2009年06月10日

いんゃ〜!参りました。

 
 
 
みなさん〜♪  こんにちわ。


予想外にご無沙汰してしまいました。



と言うのも、先日来よりブログの更新をしようと

何度も試みたのですが、何故かログインできなくなってしまいまして。


そこで我がPCのおっ師匠さんである
笑いまのしげえ隊長(http://www.h5.dion.ne.jp/~sigee/)にSОSのメールを出したんですが・・・

一向に返事が来ず、そいでもって携帯に電話すると・・・

「現在、使用されていない・・・」とテープが流れ

仕方なくご自宅に電話してお母様にご伝言。


するとしげえ隊長からやっとこさ当方の携帯にメールが。


で本日、色々と解決策をご教授頂き、更新でけました。(ホッ!)


しかし、何ですな!

PCって、やっぱり難しいですな。

まずPC用語が多すぎて、私らの様なおっさんにはホント難解ですわ。


それにしても若い方たちは素晴らしいですな。

こうした日々新しく使われる用語を一発で使いこなされるんですからね。


さてと。

では心、新たに、また記事の更新に努めさせて頂こうと思います。


先ずはご無沙汰してしまったお詫びと経緯経過のご報告でした。




posted by ホーリ at 20:01 | Comment(4) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年05月28日

好物のホップコーンが・・・

 
 
 
 
みなさ〜〜ん♪ こんにちわ!

出張に次ぐ出張で少々ヘロヘロ状態のわたしです。


特に自治体さんの首長さんや担当関係者方に

低炭素社会に向けての政策提案を含めて

WINPRO社の小型風力発電から海上風力発電の企画などを

ご提案させて頂いています。



ところで全然関係ないことなのですが・・・


わたし、天塩風味のポップコーンが好物なのですが
(醤油バター味はどうも苦手なんですわ。)


このポップコーンが、最近、コンビニやスーパーの店頭から姿を消しています。


欲しい。食べたい。と思って、無いと余計に食べたくなるのが人情。

まして車で夜走りする際、眠くなったらポリポリ食べてると

目が覚めて来るんで重宝してたんですけどねぇ〜。



それで事あるごとに通りすがりのお店を捜して見るんですが


無いんですよ!これがッ!



やはりバイオ燃料精製の為にコーンそのものが入荷不足なんでしょうかねぇ〜。


誰か、この辺りの事情、ご存知ありません?


あぁぁぁぁ! ポップコーン、食べたぁ〜〜い。。。







posted by ホーリ at 01:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一言いわせて!時事ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年05月14日

もしも、あなたが「神」だったら・・・6

 
 
 
みなさ〜ん♪ こんにちわ!


今日のお天気、全国的に変な感じですね。
昨日など関東では真夏日だったのに・・・
一夜明けると、北海道のオホーツク沿岸地域で雪が降ったそうです。

北海道に居たころ、連休中の雪を経験しましたが
まさか5月の半ばに雪が降るなんて!

道内に住んでいる知人の話だと、未だに寒い日が続いていてストーブを消させないそうです。


地球温暖化現象は、実に多様な気候変化や変動を引き起こすとされていますが

確かに今までの経験など、とても通用しない様です。



さて前号に引き続きいてのお話です。



先ずはこれをご覧下さい。

一体、何だと思われますか?

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Debris-LEO1280.jpg

これは「スペースデブリ(space debris、デブリ)」または「宇宙ゴミ(うちゅうゴミ)」と呼ばれるものの画像です。

つまり「スペースデブリ」とは、なんらかの意味がある活動を行うことなく地球の衛星軌道上〔低・中・高軌道〕を周回している人工物体のことなのです。

それは宇宙開発に伴ってその数は年々増え続け、対策が必要となっているのです。


もっと詳しい情報は
    ↓
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%87%E3%83%96%E3%83%AA


さらに登録されている人工衛星をはじめとする宇宙ゴミの数は9000個を超えるそうです。


その画像が、ご覧頂いた地球を取り囲む白い点の数々なのです。


たった100年足らずで、人類は何と地球を汚してしまったのでしょうか?

地球全体のわずか3割に満たない地上で

7割に及ぶ海洋まで汚染し

地球全体を取り囲む大気の組織まで破壊し

挙げ句の果てには宇宙空間にまでゴミの山を放置している現実。


これらの全てが人間の利益や欲望を満たすための行為によって

生じた現象なのです。


そして人類が増加するに比例して

地球上の多くの生命体が滅んでいまいました。


このことを誰もが知りながら

でも誰も今の生活を本気で変えようともせず

相変わらず衣食住と富への欲望を追い求めています。


この在るがままの現状を

「神」なるあたなが観て、一体、どう思われるでしょうか?

そして、

一体、どの様にされますでしょうか?


 





2009年05月11日

もしも、あなたが「神」だったら・・・5




みなさ〜ん♪  こんにちわ!


