて行きます!

と心強いお言葉を頂きました。

さて皆さんは、「倫理」「道徳」そして「正義」をどの様に捉えられていらっしゃるのでしょうか?
沢山のコメント、お待ちしてま〜す。。。




posted by ホーリ at 21:37 | Comment(8) | 新 幸せDNA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2006年01月22日

人間性っ何?

この数日、世間はホリエモンで大騒ぎですね。

この事件、私の様な年齢の者から見ると当然の流れだと思います。

当のホリエモンがマスコミやテレビで登場し始めてから私自身は何故か彼に嫌悪感を感じていました。

特にニッポン放送の株買収劇の時などは・・・

周囲の人たちは「若いのに大したもんだ。」「やはり頭がいい奴はやることが違うね」とか褒めちぎっていましたね。
マスコミも「これでもか!」とばかりに持ち上げていましたし。

そうなればなるほど度々ホリエモンはテレビに登場し、言いたい放題の事を平然と言ってのけ、私は益々嫌悪感を募らせていました。

そして極めつけは小泉総理と武部幹事長によるホリエモンの政界進出の誘い水。

馬鹿な事を!
思わず呟いた記憶が蘇えります。

結果的に運よく落選したからいいものの。
小泉氏も武部氏も同じ穴のムジナに思えてしまいます。
況してルール無き自由経済を推奨している政府の政策に大きな欠落部分を晒すことになりましたね。

私が何故ホリエモンに嫌悪感を感じてしまうのか?

それは彼から「人間性が感じられない」からです。
そもそも今まで出会った「拝金主義者」の人たちは、お金儲けの為ならどんな事でも平然とやってのける人たちが多かったからです。

言葉を変えれば、お金の為なら女房子供まで売り飛ばす、人を裏切るのは常套手段、ウソ誤魔化しは当たり前。その場限りで言い逃れ。が常でしたから・・・

そう言う人たちは確かにお金儲けは上手です。
そしてド派手な生活を見せ付けます。
それにみんな魅了されてしまうのです。

ところがその裏では何倍もの人たちが汗水流して築いた地位や財産、そして生活まで奪われ、中には命を絶つ人も出ているのです。
今回もホリエモンのかつての側近と称されていたエイチ・エス証券の副社長の野口氏が突然不可解な死を遂げられました。

しかしホイエモンも幹部も誰一人、通夜にも告別式にも姿を現わさなかった。とのこと。

私には考えられません。
かつて一緒に仕事をした仲間が自分たちの仕業の為に自殺(?)したにも関わらず知らん振りを決め込められるその精神が!

ホリエモンの様な人物は、自分が常に優先で他者を軽んずる事が当たり前の様に振舞います。

テレビの前ではもっともらしい事を言い、また平然と涙を流し、控え室に戻れば自分の演技に酔って自慢話でしょう。

もし彼に「倫理について」議論をぶつけると、帰ってくる言葉は決まっています。

「お金がすべてですよ。お金で買えないものは無いんです。倫理なんて綺麗事の妄想ですよ。」ってね。

こうした思い上がりに嫌悪感を感じてしまうのです。
まるで世間知らずのやんちゃ坊主か自分勝手なちびっ子ギャングに思えてしまうのです。
人を人とも思わない、愛など微塵も存在しない人間に見えてしまうのです。

そしてお金儲けの事となると一瞬にして魑魅魍魎に変身してしまう人間に思えてならないのです。

さて、このブログの家主殿のしげえ隊長のHP「笑いま」のトップ画面上段中央に「軽〜くダンジョンギ」と言うコーナーがあります。

昨晩、そのコーナーを開くと1月21日の「ななめすぎ」の記事の一番下に凄い記事を見つけました。

       お金でなんでも買えるわけがない。としたタイトル。

       そして「ホリエモンの錬金術」

      http://blog.goo.ne.jp/yamane_osamu です。

入力が面倒な方はしげえ隊長のHPからインして下さいね。

しかし、これを読んで、流石世の中には凄い人がいるなぁ〜。と正直感心しました。
何とホリエモンを経理面で調べ上げ、人間性まで的確に分析しているのです。

これでは東京地検が捜査に踏み切るのは当然です。

みなさまにも是非お読み頂きたいと思います。
但し、興味本位で読むのではなく、「人間、いかに在るべきか」を念頭にお読み頂きたいと存じます。

では、今日はこの辺で・・・!  また!




posted by ホーリ at 14:39 | Comment(4) | 新 幸せDNA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2006年01月15日

久々の幸せ講座です。

みなさん、こんばんわ!
以前、毎日の様に進めさせて頂いていた「幸せ未来大学」の講座を久々に開校したいと存じます。

この3〜4ヶ月余り、実に色々なことがありました。

父が脳梗塞で倒れ、そして入院。更に色々な後始末。

10年来の師弟関係であり、NPO活動や企業コンサルタント、そして健康環境に於ける研究開発などの仕事上での良きパートナーだった女史と今後を考えての入籍。

そして、ゴミ屋敷事件。(笑)

