ドクターの幸せDNA > 新 思いっ切り生きようぜ〜ぃ!
2009年01月09日

いよいよ本格始動だッ!

 
 
 
みなさぁ〜ん♪ こんにちわ!

今日の関東、激寒〜い1日でしたね。

何と都内で雪が降ったとの事。びっくりですね。


それはそうと6日にチカシさんからコメント頂いて

即座に同日にご返事したのですが、何故か反映されませ〜ん。

チカシさん。ちゃんとご返事書いてますからね。(笑)



さてわたくし、お正月も明けない4日の日曜日の夕方から

福島に行き、5日の月曜日にはY氏と打ち合わせし、福島県庁に出向き、一仕事片付けました。

そしてその日の内にトンボ帰りで戻り、翌日から打ち合わせの連続です。


更に早朝から夜遅くまで、各地からの電話に次ぐ電話の攻勢で

些(いささ)か寝不足気味のおじさん状態で御座いますよ。



世の中、不景気で仕事が無い。と言われている昨今、

有り難い事だ。と思いつつも、少々先が思いやられる今日この頃です。



そんな毎日を送っている最中、

時折、目にする国会記事やニュース

給付金がどうの、離党がどうのと阿呆らしい話題が

浮き彫りになっていますが・・・・・



どうひいき目に見ても、今の自民党では

日本が直面している経済的打撃や不景気を跳ね返すだけの力量は有りそうに思えません。

かと言って民主党も内部はバラバラだし、

掛け声だけは威勢がいいけど、本当にやり切れるのか?と不安を感じて・・・


だけど自民党よりはマシか! 一度、やらせて見るのもいいかも。と思ってしまう。



ここで教訓なんだけど・・・・


だからと言って、どう言う「政府」が誕生しようと

彼らだけを当てにしてはならない。絶対に!


当てにするなら、当てにするだけの人格とちゃんとした政策責任を負える政治家を選ばねばいけない。


更に、今度の「政府」が進める政策とは、

政治家と官僚とが引き合いながら、出来ることから施行する政策に他ならないので

あまり期待し過ぎると、またガッカリさせられる事になるだろうし。



結局のところ、我われ自身が

他を余り当てにせず、自分の力と智恵と、

能力と精神力で、自らの道を切り開くしか無さそうだと思う。



その自らの道を切り開くコツは

@世情を洞察し

A世界の動向と

Bあらゆる情報(環境、新技術、経済、エネルギーなど等)を収集し

C日本国、そして社会や企業の抱える問題点や欠けている点を分析し

D自分だけの力と智恵と、能力と精神力を駆使し

E人がやらない、人がやれない。

Fまた思いも依らない新しい分野に目を向け

G時間が掛っても、ただ淡々とその分野を構築する。

Hそれには必ず必要な人類共通の理念と政策を付加し

Iそれを製品化、システム化、ネットワーク化して世に創出する。


と言う様に捉えつつ、あなた独自のステージを創り上げるように心掛けて

自らの人生を昇華させる努力をすること。



どうです。

難しいですか?


でも考えても見て下さい。

こうした取り組みを、まだやりもしなくて難しい。と言っている間に

何処かで、誰かが先にやり始めるんですよ。


何事もやって見なければ解かりません。


駄目で元々、五十歩百歩じゃ在りませんか!


どうせなら、思いっ切り生きてやろうじゃないですか!


私たちもこうなりゃ、

今年は、今まで以上に全開ぶっち切りでぶっ飛ばしますよ!


あなたは私よりもズッと若いんですから

こんなおっさんに負けぬよう、若い力を怒涛の如くにぶっつけて見ましょうよ。 ネッ!
 
 
 







2009年01月04日

さぁ!いよいよ新春だ!

今年こそ、後悔しない様に思いっ切り生きてやろうぜ〜ぃ♪


そりゃ、世の中、未曾有の大不況かも知れない。

確かに大手企業は株価暴落だし

円高も治まる気配も無い。

その煽りを喰って中小企業は経営が苦しい。

新卒者やフリーターの人たちにとって大変な就職難時代だ。


でも・・・・・

そんな大変な世の中だからこそ

本当に正直に、純粋に

学業を真剣に学び

そして若い力を発揮して

懸命に努力を重ね

自らの人間力を培って来た人なら

世間の荒波を生き抜いて来た人の目に留まらない訳が無い。



これだけは忘れてはならない。

世界中、どんな企業であっても

優秀で、即戦力になる有能な人財を血眼になって捜しているんだ。

大いなる可能性を秘めた精神性と哲学を有し

多少の障害など物ともしない胆力の持ち主で

常に物事の真諦を見極め

礼節をわきまえつつ、道理に添って物事を考え

一度目標を定めたら、トコトンやり切れる人間。


どんな大手であろうと、例え中小零細企業であろうと

必死になって、そう言う人材を捜しているんだ。



こんな大不況だからこそ

余計に必要なんだよ。そう言う若い人が!