またしても記事の更新に間があいてしまいましたね。済みません。

出張を終えて、関東に帰省しましたが、
大型連休の合い間をぬっての飛び飛びの仕事が舞い込んできまして・・・


これでも結構忙しかったんですよ。(冒頭から言い訳で始まってしました。(苦笑))



さて先日、妻がツタヤでDVDを借りてきてくれました。
ケースを取り出して見ると、新作の「地球が静止する日」だったんです。

確か、この映画は4〜50年前の作品のリメイクなのですが・・・

早速、見ましたよ。DVDを!


旧作のストーリーをフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』で調べると・・・

アメリカの首都ワシントンDCに銀色の円盤が着陸し、人間の姿で奇妙な服を着た男が現れた。
彼の名はクラートゥ。
自分は宇宙人であり、地球人には危害を加えないと語る。
しかし警備兵は彼に向かって発砲してしまう。
船体から巨大なロボットのゴートが現われ、周囲の武器を破壊しようとするが、クラートゥはロボットを制止した。

彼は大統領秘書に、地球上の指導者たちが核兵器や戦争による殺戮で他の天体の征服を考えるのは、他の星からの攻撃に繋がることを忠告したいと言った。
彼は地球人を説得する平和の使者であった。
指導者たちが彼と同席することを拒んだため、クラートゥは宿屋に住み街の人々に紛れ込んだ。
彼は科学者バーンハート教授と会い、使命の重大さを認識させるために世界中の電気を止めることにする。

しかしクラートゥの意図は誤解され、逮捕命令が出された。
軍に逮捕されたとき、彼は致命傷を負ってしまう。
ゴートは救出のためなら市の破壊も行う。クラートゥは使命を果たすことができるのか。

と書かれていました。

キアヌ・リーブス主演の新作は多少ストーリーに手が加えられていましたが
流石にCGが多用されて中々の迫力で楽しめました。

参考までに「地球が静止する日オフィシャルサイト」です。
             ↓
      http://movies.foxjapan.com/chikyu/


しかし、この映画が一番訴えたかった本当のテーマとは

非常に重要なものなんです。


それは

「地球人類が絶滅すれば、地球は救える。」と言うこと。


これは、まさしく現在、人類が直面している地球環境問題への
究極の解決策が示されている訳です。



そこでブログ記事のシリーズの

もしも、あなたが「神」だとしたら

現在の地球の惨状を観て、神なるあなたは、一体、如何されるでしょうか?

映画の主人公クラートゥの様に、
先ず地球の生物たちを救い出し、
次に人類と人類が生み出した副産物を悉く(ことごと)消滅させることを決断するでしょうか?

それとも映画の様に
結局は、人類の心に僅かばかり残っている良心と愛に進化への望みを掛けるでしょうか?


いずれにしても、これからの時代に在って、
世界の人々が必ず出さねばならない答えがあります。

それは・・・

人間としての尊厳とは?

そして・・・

地球にとっての人類の存在意義

他の生物達にとっての人類の存在価値に尽きると思います。


これらの明確な答え無くして

人類が自ら生み出した

人類が抱えるすべての問題の根本的な解決は無い。と思うのですが。


いかがでしょうか?
 
 







2009年04月24日

もしも、あなたが「神」だったら・・・4

 
 
 
 
みなさ〜ん♪ こんにちわ!


またまた出張先からの更新でっす。



さて、このブログを通じて古くからお付き合い頂いている方々は

すでにご承知の如く、私自身は代々神官の血筋の家に生まれましたので

当然、神官である訳です。


ですが、従兄弟に跡を任せましたので

現在は神社に奉職してはおりません。


しかしながら私の体の中には

太古から、連綿と受け継がれてきた「いのちの伝承」は

歴然と息づいています。



その「いのちの伝承」を分かり易くお話しした記事が

2005年4月23日に書いています。



その記事には・・・

@自分が気付いていない途轍もない才能と能力を潜在していると知る事である。
と書いています。

それは・・・
例えば、貴方には両親が2人お出でです。
その両親にも4人の祖父母が居られます。
そして、その祖父母にも祖祖父母が8人居られます。
その様にあなたを基点として10代さかのぼると2の10乗で1024人。つまり約1000人もの祖先の人たちが居ました。
さらに20代さかのぼると1000×1000で約100万人。
30代さかのぼると1000×100万で約10億人。
1代30年考えると30代で900年。