その引き続きで顧問先の対応の不手際による関東での年末年始を過ごした事。

そんなこんなで何時しか講座がおろそかになってしまいました。

先ずはみなさんに心よりお詫び申し上げます。


さて正月明けの9日の帰省から本日まで、公私共にバタバタしておりましたが、特にこの1日、2日、雪かきをしながら色々と考えさされました。

特に我が麗しのプリリン妃。
細い体で男の私以上に頑張り屋さんで、しかも思慮深く、最近では本当に良きアドバイザーとしてその存在感は増すばかりです。

本当に凄い女性です。
別にこれは惚気ている訳ではなく、心底そう思っているんです。

そこでです。
このいたい気のない、純粋で素直な彼女の存在は公私共に居なくてはならない存在となってしまっています。

私の3000人を超す教え子の中の一人の女性であり、今では良き仲間であり、妻である訳です。
また留守中に雪かきを買って出てくれたSUNちゃんも良き仲間であり、また同じ志を持つ同志でもあります。

さてさて、そこでここ2〜3日で思ったこと。
私自身が抱く妻に対する想い、SUNちゃんや親しい友人たちに対する想い、また様々なご縁によって結ばれたみなさんたちに対する想いをどの様に顕わしたら良いのか?ということなんです。

この想いを一言で言い表わすならば、チョッとキザな言い方かも知れませんが「」と言う言葉になると想います。

特に彼女については、付き合いも長いですし、学びでの師弟関係でもありましたし。
今更、好いた惚れた。と言う様な薄っぺらいものではありませんし。

彼女も入籍後の今日でも私のことを「先生!」と読んでいるくらいですからね。(笑)

でも胸が痛いほど締め付けられるくらいに愛されていることを実感しています。

もっと言い方を帰れば「敬愛」と言う言葉になるのでしょうね。

まさしく「愛し敬う想い」そのものを感じます。
それも365日、絶え間なく彼女の心から解き放たれ、その温かい想いが一言一言の言葉に、一挙一動の行動に現われているのです。

だからこそ私自身は真剣に自分の中の愛をどの様に現わせばお返しに繋がるのかを考えざる得ないのです。

最近、富に彼女の言動に「大きな愛」を感じます。

これはウカウカしていられません。

人間としての学びを指導させて頂いた私にとっては、学びの道からすると大変なライバルの出現と言えます。

それにも増して私が「大愛」を注がねばならない立場なのです。

ここだけの話し。

        焦ってます。私!

このままだと先を越される感じです。
これはヤバイです。私の存在意義や存在価値が問われます。

それに私の今年の課題は「聖道一貫」です。
日々、その様に努めていますが、これも大愛無くしては果たせません。

ですから、私の心の中の愛を更に増幅させなければならないのです。

そう考えると、どうやら今年は一皮剥ける年になるかも知れません。
そう想えば、俄然やる気、元気が湧いて来ました。

さて、あなたにとって大切な方、命懸けで自分を捧げられる人、心から愛してやまない人に対して、あなたはどの様にあなたの大愛を注がれているのでしょうか?

この世で一番素晴らしいもの。
あなたの心の中のその「愛」について、今夜は素直に、そして在るがままにジックリと見詰めて見ましょうよ。

あなたの中のいのち煌く愛を!ねっ!




posted by ホーリ at 00:22 | Comment(6) | 新 幸せDNA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2006年01月11日

今年最初の秘法を公開

さて新たなる年明けに際しまして、いつもご愛読下さっている皆々様に本日特別に我が一族に代々伝わっている、取って置きの開運法をご伝授致しましょう。

これは「三種の太祓(さんじゅのおおはらい)」と申しまして、世間の神主さんたちもあまり知らない祓詞(はらいことば)です。
祓詞とは、一種の様々な災いや不運を遠ざけてくれる祝詞(のりと)であり、また守護・加護を強めてくれる心強い法なのです。

ですからあなたが「ここ一番!」の時に意識を集中して心に念じるか、若しくは小声に出して唱えると良いでしょう。

では、心してお読み頂き、且つ憶えて頂ければ幸いです。
あまり長い祝詞ではありませんが、一度に憶えられない場合は書き写して頂くか、コピーして頂ければと思います。


三種の太祓(さんじゅのおおはらい)

吐普加身依
(とふかみえ)

身多女 祓伊給伊 清芽給伊
(みため はらえたまい きよめたまい)

護利給伊 幸得給得
(まもりたまい さきわえたまえ)


 口語体にしますと・・・

「とぉ〜かみえ みためェ〜 はらいたまい きよめたまい まもりたまい さきわえたまえ〜!」となりますかね。


※ これを三度繰り返して唱えてください。
  さすれば、災い転じて福と為せるなりぃ〜♪

  では、本日はこの辺で・・・!


と言いつつ、本日のトピックス飛び入り追加でぇ〜す。(現在11:05分かな?)

昨晩、夕食の後に眠気に襲われ、チョッとだけうたた寝したんだけど変な時間に眼が覚めて・・・。

それが夜中の3時半。
そこから目が覚めてしまって朝までゴソゴソ。
すると麗しのプリリン妃が目覚めて来まして・・・
その後、お互いに個別にゴソゴソ。
私は私で午前中に仕事を片付けたら、急に気が抜けて、またもや眠気が・・・

2階の寝室で1時過ぎに横になり目覚めたら午後4時。
うたた寝の間に電話が3本。
適当にこなして、寝続けてしまってた。

すると何やら寝室の壁の向こうでガツガツ!ガリガリ!

「もしや!」と飛び起きて2階の階段踊り場の窓から顔を出すと・・・。

何とプリリン妃が防寒服に身を固め、ママさんダンプとアルミスコップを使い分けて屋根の雪を降ろしているではないの!