でも中には

「そなんの無理だよ。」

「若い俺たちに居る訳。」

「女の私には不可能よ。」

って言う人もいるだろう。



じゃあ聞くけど

「君は本気で生きて来たか?」

「自分中心な甘さや考え方を改め、自分に厳しく目標を課していたか?」

「必ず訪れる将来を見据えて、やるべき努力を本当に重ねて来たか?」

「自分に足らないと思える能力を必死に磨いて来たか?」

「人を頼らず、自分だけの力で困難苦境を乗り越えて来たか?」

「遊びを控え、真剣に学んで来たと言い切れるか?」

「世の中の為になる様な事をやり続けているか?」




人間が秘めている力

つまり「人間力」とは等しく誰にでも備わっているものだ。

またその「人間力」には個性があって

その人固有の他者より秀でた「人間力」を発揮する人も居る。


だが、幾ら生来、誰もが備わっているとは言え

その「人間力」も磨かねば光らないし、育まねば育たない。

自らの「人間力」を磨くのも、育むのも自分次第だ。


それを怠り、時間を無駄に使い、出来るだけ楽をして

世の中、楽しく、好きな事だけ選んで生きて来たとしたら

それは「人間力を養う」なんて到底無理な相談だ。



生きるってことは遊びじゃゅない。

生きるって事は、何時もが真剣勝負だ。

生きるって事は命懸けだ。


この事さえ、ちゃんと自覚していたら

もっと生き方も違っていた筈だ。


そう言う生き方をしていたって

人に騙されたり

事故に遭ったり

失敗したり

誤解されたり・・・・・



でも真剣に生きている人間にとっては

一々、そんなことでメゲて居られないんだよ。


どんな不足の事態が起こっても

どんな苦境に立たされても

どんなに不可能と思える状況下に置かれても

性根を据えて

一段上を目指して全身全霊で一歩を踏み出すものなんだよ。



要するに

生きるって事は自分自身との真剣勝負なんだよ。

自分の中に在る「軽さ」「弱さ」や「甘さ」「脆(もろ)さ」を

事あるごとに打ち砕く真剣勝負なんだ。


その連続が人生であり、その連続に連戦連勝したものを

完全無欠の人間成功者とよび、人間完成者となる訳だ。

その人の「人間力」からは、誰もが強烈なオーラを感じるものだ。



「そんな人間を目指して生きよう」と

何事が起こっても揺るぐことのない「決心」さえすれば

その日からあなた自身は「ワン・ステージ上を目指した一歩」を歩み始めることとなるんだ。


決心とは

物事をやろうと強く心を決めること。覚悟を決めること。意を決することを言う。

これ一つとってもいい加減に生きて来た人には大変なことなんだ。

だって直ぐに「軽さ」「弱さ」「甘さ」「脆さ」が露見してしまうからね。


でも、今までその「軽さ」「弱さ」「甘さ」「脆さ」を

自分で自覚出来ないで生きてきたからこそ

愚痴ばっかり言って時代の所為にしたり

人の所為にしたり

強いては親兄弟の所為にして

挙げ句の果てには、そんな「言い訳人生」を

さも自分は正しいと言い聞かせ、思い込ませて

自分を偽って生きて来たんだもんな。



もうそろそろ、そんな生き方、卒業して

折角、新しい新年を迎えたんだ

ここは一つ素直に反省して

一度しかない大切な自分の人生を思いっ切り生きて見ようじゃないか!


どうせ生きるんなら、人の真似できない凄い人生を生きて見ようぜ!

やれば出来る!やれない事なんてこの世にはない!

どうせなら不可能を可能にして、世界をドォンと変えてやろうぜ!


世界人類がびっくり仰天

大喜びするようなデッカイ事をやってやろうぜ〜ぃ!


こんな時代だからこそ! なっ!
















2008年12月31日

必見!世界同時不況なんかぶっ飛ばせ!

 
 
 
 
こんにちわ。

(と打ち込んでいたら妻が「こんにちわ、の、わ、は「わ、じゃ無くって、は、だよ。」と横からいってます。)
(「そうだよ。知ってるよ。これはワザと「わ」で打ってるんだよ。」って返事しときました。(笑))


さて、今年最後の記事更新です。

本当は「帰ったどぉぉぉ!Uぅ〜!」の記事が最後記事の筈だったんですが(苦笑)


その記事に頂いた真理さんのコメントを読んでいて思わず来年に向けて若い人たちに私からのメッセージを伝えたくなりまして・・・


皆さんもご存知の通り、私たち夫婦はNPO法人 健康環境都市政策センターの所長であり、妻は理事長でもあります。
同時に米国公益法人の代表理事と専務理事です。
また研究開発の為に設立した(有)GTIと言う小さな会社の取締役と、妻は代表取締役。
(このGTIは、グローバル・テクノロジー・研究所の略でコンサルタント業務も行っています。)


そして私たち2人は、今年の4月半ばにWINPRO社(http://www.winpro.co.jp/)とご縁を頂き、私たちはそれを切っ掛けにWINPRO社の事業開発(特許関連、全国の普及ネットワーク構築、関係省庁との連帯など等を引き受けまして)今年の活動が一挙に激変しました。


そうした中、サブプライムローンの破綻に端を発し、リーマンブラザース・ショック、トヨタショックと何重にも不況の波が世界各地に押し寄せました。


その結果、日本国内では大手各社は派遣社員の切捨てを慣行。
数万人に及ぶ人たちが生活のための仕事を失いつつあります。

皆さんはご存知ですか?
平和日本。豊かな国、日本だと言われてきたのに、
世界同時不況に飲み込まれる、その前から
毎日、約90人の人たちが自らの命を絶っていたことを。

一年で約3万人以上の自殺者がいた事を。

その上、今回の大不況です。
来年は企業の倒産は驚愕の件数に上ることが予想されます。


でも私たちは、これまでの活動を通じて、他に依存しない新しい社会システム。新しい製品開発。新しい素材作り。新しい経済システム。を念頭にシャカリキになって来たのです。


それも殆どが奉仕活動であり、投資活動です。
今、自分達が稼ぐことより、将来、皆で稼げることを考えながら。


こうした考え方を、何とWINPRO社の社長は同じように考えていた人だったのです。
だからこそ、私たちは捨て身で省エネとCO2排出削減を掲げて地球と人類の未来の為に風力発電機を普及に、啓発にと奔走しているのです。


そうした純粋な地球規模の、人類の未来を念頭に活動を続けていると、心ある人たちとの奇跡のようなご縁が起こってきます。

これが「縁起」そのものの実践の仕方です。

つまり良い考え方や理念、政策を掲げると、その目に見えない大いなる力に引き寄せられて現れる人々がいる。と言うことです。


今回2度の出張で環境大臣との面談から本当に国家国民のことを考えて政治活動をしている代議士、知事、市長、県議、市議、そして本省の方、県・市の職員方たち、そして企業の方々と面談することが出来ました。

その総勢は、軽く100人を超えてしまいました。

僅か1ヶ月弱の日数で。です。



こうした事を実例として、私は若い方たちに如何してもお伝えしたい。と想いました。


@時代、人種、宗教、イデオロギーを超えた、本来、人間としての正しい生き方、在り方、考え方を自らの内に確立すること。

A人生の豊かさは、その人の行動範囲と逢った人の質と数に比例する。

B目先の利害損得などに振り回されず、人々の役に立つことを真剣に見出すこと。

C他に依存せず、自力で道を切り開くこと。(正しい自律の在り方)

D何事に対しても「自らの限界」を超えることを覚悟し、トコトンやり抜く、やり切る、やり通す。を習慣づけること。

E人のやらない、やれないことを見出し、自らの活路としすること。


以上を自らの人間力の原動力に据えれば、より大きな力を内在する方たちが貴方の前に出現することでしょう。

何故なら、これが本当のエネルギーの法則だからです。


この法則に則るならば、貴方の中のマイナス的思考は、今年の内に奇麗サッパリと捨て去って下さい。

世の中は、暗いことばかりです。
でも貴方の中が、明るい未来に輝いていれば喰らい事象は近寄って来ません。
プラスのエネルギーこそが自分を昇華させ、世界人類に平和と調和をもたらすのです。

これが成功の秘訣です。

こうした当たり前のことを貴方の、貴女の心に根付かせ、本物のあなたらしい人生を切り開いて下さい。

そうすれば必ず新しい、素晴らしい出逢いが縁起されます。


どうぞ、これから迎える新年が、あなたにとって素晴らしい年となりますように!

ご縁がありましたら、是非、お目に掛りましょう。 ホーリでした。




2008年12月30日

帰ったどぉぉぉ!Uぅ〜

 
 
年末も押し迫った本日の夜、やっと帰宅しました。

つぅ〜のも14日の記事を書いた後、私たち夫婦は岡山に向かって愛車ウイングロードで高速移動。
到着翌日から3日間の予定をこなし、3日目の夜は夫婦だけで神戸に移動して1泊、翌日から神戸学院大学の学長と面談し、その後、大阪、京都、そして宝塚へとんぼ返り。
夜9時近くまで打ち合わせをし、その足で再び岡山へ引き返し深夜に到着。
翌日から岡山県庁、そして県北、岡山市内、更には香川県庁にまで足を伸ばしたりと連日連夜の激務をこなしておりました。

七つ違いの姉も関西以外は殆ど休み無く一緒に行動してましたから、さぞや疲れたでしょう。


それでも予定を消化しきれず、日程で延び延びになり、やっと年末ギリギリ、本日の帰還となりました。

2人とも疲れたと言うよりもクタビレタって感じです。

でもお陰で大きな成果が得られ、やっと新年を迎えることが出来そうです。

お正月は、骨休み正月となりそうですが、疲れを取ったら新しい1年を全力で駆け抜けたい。と思う今日この頃です。


それにしても今年1年、皆様には温かいコメントの数々を頂いたり、励ましのメールを下さったりと大変お世話になりました。

どうか新しい年明けが、皆様にとって素晴らしい年と成ります様、心よりご祈念申し上げて、本年の締めくくりとさせて頂きたいと存じます。

今年1年、本当にありがとう御座いました。 拝





2008年12月07日

帰ったどぉぉぉ!