「あっ!先生!目が覚めた?うるさかった?」とニッコリ笑顔。

「大丈夫?一人でやったの?」

「うん!もう少しで終わるから休んでて!」

「えっ?う、うん・・・」と言ったけど、ほっとけないよねぇ〜。。。

階段から玄関先を見下ろすと、屋根から落とした雪の固まりが階段に盛り上がっている。

「こりゃ、どかさんとなっ!」と防寒着を着込んで残った雪かき道具でせっせと玄関先の階段の雪をどかす。

その後、電動除雪機で丁寧に除雪。
コイツが小型ながらも中々の仕事師。

時折、コイツで除雪していると近所の人がコイツを見て「ちゃっこくて可愛いねぇ〜」とチト嘲笑気味に通り過ぎるが・・・

馬鹿にしちゃいけねぇぜい!
山椒は小粒でもピリリと辛いって言うじゃねえか!

この米国製の電動除雪機。
確かに小っちぇえが、ママさんダンプよりも力も要らないし結構働き者だぜい!
それに仕上がりが綺麗だし。
オイラは好きだぜ!お前の事が!なぁ〜んちゃって!(笑)

そんなこんなで「プリリン妃、何と一人で屋根の雪を全部降ろす」の巻で御座いました。

以上、本日の報告!終わり!

今夜は天気予報がピタリと当たり、ゴ〜ゴ〜と北風が吹き、雪も横なぶり。
明日は朝から出掛けねばならないけど、早起きして雪かきをせねば!フゥ〜・・・。

と言うことで。     一堂、礼!(笑)




posted by ホーリ at 21:59 | Comment(4) | 新 幸せDNA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2005年12月29日

直、正、明、浄

どうにもこの2〜3日、PCの調子が変。
この記事の更新も今日2度目のチャレンジ。

何が変かと言うと、突然ポインターがビクともしなくなってしまうのだぁ!

愛用のノートPCは、彼のお値段お手ごろで有名なSOTEC.Win Book WV。

昨日も、今日も折角記事を書き終えて、イザ更新しようとすると、幾らPCのポインティング デバイスをツツ―――ゥといじろうが、トントンと指先で突こうがじぇんじぇん反応してくれましぇ〜ん♪

「なんだょぅ!まったくぅ〜!」
「またかよぅ!仕方がないねぇ〜ホントにぃ〜!」
「見てろぅ!後でバラバラにしてやっから!」と強制終了して再度記事の書き直し。

まったく、いい歳をしてのボヤッキ〜だ!。。。。。


さてさて気を取り直しての記事を書く。

改めてカレンダーを見ると、何と今年も残り3日。

振り返ればこの1年、実に様々な事が在ったよなぁ〜。
良いことが半分。悪いことが半分。
山あり谷ありで均(なら)せば、丁度と言うことかぁ〜。。。と思う今日この頃。

今年、顧問契約先の不誠実で出た当方の損害金が2〜3社で約600万円。

依頼主のたっての希望で契約書を交わしていてもこの有様だから、世知辛い世の中、何が起こっても不思議は無いのだろう。

と言うことで、今年を反省しつつ来年は同じ失敗を繰り返さぬ様に、自らを律し、自らの心の指針を!と己に一誠一戒を課そうと考え中なのです。

我が一族の長の心得として伝わる至誠の基本である「直・正・明・浄」と言う教えが在ります。

これは即ち「直き(なおき=何処までも素直に)・正しき(天地神明に誓って正しく)・明き(公明正大に)・浄(水の如く浄らかに澄みわたる)」誠の意(心)にて長(おさ)としての生涯を務めよ。

と言うものなのです。

その事を意(こころ)の中心に据えて来年に臨みたい!そして、あらゆる事象や公私の出逢いについても「直・正・明・浄」を礎にこころ穏やかに、大らかに、そして豊かに裏表なく居られるように努めたいと想います。

もう1日、2日、熟考した後に麗妻にも話し、2人で共有するテーマとして取組みたいと想います。

さて、みなさんの1年の計はどの様なものなのでしょう?

残り僅かの、この1年。
最後の最後までやり切って、今年以上に新しい年を素晴らしいものに致しましょうね。

では、またぁ〜!




posted by ホーリ at 01:22 | Comment(6) | TrackBack(0) | 新 幸せDNA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2005年12月13日

いよいよ最終章 学びと悟り

みなさん、こんばんわ!

未だに疲れが抜け切れず、東京都内での仕事に追われ、丸一日体を休めても全く効果無し。
人間、体の疲れは癒せても心の疲れは中々癒せないものだと痛感している今日この頃です。

さて父のゴミ屋敷一掃作戦。
勢いづいて丸6日間寝る間も惜しんで強行した2人。
これは如何にも1週間では到底片付きそうも無いことに気づき始め、急遽、友人の紹介で業者に下見して貰っての見積もり依頼。

その日に届いた見積もりには4t車12台分と人夫賃で合計49万円。
これでも最低の金額を弾いてくれています。
多分、普通の業者さんだと6〜70万は下らないと思いますね。

それまで私たちが運び出しただけでも2tトラック8台分。
毎日、市の焼却場まで運んで50mも下まで見下ろせるドデカイゴミ集積場に投げ下ろして来た私も体力的にそろそろ限界。