 
 
 
 
 
みなさ〜ん♪ こんばんわ!


半月振りの記事更新どえっす!(余りにも遅すぎですか?(苦笑))




実はですねぇ、5日から長くても1週間の予定で

岡山に出張した訳ですよ。


そしたら予定が次から次へと激変し、ズルズルと長引いてしまって・・・


気がつたら何と15日も経っちゃったんですよ。



でもね、凄く充実した出張となりました。(アへ!)



予定がこんなにも長くなった理由は・・・


私の姉が!

地元で私と同様にNPO法人グリーンパートナーおかやまを主宰しておりまして

このNPOは国定公園の金甲山に粗大ゴミの不法投棄が頻発し

はたまた産廃業者が捨ててはいけない砒素やアスベストを含んだ産業廃棄物を法の目を掻い潜って処理していたことに端を発し

13年間もゴミ対策に取り組み環境浄化活動を展開していたのです。


これが今年になって『世界の宝石−瀬戸内海』をテーマに

瀬戸内海の海ゴミ、更には河川ゴミ、山ゴミへと浄化活動へと活動範囲を拡大しようとしていたのです。


そんな所へ偶然にも遭遇してしまった私。

姉と協議を重ね、私も人肌脱ぐことに!


更にWINPRO社の風力発電にも理解を示した姉は

グリーンパートナーとして省エネと低炭素社会実現の為に推薦しよう。
と言うことになり、合わせて普及啓発活動も!


そして15日間、早朝から深夜までまったく休む間も無く2人して

各政党、各会派の岡山市議さんに。県議さんたちに。

そして平沼赳夫衆議院議員、熊代昭彦 元衆議院議員、相沢一郎衆議院議員、

片山虎之助 元参議員自由民主党幹事長と面談し

更には荒嶋赤磐市長も議会中にも関わらず時間を割いて面談。

その他にも地元でも優良企業である社団法人岡山環境検査センターの八田武志会長と会談。

昼食までご馳走になってしまいました。

そして最終日に、やっと石井正弘岡山県知事、更に天満屋の伊原木一衛会長とも面談させて頂きました。


実は5日の金曜日、夜に新横浜に到着したのですが・・・

帰宅してからの土曜、そして本日は留守中の片付けなどもあり

本日の記事更新となった訳なんです。


それにしても帰宅して留守を守ってくれていた妻に

今回の出張で逢った方たちの名刺を見せたら

先ずはその枚数の多さにびっくり。

そして逢った方たちのお名前や役職を見て二度びっくり。(笑)


総計56枚

内、市会議員さん10名。県会議員さん4名。

市、県の局長、部長さん、環境省中四国事務所などで12名。

その他、企業の方たちなど多くの方々とお逢い出来ました。


明日からは斉藤環境大臣にアポを取り

且つ経産省さん、国交省さんも訪問予定。


世の中を変える活動には際限がありません。


でも

  やめられない!止まらない!かっぱえびせぇ〜ん♪ です。


どうせやるならトコトンやって見ようじゃありませんか!何事も!



今年も残り僅かですから、最終最後までぶっち切りで飛ばしますよん。


取り敢えず出張報告とさせて頂いて

この後、コメントのご返事を書かせて頂きまぁ〜す!


追伸 随分と冷え込み始めました。
   私は土曜日にインフルエンザの注射して来ました。
   皆さんも風邪には十分にお気をつけ下さいまし。
 
では、またぁ! 
 
 
 
 
 




2008年11月03日

食の在り方で身も心も大きく変わる

 
 
 
 
 
みなさぁ〜〜ん♪ こんにちわぁ〜!


何と忙しく走り回っている内に

気付いて見れば、半月近くもブログ更新をサボっていたんですねぇ。


兎に角、WIONPRO社の事業開発顧問として担当している業務は

全国各地の県総代理店と各地域代理店さんの設立、

更には地方の支店や支社の設立及び海外への進出等などなんですが

兎に角、それぞれが目白押しで、休む間もないほどの毎日でした。


そんなこんなでブログ記事を書く暇が無かったんですよぉ。

ホント、済みませんでした。


でもね、さすが英国などは環境政策ではEUに大きく水をあけられている為か

とっても前向き且つ精力的で

駐日英国大使館さんは自国の企業に呼びかけて

何と60企業もの提携企業さんがWINPRO社と組みたい。と言って下さった程です。


それらの英国企業群さんの中には、あのロールスロイス社の名前も!

そこで物は試しにとイギリスに出掛けたところ、

話しがドンドン進んでついに仮契約に至りました。

その他にもインド、南アフリカが決定。

これ以外にもオーストラリア、南米、カナダなど10ヵ国が予定されています。

これら全てがWINPRO社の現地法人を設立することになります。

そうなると来年は殆ど日本に居られない。かもですねぇ。。。



さて、こうした業務に追われ続けていた昨今ですが

そんな中、ふっ!と気付いたことが在るんですよ。


それが『食の在り方で身も心も大きく変わる』ってこと。

どう言う意味かといいますと・・・・


完全菜食にしてから1年半の私。

そして可也多忙な毎日を過ごしているんですが

社の人たちや関係者と宿泊を掛けて同行することもしばしばなのですが

一緒に居ると良く分かって来たんですよ。


つまりそれが『菜食は、疲れにくい体質をつくる』ってこと。

最近、同行している人から

「先生って如何してそんなに元気なんですか?」

「野菜しか食べていないのに・・・」と。(笑)


確かに一緒に仕事していると、

私より若い皆さんは、

朝は元気なんですが、夕方になるとエネルギー切れになるようです。

ですから連日、深夜まで仕事が続くと皆さん、簡単にダウンして仕舞います。


ですから、彼らは精力を付けねば。と肉や魚を食べ捲くります。


ところが菜食、つまり草食動物の私は、

彼らと一緒に何処に食事に行こうが

お店によってはサラダとパン、コーヒーのみで済ませます。


但しサラダの御代わりをすることもしばしばですがね。(笑)


つまり他の若い人たちと比較しても、いつも元気バリバリで、

体力はまるで無限の如くです。


人から言われてみて、自分でも驚くほど疲れ知らずになっていたのです。


雑食の以前に比べ、朝の目覚めも爽やかですし、

お通じもほぼ毎日で病気知らず。


元々、お酒は苦手だし、賭け事も嫌い。

その上、肉食を止めて、人様から聖人君子みたいだ。と言われてますが

タバコだけは少々たしなむ私です。


それも今年一杯で止めようと想っているですが

「タバコ位は吸って下さいよ。そうでないと私たちが困りますよ。」
と言われる始末です。(苦笑)


つまり、あんまり高潔過ぎると付き合い辛いって事なんでしょうね。


さて、お話しの続きとなる『菜食は心まで大きく変える』は

次回にすると致しましょう。 お楽しみに! ホーリでした。

 
 
 






2008年10月14日

誕生日の日に・・・

 
 
 

 
みなさぁ〜ん♪ こんにちわ。

 

さて今月の○○日、ついに・・・・・

55歳の誕生日を迎えてしまいました。



本当はこれ以上、取りたくない歳なのにねぇ〜。。。

こればっかりは逃げようの無い現実が追い掛けて来るんですよ。


これが!



精神年齢は30うん歳で止まったままなのに

体だけは、容赦なく老いて行くんですよ。


あ〜ぁぁぁぁぁ!



とガックリ来ていたところに10数年前に私が主催していた

研修を受講されていた女性から突然に、

本当に突然に、誕生祝いのメールが届きました。

彼女とは10年以上もお逢いしていなかったのですが

お元気でお過ごしのご様子で、お2人の息子さんも18歳と19歳になったとか。


研修受講のころは小学生だったのに・・・


私があっ!と言う間に歳を取る訳です。(苦笑)



その彼女、何でも先月の中頃にこのブログを発見し

過去ブログから3話の小説を読破され

誕生日に合わせてメールを下さったのです。


ありがたいことです。



さて、そんなこんなで私が完全菜食にして早1年半。

そして昨日、2年ぶりに体重計に乗った時のこと・・・


体重そのものは3kg減と大して変化ないものの

体脂比率が、何と17.6%に!


これには、さすがの私も、正直、驚きました。

何となれば、1年半前の私の体脂肪比率


少々肥満気味と言われている25%超えの27%だったのじゃぁぁぁ!


それが−10%だもの。

流石、野菜の力は凄い!と感心してしまいましたわ。


でもね、確かに体脂肪率は17.6%と激減したものの、

それはきっと内臓脂肪が減ったのであって

ウエスト周りの変化は微妙な感じなんですわ。



と言うことはですね、

ウエストを細くしたい美しき女性方は

本来の美しさを取り戻す為に

本気でやるなら

清水寺の舞台が飛び降りるつもりで!

@即刻、完全菜食にチャレンジすること。
 (肉・魚・ミルク(ヨーグルトも)・バター・玉子も駄目だよ〜ん)

A食事量は、腹八分目に徹すること。

B夜9時以降は「おやつ」も駄目。
 (もしも如何してもと言う場合は、豆腐か豆乳で空腹を満たすこと)

Cアルコール類は一口、二口で止めること。

D休日には軽装で出掛け、3時間近くは早歩きでハイキングなど
 体を適度に動かし、脂肪を燃焼させること。

をお奨め致します。


そうればウエストやヒップは勿論のこと

中々、落ち難い肩や二の腕

更には背中(背油?(苦笑))も見事に落とすことが出来ますよ。


だって、我が麗しの妻が実証済みですからね。



兎角、食欲(暴飲暴食、偏食、栄養過多、そして飽食)を制しさえすれば

肉体美は取り戻せるだけでなく

精神的にも強く成れること受け合いです。


是非とも美麗健康なるご自身を取り戻されますことを

切にご祈念申し上げます。

 
 
では、またお目に掛る日まで。。。 
 
 
 





2008年10月07日

久々に『思いっ切り生きようぜ〜ぃ!』だっ。

 
 
 
 
 
 みなさ〜ん! こんにちわ。


夏も終わり、めっきり秋の風情が感じられる季節となりましたね。


このところ仕事に追われ
中々ゆっくりした時間が取れない今日この頃ですが・・・


米国ではダウ平均株価が1万ドルを割り込み

いよいよ世界各国にその余波は大きく影響を及ぼしそうです。


こうなると我が日本でも実態経済は更に悪化し
インフレが益々進みそうな様相です。


こんなネガティブな世情であっても
私たちまでそう成る必要はありません。


だからと言って私たちまで沈み込むことはありませんよね。

せめて私たちだけでもポジティブに!


そして後悔の無い充実した人生を

思いっ切り生きなくては勿体無いじゃありませんか!


以前もお話ししましたが

人生とは『喜びと幸せを見つけるゲーム』なんですから。


では、その秘訣をお知りになりたい方は

エレナ・ポーター著
『少女パレアナ』&『パレアナの青春』を是非お読み下さいまし。

この小説は人間、いかに生きるべきか。を実に爽やかに教えてくれます。


そして、この小説をお読みになったら

先ず、あなたが始めることは

『アウトプット(出力)人生に切り替えること』です。


だからと言って自分中心的な自我欲をバリバリに出力するのではありませんよ。

私たちは、これまで何かに付け必死こいて『インプット(入力)』に努めて来ました。

学校の勉強も学問的知識の『インプット』

そして大人になっても社会的知識や経験、ノウハウやテクニックなど

得になりそうだと思えることを何でもかんでも『入力』三昧。


つまり私たちは『インプット(入力)』することが

然(さ)も「正しい」ことだと教えられて来たんです。


ですから逆に『アウトプット』の仕方、

それも『正しいアウトプット法』を全くと言っていいほど教えられていないんです。


ですからこそ、幾ら「ポジティブに」考える。とか

「プラス思考で生きる」なんて、理屈で分かっている積もりでも

実際は中々上手く出来ないんです。


つまり「根っからのネガティブ人間」に育てられ

『インプット人間』に成り切っていたんですからね。


となると、自らを『本物のポジティブ人間に変える』には

それ相当の努力を要することになります。



だって・・・・

今まで、そんな生き方をしたことが一度も無いんですから!


つまり、当然と言えば当然のことなんですよね。



でも『本物の幸せ』を得たい。と、あなたが本気で切望するならば

絶対にチャレンジすべきなんです。


その良き教本となるのが、先ほどの「パレアナ」です。


その教本で『ポジティブ思考』とは何か?

そして『アウトプット法』のコツとは如何言う事なのか?が飲み込めたら

いよいよ実践法です。


この実践法は、先ず「パレアナ」を読まれた後にお教えすることに致しましょう。(笑)

でないと本当の意味『ポジティブ』と『アウトプット人生』が正しく理解できないと勿体無いですからね。


いずれにしても『本物の幸せを手にする方法』ですから。

それなりの努力も必要な訳です。


『何事も一朝一夕に成らず』ですね。


ではその日まで、みなさんのお便りをお楽しみに待っています。。。 

                          ホーリでした。







2008年08月20日

寝ても醒めても・・・

 
 
 
 
みなさん♪ こんにちわ。


わたくし共、このところWINPRO社の海外進出などで

英国等や国内代理店設立などにより

あちらこちらと忙しく電話連絡をなくこなしながら

更に、事業協同組合の設立に必要な提出書類の山に囲まれて

解読困難な法律用語を頭を掻きむしりながら

何とか書類作成に挑み、大いにオーバーヒート気味の今日この頃です。



それにしても「法律」って年を追う毎にドンドン増えるし、ますます難解になりますねぇ。


公明正大ある筈の組合法を悪用し、海外から入国した人たちを

食い物にした悪人たちも居ましたしね。


それだけ世の中が複雑怪奇になっているって事なんでしょうね。



さて、お盆も過ぎて日中も幾分涼しくなって来ましたが

何だかここ10日間の天気を押しなべて見ると

1日、1日の天気がコロコロ変わってますよね。


朝は晴天なのに急に雨雲が現れて

あっ!という間に雷鳴が轟いたかと思うと

いきなりのドシャ降り。

傘を差す間もなくびしょ濡れ。って事もしばしば。


こう言った現象を気象庁では「ゲリラ豪雨」と命名しているらしいけど。。。



でも雨と同時に、結構、強い風も吹きます。

そうした強風に煽られて激しく揺れる街路樹の枝を見るに付け


あぁぁぁ。勿体無い。この風があればどれだけの電気を創れることか!