その日の朝、焼却場でゴミを投げ下ろし、父の家に到着すると、我が麗しい新妻は2階の窓から軒先へ降り、玄関前の木造倉庫の屋根に飛び乗り木造倉庫の屋根から解体作業。

隣のおじさんが私に近寄って来て「あんたの嫁さん、綺麗な顔してスゲェ〜のぅ!ワシャ、朝起きてフッと外を見たらあんたの嫁さんが倉庫の屋根に乗っとるかせなぁ!びっくりしたでぇ〜。。。思わず、どうやって登ったんか聞いてしもうたがな。ハシゴも無いのに!そしたら2階から飛び乗った。と聞いて、もう驚いたのなんの!あんたの嫁さん、ベッピンさんでものすげえエエ嫁さんじゃのぅ〜。」と笑顔で話し掛けて来た。

「はい、ものすげぇ〜エエ嫁さんですわ。」と笑って答えた私です。(爆)

その後、隣のおじさんを現場監督にバリバリと屋根や壁板を引き剥がし、大槌を振って柱や梁をガンガン崩して行く。

ほぼ半日で木造倉庫を解体し、何時でも業者さんが入っても良いように準備は整ったのでした。

兎に角、やれる所までやろう!と決めて始めた父ゴミ片付け。
異臭漂うゴミの山も今では殆ど粗大ゴミや積み上げられた本の山、その他の家庭ゴミとタンス、冷蔵庫、台所用品に電気製品等などなど。。。

一区切りついて父の見舞いに・・・

本人に「おやじ、家のゴミはすべて捨てるぞ。大切なものは無いか?昔のアルバムは残しておいた。後はおやじの趣味のカメラだけど、どれもこれもゴミに埋もれていた為にレンズにはカビ、ケースはシミだらけ、本体もさび付いて使い物にはならんよ。残念だけど捨ててしまうことになる。それでもいいか?」

父「うん、うん・・・」と頷くだけ。

その様子を見た私。
これではイカンと思って・・・。
我が一族の代弁者として父に万感の愛を込めて渇ッ!

調息、守玄の後、父の潜在意識に照準を合わせて言霊を発した。
「おやじ!一族の先祖からの最後の言葉だ!心して聞け!」

それを聞いた父は、突然ベッドから起き上がり、腰を掛け直し、背筋を伸ばし、姿勢を正して私の目をジッと見る。

「○○ ○○よ!(父の姓名)、性根を据えて聞け!」

父の目が次第に輝きを取り戻して来た。

「今の汝の姿。戦時下で先立った戦友たちにどう顔向けする!」

父、「・・・・・・。」無言でうな垂れる。

「先祖や祖父母に対してどう言い訳する!」

父「・・・・・・。」更にうな垂れる。
父にとっては痛いところを突かれた様子。

「何を考え、何を思い、家の中にあのゴミの山を築いたのか!良く省みよ!汝、日本男児として恥を知れ!」

父、更に背筋を伸ばして目を見開く。

「○○ ○○よ!残された余命を無駄にする無かれ!」

「この世に生を受け、生かされた事への報恩に努めよ!」

「右手、右足が何ゆえに動かざるか?」

「人生の真諦を見極めよ!」

「このまま寝たきりの余命は一切許さず!神が許しても我らは許さず!」

「○○ ○○よ!再び自らの足で立ち上がるべし!」

「自らの右手を人々の為に使うべし!」

「このまま他者の如く老い然(おいさら)ばえることは一切許さず!」

「○○ ○○よ!性根を据えて、今一度生き直すべし!汝の名の如く、正しく志、正しく生き、正しく行うべし!」

「今後一切の甘えは許さず!人としての最後の生き様を示すべし。」

「○○ ○○よ!しかと(シッカリと)厳命、申し付けるものなり!」

父、真剣な面持ちで「はい!解かりました!」とハッキリとした口調で返事をした。

「以上!」と私。

父「ありがとう御座いましたッ!」と神妙な面持ちで手を付いて深々と頭を下げる。

「よしッ!」と緊を解いた私。

それからはお互いににこやかに歓談。
どうやら薄々はゴミ屋敷のことは覚えていた。

我が新妻もその様子を見ていて、帰り際の車の中で「お義父さんの心の奥底まで先生の想いが届いた見たいで良かったですね。お義父さん、顔つきが変わったもの・・・」と安心したようでした。

この父への渇ッ!物語は、6日間のゴミ片付けから得た学びと悟りの結果です。

そしてこれが父の人生に対する私が出来る最終最後の親孝行のだったのです。

その学びと悟りの一つ一つは次回にさせて頂きます。
本日はこれまで・・・。  でわw!




posted by ホーリ at 22:56 | Comment(10) | TrackBack(0) | 新 幸せDNA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2005年12月10日

続 学びと悟りC

さて父の自宅のお隣さんと仲良くなった私たち。
朝のご挨拶や時折の休憩時におじさんから父についての事情聴衆を試みました。

父もお隣のおじさんとは、まあまあのお付き合いをしていたらしく、おじさんも色々と情報を提供してくれました。

そのおじさんの話によると・・・

玄関先にゴミが出始めたのは、ここ一年ほどとのこと。
それまでは殆ど気付かなかったそうです。

そりゃそうだわ。。。
家の中に山の様にゴミを溜め込んでいたんだから・・・。
きっと入り切らなくなって、遂に外に投げ出し始めたんだろうね。

おじさん曰く「外から見た限り、こんなにゴミを溜め込んでいたなんて想像もしなかった。。。」と目の前の山積みに成ったゴミ袋を見て溜息混じりに話していました。

それにここ5〜6年、兎に角コンビニで弁当やお菓子、飲み物を毎日ドッサリと買ってくる姿を見掛けていた。とのこと。

つまりそのすべてがゴミと成ったという事なんですねぇ〜。。。

更に2人でゴミ片付けをしていて気付いた事。

@同じものが沢山出て来る。
 ・乾電池の徳用パックがダンボールに一杯(例えば単三電池20本パックとか)
 ・携帯ラジオ=ゴミから出て来ただけでも13台。それも真新しいものばかり
 ・自転車の荷台用ゴムひも30本あまり(新品)
 ・100円ライター数知れず
 ・本、雑誌(同じ雑誌が重複していた)
 ・老眼鏡数十本
 ・虫眼鏡数知れず
 ・醤油、ソース、塩、コショウがあちらこちらから
 ・テレビ合計8台
 
A少々ショックを受けたもの
 ・人様から頂いた暑中見舞いやお歳暮、誕生祝や内祝いなどの品々を封も切らずにほったらかし。
 ・靴下、シャツなど至るところで脱ぎ捨てポイ状態
 ・ティシュやコンビニゴミの上にシャツやシーツ、バスタオルを敷き、またその上にテッシュやコンビニゴミを広げ、またその上に座布団や服、タオルを敷き・・・ほぼ4層から5層の層が出来上がっていた。脅威のゴミ屋敷。。。
これを引き剥がすのに可也の力を要しましたね。

B異常だと思わずにいられない状況。
 ・ネズミの糞は当たり前。
 ・隣のおじさん曰く「階段でグニャリとしたものを踏んだ。よく見ると蛇だった。とお父さんが夏に言ってた」の話を聞き我が麗しの新妻、突然私を前面に押し出してのゴミ片付けと相成りました。
 ・テレビ、扇風機、電気毛布などの電気製品のコードが縦横無尽にゴミの中を掻い潜り、何が何だか訳わからん状態。
 ・最後の方に寝ていたらしい場所は2階の階段の半畳ほどの踊り場付近。ここにあらゆる電気製品が集中していた。
 ・表向きは、いつもニコニコと笑顔のおじいちゃん。家に帰ればゴミ屋敷の主。ジキルとハイドを彷彿した。

こうした状況に関与して、つくづく思い知らされましたね。

人間らしく生きる。と言うことの大切さを!
次回は、いよいよ佳境です。乞うご期待あれぇぇぇ!




posted by ホーリ at 11:51 | Comment(10) | TrackBack(0) | 新 幸せDNA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2005年12月09日

続 学びと悟りB

みなさん、こんにちわ。
神奈川は、とっても良い天気に恵まれています。(外気は冷たいけど・・・)

さて今でも夢に出て来るゴミ片付け。
決して楽しい夢ではありません。(苦笑)

さて私たち新婚の2人は黙々と山積みされているゴミをビニール袋に詰め込みます。玄関周りと小上がりのゴミを袋詰めするのに丸2日。
階段から2階の8帖間入り口付近を片付けるのに丸1日半。

時折、缶コーヒー片手に休憩していると隣のおじさんが話し掛けて来た。

「大変だねぇ〜。あんたたち2人だけでこれを片付けるんかぁ?他の人は?」

「姉には話しているけど、今は手が離せなくって・・・。出来る限り自分たちで片付けようと思って!それにこの有様だと人に頼むのもなんだしねぇ・・・。」

「そりゃそうだわなぁ〜。じゃけど2人じゃたいへんじゃぞぉ。」

「すみませんね。朝早くから夜遅くまでバタバタして。」
その頃、2階の窓から袋詰めしたゴミをドンドン放り出してましたから・・・。

「ええよ。ええよ!何も気にせんとやってくれれば。手伝えることあったら何時でも言うてよ。」

「ありがとう御座います。」と頭を下げる私たち。

それじゃあ。という事で倉庫前に置かれてあった車?を道路まで移動させることに。
この車らしき物体。
50ccのエンジンを積んだイタリア製の三輪車。
ボディーは車と同じ鋼板製で荷台に荷物が積める様な特殊なもの。
でも放置しっ放しの為に錆びてボロボロ。
私たち2人と隣のおじさん夫婦の4人で無理無理引きづりだした。

早速オートバイ引き取り業者に連絡したところ「惜しいねぇ。。。これが綺麗に管理されていたら大変な金額になるのにねぇ〜。マニアが涎を垂らして欲しがる代物だよ。20年前の名車だからねぇ〜。。。」

でも今はどうにもならない粗大ゴミ。
廃車手続きに一万円の負担。

ふぅ〜。。。なのだ。

その後は、広くなった庭先に2階からガンガン袋詰めしたゴミを投げ捨てる。

夜の10時過ぎ、庭に山の様になったゴミ袋を2tのトラックに詰め込む。
アヘアヘ言ってピストンしてたら、見かねた隣のおじさんが手伝ってくれた。

2tトラックには、およそ150袋から200袋を無理矢理積み込む。

さすがにトラックもへたってます。
きっと3t以上は詰め込んでいるだろうなぁ〜。

それくらい凄いんですわ。おやじのゴミは!

その後、私たちは夜中までやっている銭湯に行き、駐車場で埃を払い、銭湯の湯で汚れと汗を流し、着替えをしてファミレスで夕食。

これが5日間続きましたとさ。。。

隣のおじさんには、片づけしている時に出てきた、何本もの新品のウイスキーやブランデーをその都度「飲む?」「飲む!」「じゃあ上げるから飲んで。」とお礼の品を・・・。
中にはナポレオンやカミュ、XOなどもあったから隣のおじさんは大機嫌。
助かったよ。これだけは!