と思ってしまいます。(苦笑)


WINPRO社の風力発電に出会ってからというもの

寝ても醒めても「風」が気になって仕方ないのです。



太陽が燃え盛っている間は、太陽光は途絶えることはありません。


それと同じく、地球が自転している間は、風も止むことはありません。


この大自然が与えてくれている自然エネルギーを

効率よく電気エネルギーに変換することによって

地球に、そして私たち人類に良い形で還元できれば

それは、とっても意義あることだと考えています。


そして近頃は、何時もこうしたエネルギーの循環に心が奪われ

そうした事ばかりを考えているわたしです。


みなさんは、どんな事に心を惹かれておいでですか?



わたしはベランダで一服する度に

ベランダから樹木の枝々が風に揺れるのが目に映ると

子供のようにワクワクして来るのです。

今、何m/秒の風が吹いているんだろうかな?

これだと何百ワットの発電が可能かな?ってね。(笑)

 
 





2008年08月14日

お盆中ではありますが・・・

 
 
 
 
みなさぁ〜ん♪ こんにちわ!っとぉ。



さて世間ではお盆休み真っ盛りですが

私は旧来から神官ですので

現在の「お盆」の行事は全く関係在りませぇ〜〜ん。。。


元々、お盆は、古神道で言う「祖霊祭」としてk祭祀(さいし)が
仏教伝来によって今の形態になったものなんです。

ですから古神道の祖霊祭は、
氏神様、つまり私たちの氏(血縁に当る祖霊)を祀る氏神神社にお参りし、
私たちの中に脈々と生き続けている何万、何億、否、何十億人にも及ぶ祖先の方たちのDNA
、つまり遺伝子の一つ一つに対して、今、在るを感謝する儀礼なんです。

要するに、今、私たちがこうしてこの世に存在出来ているのは
私たちの中に連綿と受け継がれてきた数え切れないほど多くの
祖先方がいたからこその事。

もっと分かりやすく言えば、
あなたご自身は数十億人の祖先方で形作られた巨大なピラミッドの頂点に立っている。と言うことなんです。

以前にもお話しましたが・・・
あなたには、父母の両親2人がお出でになります。
それはあなたから見ると2代目の方たち。
では3代目はと言うと、両親の祖父母4人。
4代目は祖祖父母8人。
5代目は16人。
6代目、32人。 7代目、64人。 8代目、128人。
9代目、256人。 10代目で512人。

1代を30年(子を授かる年齢を考慮して)と計算すると、
たった300年間であなたの直系の血縁者に当る祖先は
512人にも上る訳です。

これが20代、30代ともなると10億人を軽く超える祖先方になるんです。

その方たちが、今、あなたの中で息づいている訳です。


それをあなた自身は、どれ程意識し、受け止め、感謝して来たでしょうか?


なのに、こうした神秘的な神霊の働きを太古の人々は何故か知っていたんですねぇ〜。



その感謝の祭りが「祖霊祭」の真の姿なのです。

だからこそ、古神道では神前での心得として

祈らず、願わず、頼み事せず。
ただ感謝あるのみ。


とされて来たんです。


ですから古神道ではお墓参りは毎日の日課であり
別段、特定の日、つまりお盆やお彼岸にお参りするものではありません。

また事情で、お参り出来ない場合は、その方向に向いて

「遥拝(ようはい)」
    ↓
遥か彼方を仰ぎ意識を向けて感謝を捧げつつ二拝二拍手一拝するのです。 


そして私たちは、明日から事業協同組合「環境技術振興会」の設立準備のため
二泊三日の泊り込みで発起人が集い、鉛筆舐め舐め書類づくりに掛ります。


お休み返上でお仕事お仕事。

今に見ておれ!
何時か、嫌というほど休み取ってやるから・・・(苦笑)
 
 





2008年08月11日

忙しさの中で・・・



みなさ〜ん♪ こんにちわ。


それにしても、この暑さは何なのさ!

にも関わらず、突然、大雨が降ったり。


やっぱり可笑しいぞ、地球環境。って言いたくなります。



さて先日、急なご依頼で出張した時のこと・・・。

常日頃、何かとお世話になっているF会長を交えてのY氏との打ち合わせが終わり

「お食事に」と誘われるままに市内の高級なお寿司屋さんにお連れ頂き

例の如くかっぱ巻き、新香巻き、干ぴょうj巻きなど
野菜系の巻きものを美味しく頂きながら

人間について 生き方について こころについて

など会話や意見を交わしていると


Y氏から「では、次に場所に移りもっとお話し致しましょう。」

と促され、歩くこと5分。


お連れ頂いた所がY氏の行き付けのラウンジ


元々、私はお酒を飲まないので

こう言う場所は全然似合いません。(苦笑)


そして案内されるままにカウンターに腰を下ろし

カウンターの前に佇む女性にウーロン茶をお願いし、再び会話を開始。


前段のお寿司屋からの会話をご存じないその女性は、
それでも私たちの会話を笑顔で頷きながら聞かれておりました。


その時、何故か目の前に佇む女性が、

こうしたお店の人とは何となく違う雰囲気を一瞬ですが感じていたのですが

そのまま小1時間もおじさんたちは会話を楽しんでいたでしょうか?

その内、目の前からその女性がスーッと姿を消し何処かに行ってしまわれ・・・


きっとお手洗いにでも・・・と想っていて

引き続き、会話を続けていると何処からとも無く風が流れる様に。


そう。まるでそよ風のように本当に自然にピアノの旋律が流れて来て・・・


それも聞いたことのあるクラッシックの名曲です。


会話を続ける、それも初めてお邪魔した私はテッキリ有線音楽だとばっかり想っていたら

一曲、終わったところでお店のお客さんたちが拍手をするではないですか!