このゴミ片付けでズーと考えさされたこと。

人間の生き様。
       人の心の裏表。
              人の一生とその足跡。
          そして人の意義と価値。

2人とも無言で片付けながら各々心で学び続けた1週間だった。

そのお話は、また次回。。。ねッ!




posted by ホーリ at 13:06 | Comment(4) | TrackBack(0) | 新 幸せDNA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2005年12月07日

続 学びと悟りA

みなさん、こんにちわ。。。
まだ少し疲れが残っているホーリです。(苦笑)

さて私たち2人は業務用の90ℓのゴミ袋を手に玄関先からゴミを片付け始めました。
玄関前には玄関戸から1mの位地に6畳程度の木造の倉庫が建てられていて、家の壁と倉庫との間がやっと歩ける程度にしか隙間がありません。
これではゴミも持ち出せない。という事でそこからのゴミ片付けです。

そこで多かったのが空になったペットボトル。
ゆうに70本近くありました。
キッと飲んだ後、片付けるのが面倒臭くって積み上げたんでしようね。。。

2時間ばかり掛けて黙々と袋に積めましたよ。
ペットボトルに、他の燃えるゴミ。
分別しながらの片付け。
そうそうアルミ缶も沢山出て来ました。

そこで不思議な現象を発見!

何と栓を開けていない缶ビールが20本ほど出て来ました。

それを見た私たち。
「?????・・・・・」

どうにも理解出来ません。
「何故?・・・どうして?・・・なんで?・・・」

玄関に入って片付けていると目立ったのがテッシュ。
衣類、タオル、コンビニ袋、郵便物などなど等・・・

その殆どが燃えるゴミです。

2人は無言で、でも心の中では「何故だろう?・・・どうしてなんだろう?・・・何でこんなことに?・・・どうやったらこんな事が・・・おやじ、どうしちまったんだぁ?・・・」がグルグルと回ってました。

その内、段々と腹が立つて来ました。

90近い父親。
8年ほど前から北海道に来るように進めていたけど、友達が居るからと断ってきた父親。

昔は几帳面でお洒落なおじさんだった父親。

私が若い頃、部屋を散らかしていると怒鳴り声を上げて怒っていた父親。

ここ数年、毎月の出張の度に自宅近くのレストランで待ち合わせして私たちと楽しく食事をし、会話を交わしていた父親。

つい7月の出張の際に、広島から岡山へ立ち寄り父親とお茶を飲み、私と彼女の入籍を話し嬉しそうな笑顔を見せいてた父親。

父親自身も彼女とは10年来の付き合いで、彼女の事をとても気に入っていた。

そんな父親だったが・・・

「一体どうしちまったんだ?おやじ!・・・」の言葉が心の中を渦巻いてしまう。

渦巻きながら、あまりの横着さに怒りが湧いてくる心。

何が悲しくて新婚の2人が父親のゴミを片付けなければならないのか!

そう思うとフッと情けなくなって来る・・・。

でも、ここからが自らの心に湧きあがる「様々な思い」を思い知らされる事になり、この歳にして改めて「心の学び」に没頭するとに繋がったのです。
                      続く・・・




posted by ホーリ at 08:45 | Comment(6) | TrackBack(0) | 新 幸せDNA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2005年12月06日

学びと悟り

みなさん、こんにちわ!
そしてコメント下さった方々に先ずは心より厚く御礼申し上げます。

先日、ショート更新で「ゴミ山」に触れましたところ、6名の方たちがコメントを下さっていました。
そのコメントを先程読ませて頂いて・・・

心身の疲れがス―――ッと抜けて行く不思議な感覚を憶えました。
そして心の中に六筋の光明が明るく揺らぐ。そんな感覚に見舞われました。

ありがたいなぁ。。。

そんな想いに満たされての更新です。


★プロローグ★

さて先週の土曜日の昼、岡山の姉の自宅に到着し、その足で即刻着替え、先ずは父の自宅近くのレンタカー屋さんに出向き、2tのアルミボックスのトラックを5日間の予定で手配。
当然、道中の茶内で殆どのレンタカー屋さんに電話して一番安い所を選定してのこと。

マツダレンタカーが一番安かったですね。

そして父の自宅に直行。

先ずは玄関前で呆然としました。
玄関先から何やら訳のわからない粗大ゴミが積み重ねられているんです。

私たち2人は思わず顔を見合わせ、恐る恐る玄関に手を掛けると・・・

鍵が開いてます。
しかも玄関の戸が30cmほど開いてます。

またも唖然と顔を見合わせる2人。

思い切って玄関の戸を開けると・・・・・

戸の向こうから既に山積みのゴミ、ごみ、GOMI!

玄関の床から1m近く積もってます。ゴミが!

そのゴミを構わず踏みつけて小上がりに・・・

そこも同様に1mほど積もったゴミ。
一階の8帖の居間は本が何百冊も積み上げられており、その他にも兎に角色々なものが山積み。
次の6畳ほどの台所も、これまた空き瓶、空き缶、空きペットボトルや訳のわからないものが天井近く積み上げられてます。

お風呂場を覗くと・・・
木箱や何やかやが押し込められていて・・・(汗)

ゴミを踏みつけながら2階へ行こうとすると10段ほどの階段が両脇に詰まれた本とゴミで単なるスロープになってます。

そこを四つん這いで這い上がり、2階の8帖間に辿り着くと、これまた見事なゴミの山。

そのゴミの上に立つと天井に頭が付き、少しかがまなければならないほど!

その奥の6畳間までは物干し竿を幾本も交差させ、掛けている服が邪魔して見えないほど。

2人は心底溜息を付き、一体何処から手を付けようかと悩んでしましたわ。(苦笑)

それから外に出て、先ずは業務用の特大ビニールゴミ袋買占めにホームセンター巡り。

結果、ゴミ袋だけでも2万円以上も掛かりました。

そして、夕方から玄関周りのゴミ片付けが始まったのですぅ。


この続きは、また次回。(苦笑)




posted by ホーリ at 12:45 | Comment(11) | TrackBack(1) | 新 幸せDNA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2005年11月19日

感謝、感激、雨、霰(アラレ)

    みなさん、こんばんわ!つい先程、帰宅致しました。

          そして改めまして、

       ご訪問下さった総ての方たちに!


             先ずは、
       心より感謝申し上げます!

皆さまのご支援ご協力のお陰で公開初日の神無月先生のホームページ「未来の構築」へのご訪問者数が一日で何と44名にも上りました。

      これも一重に皆さまのご尽力のお陰です。
        本当にありがとう御座います。

       更に人気ブログランキングも一気に急上昇です

実は昨晩、久し振りにランキングを見たらググッと下がって35位だったのですが、今見ると驚きの23位にまで駆け上っています。

         これにも度肝を抜かれました!

そして大いに感謝、そして感激の極みに達してしまいました。です!

重ね重ねでは在りますが、深く御礼申し上げます。


特に本日はびっくりするほどに沢山の方々がご訪問下さっています。

当然、お一人お一人のブログにお伺いして御礼を申し上げなければなりませんが、わたくし、昨日来より徹夜してしまい、また昼から途轍もなくバタバタしてしまい、実のところヘロヘロ状態なのであります。(実は急遽明日から出張となりましたの!)

従いまして誠に申し訳御座いませんが、皆々様方にこの場をお借りして厚く御礼申し上げる次第です。

        誠にありがとう御座いました。


さてさて神無月先生の「未来の構築」はいかがで御座いましたでしょうか?

お読み頂き、何かしら感じるところが御座いましたなら、これをご縁にご遠慮なく「あなたのブログ&ホームページ」にて貼り付けをお願いしたいと存じます。

これは、今、流行の○○バトンと同様に「幸せ未来バトン」として、ご交流ある方々にもご推薦賜ればこの上なき幸せで御座います。

いつもお願いばかりで心苦しいのではありますが、何卒よろしくお願い申し上げまして、本日はこれにてベッドイン致したいと存じます。(一人で!(笑))

さらに、更に、重ねて更に!

愛のワンクリックをもう一度!
               
     ↓ 御願い奉りますぅぅぅぅ。






posted by ホーリ at 01:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 新 幸せDNA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2005年11月18日

将来の為に!必読です!

先ずは、「未来の構築」へご訪問下さったみなさんへ。

心より感謝申し上げます。

実を申しますと・・・
昨年、突然神無月先生からお電話を頂き、そのお電話の10日後に東京に出向き先生と待ち合わせ。

何せ2年振りにお目に掛かったもので積もる話もあり、あっ!と云う間に一日が過ぎました。

以前は大変ご多忙の先生でしたし、お立場がお立場でしたからお話出来る時間も精々1時間程度。

何せ世界中の国々からお招きがあったり、日本においでになっても分刻みのお忙しさでしたから・・・。

そんなこんなで先生からお電話頂いた時にはびっくりして痙攣を起したほど。(笑)

丁度、車を運転中でしたので、即、路肩に車を止め30分ほど話し込み、再会をお約束した訳です。
側にいた我が麗しのプリリン姫などは涙を流して感激しておりました。

それほど素晴らしく、凄い先生なんです。神無月先生って方は!

さて、そこで私たちも色々と考えて神無月先生に無理を承知で嘆願したんです。

「先生の高潔な精神、深遠な理念、そして卓越した先見能力を是非日本の若者に知らせたいんです。先生が大変なことは重々承知の上でお願い致します。先生が若い人たちに伝え残したいお心を是非HPとして公開したいのです。何とか原稿をメール送信頂ければ、後は当方で準備します。どうぞよろしくお願いいたします。」

その嘆願に神無月先生は
「ホーリさんがそこまで言うのならやってみましょう。但し私の本名は伏せましよう。本名のまま載せてしまうと私を知る人たちが殺到してしまい、本当に伝えたい人の自由にならないだろうから・・・。」

「出来れば私は、日本の若い人たち。未来を築いて行かなければならない若い人たちに読んで欲しいんだよ。私も出来る限り読みやすく解かりやすいテーマや文章を心掛けようと思う。」

「まあ、人知れず始めてみるのもいいかも知れないしね。そうした中から本物を見極められる素晴らしい人物や心ある若者が出現して来るかも知れないしね。」

と言う事になり、神無月先生から何回にも分けてメールで原稿をお預かりしていた訳です。


そこで、このブログにお越し下さっている皆さまに伏してお願い申し上げます。

誠に勝手なお願いではありますが、

先ず一つ目は、一度、神無月先生のホームページをご覧頂き、その内容にご納得頂けましたなら、皆様のブログまたはHPにリンク、若しくはご推薦HPとして、是非是、非掲載して頂きたいのです。

二つ目は、神無月先生のホームページ「未来の構築」にご訪問下さり、お読み下さいましたなら、ホームページに設けられている「ゲストブック」に感想やご質問、ご意見などをドンドン書き込みして頂きたいのです。

現在、神無月先生は海外においでで、週一程度の間隔でHPをご覧になられます。

その際に皆さまのコメントがあれば、ご返事さることと存知ます。

私が手放しでご推薦申し上げられる唯一の人物である神無月先生です。
皆さまにも是非ご縁を結んで頂ければ、私にとってもこの上ない喜びなのです。

どうか、どうか!よろしくお願い申し上げます。


それと最後のお願いです。

出来るだけ多くの方々に、この事をお伝えしたいと存じます。

その為に、誠に身勝手なお願いですがラブログの人気ランキングバナーを「ぷちっ!」とワンクリックをお願い申し上げます。

                  ↓ ぷちっ!