私も、ついつられて拍手してしまいましたが

拍手しながらお店のママに「誰かが演奏されていたんですね。」と言うと

「あら!さっきまでここに居た彼女よ。」と
ママは入り口付近に立て掛けてあるCDケースを持って来てくれて

「彼女、海外では有名なピアニストなのよ。」とCDを見せてくれた。



ジャケットを見ると

確かに先ほど目の前に佇んでいた彼女の写真が、

そしてTAKAKO ASAHINAと書いてあります。


私がジャケットの中を読んでいる、その間も

何とも心地いい旋律が店内に溢れてきます。



正直、こんな感じに包まれたのは初めてのこと。

何時の間にか会話も途絶え

聞き入って仕舞うほど旋律です。



その旋律に聞き入っていると

何だか他の人とは違った彼女の人生までも感じて仕舞う気がします。

そうでないと、ここまで人のこころを魅了する演奏は出来ないだろう。と想うからです。



そして十曲近い色々なジャンルの曲を奏で

そして彼女は再びカウンターに戻って来られました。


すると不思議なものですね。

演奏する前の彼女と

演奏を終えて戻ってくる彼女と

まるで別人の様に見えるんです。


そう何と言うか・・・

演奏前は、何となく不思議なオーラーに包まれている女性

演奏後は、明らかに高揚した熱いエネルギーを発散している女性。


やはりプロって凄いですね。

ピアノ演奏に人生のすべてを捧げる姿。

思いっ切り生きている女性との出逢いでした。


Y氏に改めて感謝しました。

こんな素晴らしい経験と素敵なひと時を過ごさせて頂いて・・・


では、その朝比奈 隆子さんをご紹介致しましょう。
        ↓
http://jp.youtube.com/watch?v=9ubT8RgjSik


これだけでなく、その他にもインタビューやご挨拶もありますので
是非、ご覧下さい。


出張先での心に残る素晴らしい出逢いのお話でした。




2008年08月07日

兎に角、東奔西走中だッ!

 
 
 
みなさぁ〜ん♪ 目っ茶、ご無沙汰してしまいました。

ホント、申し訳御座いませんですぅ。


もう兎に角、WINPRO社の事業開発顧問として

毎日、怒涛の如く走り回っている今日この頃。


エッ?

ブログ記事も更新出来ないほど忙しいのか?って?


まったく、その通りなんですよ。

朝、早くから深夜に至るまで土曜も日曜も在ったもんじゃありません。


それこそ分刻みの予定で多忙中をまっしぐらなんですよ。


それに加えて先週の木・金・土曜の3日間

ビッグサイトで環境展が開催され

WINPRO社のブースは黒山の人だかりで大成功でした。
(私は都合で金曜日の昼過ぎから手伝ったのですが・・・)


そして経済産業省から及びが掛り

環境技術に於ける新技術支援の法律を策定する準備段階として

プレゼンをさせて頂いたり

更に経産省許認可の事業協同組合の設立準備の打ち合わせやら

実質的な設立書類の作成など・・・

兎にも角にもやる事が多すぎて

このクソ暑い(言葉が汚くて御免!)最中に、オーバーヒート気味の私たちです。


その上、WINPRO社の新しい特許の申請内容のチェックやら

更に次々と出てくるアイデアを追加項目として付け加えたり

その他風力発電に関する意匠登録なども手がけているものですから・・・



その上、各地域の総代理店創出のお世話や

新規総代理店希望者との打ち合わせやアドバイスもこなしていますね。



また僅かな合い間をぬってWINPRO社の風力発電から生まれる

完全クリーンエネルギーを活用した様々なシステムを考案したりしてるんですよ。


例えば高効率で空気から飲料水を得られる装置とかね。



これが完成すれば

飲み水が無くて、毎日、衰弱死している数万人の子供達の命が救えます。


何とか、完成に漕ぎ付けたい増水システムです。

と言うことで、近況報告記事になりましたが、

どうか見捨てないでやって下さいましね! ホーリでした。







2008年07月27日

上昇気流に乗ったみたいに・・・

 
 
 
 
みなさ〜ん♪ こんにちわ!

毎日、亜熱帯ばりの蒸し暑さですね。


そんな中、わたしたちは朝から深夜まで

兎に角、忙しく走り回っています。



WINPRO社に出会って、早、3ヶ月チョット。

製品が世界に誇れる先進技術によって生まれた風力発電だけに

省エネと低炭素社会の創出という時代背景もあり

国内は下よりイギリス、フランス、スペイン、イタリア、そして中東のドバイからアフリカの国々からと、世界各国から急速に注目が集まり

その対応に大わらわ!でっす。


また国内では私のネットワークから

特に若い人たちにこの風力発電事業への参画を呼びかけたところ

北関東で33歳の男性ご夫婦、さらには都内で23歳のうら若き女性が奮起し

新会社を設立し、大きく活躍しようとしています。


そうした決意の原動力は

やはり地球大自然と世界の人々の未来の為に!

との想いの顕われだと想います。



また先般、関西に出張した際にお目に掛った

関西経済界を代表する方々も

世界の為に!と私たちの普及活動にご協力下さることになりました。


もう暫くは詳細をお知らせ出来ませんが

思わずひっくり返りそうなほどの驚きの展開が

毎日のように続発している今日この頃です。


きっと来月の中ごろ位には

色々と詳しくお伝えしたいと想います。



ただ言えることは・・・

「これからの3年間は我が人生の総決算であり、人生完成への時間」

と考えていただけに

まさしくその通りの展開になりつつ在る事だけは間違い在りません。


今までの人生の道のりで

それぞれの人脈や、やって来た一つ一つの「点」が

風と言うキーワードで「線」となって結ばれている気がします。


その内、皆さんともこうした好機と良縁で結ばれる事を願っています。


では、またお目に掛りましょう。バイバ〜イ♪
 
 
 










2008年07月19日

更新、遅くなりやしたぁ!

 
 
 
みなさ〜ん♪ こんにちわっ!


しかし暑くなって来ましたねぇ!

もうこの暑さには寒冷地仕様の私にはとても耐えられません。

許されるなら北海道に帰省したいものです。


どうぞ、みなさんも熱中症などに十分注意されご自愛下さいませ。



さて13日の日曜日からWINPRO社の社長とご一緒に大阪へ

社長は1泊2日、私は2泊3日の予定で出張したのですが・・・


おっとドッコイ!

私が携わるべき予定が日を追うごとに追加され

あれよあれよと言う間に、何時しか6泊7日となってしまいました。

それもほぼ毎日早朝から深夜11時ごろまでスケジュールはビッシリ!


でもお陰さまで

私の弟分は無事、近畿総代理店を開設でき

今後の事業計画もほぼ見通しが付きましたし

私の旧知の友人T氏も風力発電事業に参画してくれる事となり

またその友人が国際機関であるWHOジュネーブ本部に対して

世界の人々の安全と安心の基礎となる健康環境の創出に

我らがWINPRO社がお手伝いさせて頂くご手配を快諾下さいました。

更にイギリスはロンドンに設立されている

IOC公認でオリンピック精神の啓発啓蒙団体である

「オリンピック・スピリッツ」の活動にも

WINPROが参加させて頂くことをご了承頂きました。


更に関西財界の大御所の方々とご面談させて頂き

WINPRO社の風力発電の特徴をご説明し、ご理解の上で

省エネルギー並びに地球温暖化を踏まえた低炭素社会に向けた

WINPRO社の普及活動に過大なご尽力下さることとなりました。


これで本当の意味での「百人力を得た」気持ちです。

それもこれもWINPRO社の世界に誇る日本の技術!が在ればこそです。


ほんとうに!本当にありがたい限りです!