              

誠に勝手ながら、何卒、ご支援ご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。 拝。




posted by ホーリ at 03:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 新 幸せDNA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2005年11月17日

是非とも ヨロシクゥ!

ど〜も、こんばんわ。。。
北海道はバクダン低気圧に完全にやられています。
でも本日、目出度くストーブ直りました。(ホッ!)

さてさて昨日、サイドバーに貼り付けた「もう一つのリンク」の『未来の構築』専用ブログをご覧頂けましたぁ?

まぁ『未来の構築』専用ブログはご挨拶程度ですので、これは軽くスルーして頂いて、専用ブログのプロフィールに記載してある「ホームページ」を是非クリックして下さい。

ちっちゃい文字ですので見逃さないでね。

この「未来の構築」に書かれている内容は、これからの時代に私たちが考えておくべき大切な事柄や世界の方向性、そして人間のあからさまな習性をとても解かりやすく書いてくれています。

著者は仮名ですが神無月先生です。

文章が、あまりにもサラリとした文体ですのでス〜ッと読んで仕舞いがちですが、ジックリと意味を噛み締めてお読み頂きたいと思います。

内容は本当に素晴らしいものですので、是非是非よろしくお願いいたします。

出来ましたら、「未来の構築」専用ブログにコメントを頂ければ幸いです。




posted by ホーリ at 20:54 | Comment(2) | TrackBack(0) | 新 幸せDNA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2005年11月15日

あなたの幸せとは・・・

おぉ〜、寒ッ!

今、北の大地「北海道」では積丹付近と最北端の稚内付近にでっかい台風のように渦を巻いた寒気が南下しつつあります。

その所為か、モノ凄く冷え込んで来ましたよ!
どうやら今夜は確実に氷点下3℃位にはなりますね。

そんな折、今日も今日とて5缶の灯油を人力給油。

んが!今日は醤油チュルチュルではありません。
50cmほどの長さのノズルを取り付けてのスピーディー給油です。です。です〜ぅ!

(ニカッ!)

日も落ちて、辺りが暗くなってからの姫様のご帰還。
案の定、買っておいでになりました。灯油!

またしても脚立を組んでの給油でしたが、ノズルのお陰で昨日の1/3の時間で完了しましたよ。

そ れ な の に !

北海道の命綱のストーブ壊れた!(ガクッ!)

家に入って温まろうとした、その瞬間!
ピッピッ!と音がしたかと思いきや「E2」のオレンジの文字がピカピカと点滅しつつ火が消えた

小1時間ほど分解掃除を2人掛りでやったけど、やっぱ駄目。
「明日メーカーに電話して聞いてみよう。」と言ったら、我が麗しのフィアンセことプリリン姫の言うことにゃ、「私が電話して聞きます。その結果、出張料だとか修理代だとか、部品代を聞いてあまり高いのなら取り外して車で持ち込みましょう。ねっ!せんせ!」

(ニコッ!)

ニコッ!ってあんた!

取り外して・・・?
それって面倒だし、大型だから重いし、それに灯油漏れるし・・・・・。

と言おうと思ったけど、言葉を飲み込んで何も言えないボク。。。

しかし・・・

良く良く考えてみれば仰せの通り! 横着して楽した分だけ無駄な出費だ。

成るほど!流石の正論だわ。

  姫君ッ!

あんたは偉い!   素晴らしい!   凄い!   頭が下がるよ!ホント!
我が教え子にして、仕事のパートナー。 そして愛しのフィアンセのプリリン姫。

そんな貴女にめぐり逢えて本当に幸せです。
そんな貴女と同じ時間を共有出来て幸せです。
そんな貴女と一緒に居られて幸せです。

幸せって掴みたいと思っても中々思い通りにならないもの。
やっと幸せに!と思っても長続きしないもの。

いつも、片時も、その幸せを感じられる毎日を、こうして過ごせるってこの上なく幸せ者です。

お金やモノや地位や名誉など目くそ鼻くそです。

本物の幸せは人によってもたらされるもの。
本当の幸せは人と人によって育まれるもの。
誠の幸せは人生を共有するお互いによってのみ共有出来るもの。

こんな幸せな日々が、もう何年も続いている。(皆の衆、すまんのぅ・・・)

さて、あなたにとっての幸せって何ですか?

私の幸せは、敢えて言うならプリリン姫の存在。ってことになりますかねぇ〜☆

今日は何だかお惚気ブログになっちまったなぁ〜(エヘッ!)




posted by ホーリ at 23:51 | Comment(8) | TrackBack(0) | 新 幸せDNA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

気になるおケイコを手軽に検索「ケイコとマナブ.net」
おすすめのサイト