これが在れば、飲料水も作れ

農作物も栽培できます。


まさしく『クリーンエネルギーは世界を救う!』です。


こうして応援下さったみなさんや
ご協力、ご支援下さった方々に心より厚く感謝申し上げます。




と言うことで・・・

ここでWINPRO社の風力発電の主な特徴をご紹介致しましょう。

@ブレードによる風切り音が無い

Aコアレス発電機には共振性が無い

B風速1.0m/秒から回転を始める
(これは従来の技術では不可能だった。従来は3.5m/秒から)

C風速1.2m/秒から発電を開始する
(これも画期的で、今までは発電開始は5m/秒以上必要)

D耐落雷性に優れている

E防塩害仕様である

F特殊構造のコアレス発電機にはデスクブレーキが無く
 従ってブレーキのメンテナンスが不必要である

G更に、現在、問題となっている低周波を一切発生しない。

など等です。

そう言う目線で今一度WINPRO社のHPをご覧下さいまし。
             ↓
        http://www.winpro.co.jp/
 
 
じゃあ!また次回、お目に掛りましょう!
 
 
 





2008年07月10日

環境技術で世界貢献!じぁ

 
 
 
 
みなさ〜ん♪ こんにちわッ!


ここ数日間、兎に角ぅ、ドタバタしとりました。

WINPROさんとご縁が出来て以来、

そして7月1日からの『我が人生の完結編スタート』と重なって

何となく風の吹き方が今までとは大きく変わって来たようです。


こうなると不思議なことに

今までそれとなくお付き合いしていた企業さんたちから

突然、電話が入り

『先生、実は・・・・』と相談を持ち掛けられる事となります。


ところが、その相談事を聞いている内に

私の頭の中で「ピピピッ!」と閃(ひらめ)きが走ります。



ご本人は自社の相談事をしているのですが

それを聞いている私の頭の中では

その企業さんなどの製品やシステム

つまり、それぞれが単体単独なのにも関わらず

その一つ一つの点が

WINPRO社製の風力発電による

完全エコでCO2排出ゼロの電気エネルギーを活用した

環境技術アイデアが「ポッ!」「ポッ!」と出て来るのです。



それも、それらの環境技術システムは

アフリカや東南アジアの人々を苦しませている

食糧不足は下より安全な飲料水までもが安定供給でき

また今まで夜ともなると暗闇で生活したり

ろうそくで生活していた人々に

日常生活で必要な電灯さえも点灯できるのです。


このことをWINPRO社の社長に電話で話すと大賛成!

早速、土曜の夕方に待ち合わせして

世間では当たり前の

「打算計算」「利害損得」に囚われることの無い

我々だけの本物の国際貢献サミットの開催と相成りました。(笑)



私たちが出来ること。

    私たちしか出来ないこと。

        これからが私たちおじさんパワーの見せ所でっす!


   いずれ誰でもが参加できるシステムも構築する予定です。

 そうなったら是非一緒に世界を舞台に頑張りましょうぞ!


    では、また次回、お目に掛りましょう!

  追伸 日曜から、またまた出張でっす。
     次回更新は15日過ぎになるかなぁ〜?
     その間ご遠慮なく
     ドンドンバリバリ、コメント下さいませぇ〜!
 
 
 




2008年07月05日

一滴の水が大海に還るが如く




みなさ〜ん♪  こんにちわっしょい!


いやいや、今日も蒸し暑い1日でしたなぁ〜。
流石に日が落ちると、チョッとは涼しくなりますが・・・
これが、もう少しすると夜でも寝られないほど蒸し蒸しするんですよね。

あぁ〜。。。暑ちぃ〜の苦手だなぁ〜。。。

北海道が懐かしいなぁ〜〜。



さて河口湖での特別研修ゼミが終わって

早くも丸2日も過ぎ去ってしまいました。

私たちは専修ゼミが終わり、河口湖から約3時間ほど掛けて
道志道をひた走り、途中、夕食を取り、帰宅して直ぐにブログを書き、
翌日に備えて1時過ぎに就寝。

そのあくる日は7時に起床してビックサイト会場へ。
実は医薬品などの製造プラントや医薬品業界、
そして薬品原料などが途轍もない広さで展示されていて
今後の参考にと見て回ったんです。

そして午後3時に新横浜駅で奈良国際弁理士と待ち合わせし
何度もこのブログでご紹介した『WINPRO』の社長を交え
新たな特許申請の打ち合わせを行い
その後、総勢7名で今後の省エネと二酸化炭素排出削減などの
環境問題に対応する為のWINPROサミットを深夜まで開催しました。


それにしてもおじさん達が一堂に集まり
真剣にやり取りしながら
近未来の世界を自分達の力で何とかしよう。と
話し合うのと実に様々な、そして多岐に渡る話題が次から次へと広がり
本当に楽しくもあり、意義深く、
また何時の間にか将来の夢を語っている顔は
子供のように輝いていましたね。

本当に素晴らしい時間を過ごさせて頂きました。


そして帰宅して見ると
参加された方々から入れ替わり立ち代りに
棟が熱くなる様なメールの数々を頂き
ご指導する立場を預かった私たちは感無量で
そのメールを読ませて頂きました。


本来、私たち人間は

本人でさえ気付いていない

素晴らしい能力と無限の力を秘めているのです。

ところが、残念なことに

こうした大切なことを誰からも教えて貰うことなく

今日を過ごして居るのです。


こんな勿体無いことは他に在りません。


ですから私たちは、その点だけを特に絞り込んだ

特別専修ゼミを開催させて頂いたのです。



ですから、受講された方たちは気付いた筈です。

それは今までの自分と言う存在は

この五感とこころといのちを正しく使えば

他の人たちといのちさえも共有でき

自然と共生できる力を持って居たんだな。ってことを。


それは自分と言う「いのち」が

まるで

「一滴の水が大いなる大海にポトンと落ちた瞬間に」
「大海そのものに成り得るのだ」と言うことを・・・


そうする中

参加者の一人であるnaokick君が受講者として
ついに、そのあらましをご自身のHP『Maditation』の
ブログで彼なりの言葉で克明に綴られています。

  ご興味のお在りの方は、是非、ご一読下さいまし。
 尚、HPのトップにある「喜怒哀楽」をクリックして下さい。
           ↓
  http://www.h3.dion.ne.jp/~naokick/index.html


 では、また後日、お目に掛りましょう。
 
 
 





2008年07月03日

特別専修ゼミ、見事に終〜了〜!

 
 
 
 
みなさ〜ん! こんにちわぁ〜〜♪


さて7月1日、わたくし目の新たなる人生のスタートの日に

このブログがご縁で知り合った方

実はカナダの真理さんが開催してよ。と言いだしっぺなんですよ。



その真理子さんたちを筆頭に5人の参加のもと

河口湖畔は『麗峰』さん→http://www.reihou.com/

に前日宿泊でカナダより来日された真理さんの母上とお嬢さん

そしてそのネット友達で愛知のチカシ君

更に岐阜からはMEDITATIONのnaokick君と少人数ながらも5人全員が揃い

深夜2時半頃まで楽しいひと時を楽しみました。


その際に真理さんがこのブログをすべてプリントされて読破し

更に『沈黙の黎明』『新世紀の黎明』『神世紀の黎明(執筆継続中)』までも読破し

どうしてもゼミを開催して欲しい。とのご依頼となり

チカシさんをメールで誘い、

はたまた日程が決まった後に私からnaokick君にメール連絡し

今回の開催となった不思議さを話しながら様々な話題に花が咲きました。



そして翌2日、そして本日の3日の2日間で

これまで私たちが開催してきた2泊3日のカリキュラム研修ゼミと

やはり2泊3日の内観ゼミの計6日間のゼミを


なっ!何とたったの2日間が慣行しました。

でも受講された方たちはゼミの目的はご存知ですが

ゼミの内容は一切ご存知ありませんから

一体何が始まり、何を教わり、何を、どの様に学ぶのか

受講されて始めて知ることになるのですが・・・


でもそんな大忙しの全カリキュラムを

本当に短時間に、そして見事にやりこなされ

また吸収すべきは正確に吸収されました。



これには何百回となく主催してきた私たちも

本当に感心せずにはいられない程でした。



学ばれた5人、その中でも僅か7歳のエイミーちゃんも

シッカリと学ぶべきポイントは学んでいるんですからね!驚きです。



それにしても素晴らしい専修ゼミでした。

たった2日間のゼミでしたが

参加された5人の方たちの成長振りと変身振りには驚きを隠せません。


今後のおひとりお1人のご活躍がとっても楽しみです。


兎にも角にも受講された5人の皆さん

本当にお疲れ様でした。

そして各々の方が自らの力で『人生の目標』を明らかにされ

何ものにも負けない強さと

いかなる場合でも明るさを失わず

大いなる大愛を内に秘め

本当の自分自身でこれからを歩まれる心を自覚され

明日に向かう勇気と力を見出されたこと、

本当におめでとう御座いました。


これからの益々のご活躍をご祈念申し上げます。


そして、また何時の日かゼミでお目に掛りたいと想います。


更に、こうした専修ゼミの受講に興味がお在りの方は

受講されたご本人、

そう・・・MEDITATIONにお邪魔してnaokick君にメールでお尋ね下さい。

もしかしたら今後は、彼がゼミを主催されるかも知れませんから・・・(笑)


いずれにしましても

新しい人生のスタートを切ろうとしていた私に

こうした素晴らしい専修ゼミを開催させて頂けるチャンスを下さった

真理さんを初め参加者の皆様方に心より深く御礼申し上げます。

本当に、ありがとう御座いました。



と言うことで、では、また次回。。。。。   ホーリでした。 
 
 
 
 




2008年07月01日

新 思いっ切り生きようぜ〜ぃA

 
 
 
 
みなさ〜ん♪ こんにちわ。


さぁ!ついに7月1日を迎えました。

昨日までの古い私は死にました。(チィ〜ン♪)

今日からの私は新しい自分で生きて行きまっす!(笑)


自分で勝手に決定したことだとは言え、私にとって、
これからの3年間はこれまでの50有余年の総決算であり
且つまた我が人生の完成の3年間でもあります。

そう考えると何だかとてもワクワクして来ます。
何だが体の芯から力が湧き上がって来ます。
そして何だか言葉に成らない程の想いが
心に満ち溢れて張り裂けそうな位に膨れ上がっています。

この感じ、とっても久し振りです。

過去に数度、こうした経験をしましたが
その度に人生が飛躍的に激変して来たことを思い出します。


それからの3年間がもの凄く楽しみです。


その上、本日、夜半より2泊3日間、
河口湖畔のとある宿舎で私たち夫婦で「研修ゼミ」を開催することになりました。

このゼミの開催の切っ掛けは
何時もコメントを下さるカナダの真理さんのご希望によるものなんです。

このゼミの為に半年前から真理さんと打ち合わせを繰り返し
ついに今回のゼミ開催となりました。
ですから真理さんのお母上と真理さんのお子さんの3人は、このゼミを目的にご帰国されたんです。

凄い精神力ですね。

また不思議なことに真理さんのネット友達の中部在住の学生さんでチカシ君も。。。

また私の旧知のネット友達でリンクに貼り付けてあるMEDITATIONのnaokick君も。。。

それにしても今回の参加メンバーの顔ぶれを良く良く考えて見ると・・・・

        私小説『沈黙の黎明』
            ↓
 http://www.h3.dion.ne.jp/~naokick/SILENT/top.html

を読まれた真理さんが私にメールを下さったことが切っ掛けなんです。

その小説を管理してくれているのがnaokick君なんです。



でも今回のゼミ、少人数ではありますが

今までに無いゼミに成るのでは!とドキドキしている今日この頃です。


何せ、今回のゼミの最終目標は、

  自らの人生、何をさて置き、思いっ切り生きようぜ〜ぃ!

             なんですから!(笑)
 
 

 では、次回の記事更新は、ゼミ終了の3日以降に!
                 じぁ〜ねェ〜!バイバ〜イ!
 
 





2008年06月29日

新 思いっ切り生きようぜ〜ぃ!@






みなさ〜ん♪ こんにちわ〜!

記事の更新が、ほぼ1ヶ月振りになってしまいました。
こんなことブログを始めて初めての事なんですけど・・・

まぁ〜!
それだけ忙しくしていた。と言うことでご勘弁を!

事実、本当に忙しく走り回っていたんですから!



特にわたくし事ではありますが

7月の1日から3年間を

『我が人生の完成の3年間』と位置づけ

持てる能力と体力、そして与えられた貴重な時間をフル活用し

表題の『新 思いっ切り生きようぜ〜ぃ!』を地で行きたいと考えています。




そこで先ず、現在、進めてているのが

石油高騰の昨今、

地球環境を念頭に優れた省エネと二酸化炭素排出削減を可能とする

風力発電のWINPRO社 → http://www.winpro.co.jp/

さんと事業開発顧問としての契約を締結してからと言うもの

私が担当する関係省庁への政策提案に始まり

私の仲間たちにもWINPRO社の情報を提供し

全国への普及を推進している中


これまた昨年末に私の弟分の沖社長が設立した

ソリダス(株) → http://www.solidus-japan.com/(現在、HPをリフォーム中)

をWINPRO社、近畿圏総代理店として契約を締結し

その後、彼の会社を中心に中国、四国、

更にはイギリスのロンドン大学を中継して

アフリカ諸国、アジア諸国へと普及を拡大しつつあります。


また若い女性(24歳)の森さんが

私の提唱している『新規産業創出事業』を本格的に立ち上げ

来月辺りには法人化すると共に

新しい情報を共有し、共に研鑽を深め合う仲間に呼びかけて

座談会や研修ゼミを開催すると共に

知的所有権を有する新規事業を推進することになりました。

当然、以前お話ししていた『200年住宅の開発と普及』も全国規模で行います。


いずれ、沢山のプロジェクトの詳細を

このブログで詳しくお話しさせて頂きますので

今、暫くお待ち下さいませ。



さぁ〜てと!

一切、悔いの無いように

みなさんも一緒に

命を懸けて思いっ切り生きて見ましょうよ!

            地球と人類の未来に向けて!







気になるおケイコを手軽に検索「ケイコとマナブ.net」
おすすめのサイト