つまり約1000年前にさかのぼったら、あなたには10億の人達の遺伝子が体内に生き続けている事になります。

つまり、あなたの中には遺伝子と言う形で、本当は何でも知っていて、何でも経験し、何でもやれる能力を秘めていると云う事になります。

その事が本当に理解できれば・・・・・
あなた自身は自らを意識化、つまり潜在されている本当の自分の意識を目覚めさせればいいのでです。

そして、もう一つ。

あなたが知っている心や思いは意識全体のたつた一割でしかない。と言うこと。
残りの九割、つまり90%は眠ったままなのです。と書いています。



次に・・・・

Aあなたは途轍もないエネルギーを内在している。と書いています。

それは、アインシュタインの相対性理論E=mc2を例題に上げました。

つまりエネルギー=質量×光の二乗倍の法則です。

これを、あなたに当てはめて見ます。

例えばあなたの体重が50kだとすると・・・
光速は秒速300000000m/sとなり
50k×300000000×300000000=4500000000000000000となります。
これは日本の単位では450京(けい)ジュールと言う単位になります。

これをキロカロリーに変換すると
450京×4186.05=1075000000000000Kcalとなります。

つまり1075兆Kcalなのです。



ですが、これでもピンと来ないだろうということで

参考までに、日本全体の一年間の消費エネルギーは5000兆Kcal

だから、あなた一人が内在するエネルギーの大きさが分ると思います。

因みに広島に投下された原子爆弾が放出したエネルギーは48兆ジュール。

ですが、あなたのエネルギーは450京ジュール。

とても比較にならない途轍もないエネルギーの持ち主と言う事になるのです。


さて、あなたはそのエネルギーの一部を一体何に、何の為に、どの様に使って来ましたか?

と言うものです。


そして次に・・・・

B目先の欲に振り回されるな。囚われるな。と書きました。

とんでもない才能を秘め、途轍もないエネルギーを内在するあなたが、何故、詰まらない事にこだわったり、出し惜しみをしたり、勝手に限界を作ったりするのだろうか?

それは本当の自分を知らないからである。と書いています。


そして・・・

人間力とは、その秘めた才能と膨大なエネルギーを正しく使える人間の力を意味する。と書きました。

それは、今のままの心でそれらを使い出したなら、あなたはどんな人生を歩むであろうか?

恐らく、欲望のまま金儲けと権力と地位、そして異性にエネルギーを浪費し、唯の欲望人間となってしまうに違いない。

だからこそ今は一切使えないのも事実。

本当に素晴らしい人生を望むので在れば、先ずそれに相応しい器づくりが必要なのである。

人生成功者の道は、誰でもが歩めるが、歩み出す為には先ず生命の尊厳を学ばねば果たせない。

と書いていました。



そこで、上記の前項の@からBを踏まえた上で

皆さんにお伝えしたい事があります。


それこそが「いのちの伝承」

つまり「生命の連環」なのです。


古代の古神道が一番大切にしてきた

最も尊い教えが「生命の連環」そのものなのです。



現在の私たちは肉や魚を食することを断ちました。

その最も大きな理由は

人間である私たちが、自分達の欲望によって

人間以外の動物や魚介類の肉を食べることは

つまりは「他の生命体たちのいのちの連環を断つことに他ならない」と

切実に思ったからです。


例えば私たち人間が、他の生命体から何かの理由で

無造作に、無残に殺され、その上、肉までもむさぼり食われたたとしたら

残された人たちは何も思わないでしょうか?


この仮のお話は、あくまで想定でしかありませんが

考えただけでも、色々な思いが渦を巻き胸が苦しくなって来ます。


つまり私たちは、美味しいものを食べたい。と言う理由だけで

他の生物たちを飼育したり、養殖したり、漁をしたりして

屠畜、畜殺し、腑分けし、限なく食べ続けてきました。



「もしもこの世に誰も居なくなって・・・」
「残された自分と他には牛や馬、それが例え鳥だけだとしても・・・」
「その動物や鳥の目を見たら・・・」
「それを殺してまで自分が生き延びたいとは思わない。」
「例え、食べなければ生きられないとしても・・・」

これは私の妻の言葉です。

こうした何気ない夫婦の会話から菜食に切り替えました。



そんな私たちと共に食事をする人たちの多くは、

「どうして野菜しか食べないの?」と事あるごとに聞きます。

でも本当の意味を中々説明できません。

何故なら、目の前の料理の殆どが肉料理か魚料理ばかりなのですから。



また私たち夫婦は、先日もこんな会話を交わしました。

ご飯を頂くとき「頂きまぁ〜す。」と感謝の言葉を言うけれど・・・

その感謝の言葉を軽く使い過ぎじゃないのかな?


感謝って、本当は感謝した分だけ

何かの形でお礼をしなきゃ嘘だよね。

口先だけの感謝なんて無意味だものね。

じぁ、食することに感謝すると言うことは

その感謝に対して何をお返しして来ただろう?


今まで自分の食欲を満たす為に食べられた牛や鳥、魚たちに

人間はどんなお返しが出来るんだろうか?

もういのちを奪われた彼らに対して・・・


彼らの「いのちの連環」を断った人間に

一体、何が出来るんだろうか?


こう考えた私たちは、肉や魚が食べられなくなったんです。

それが真実です。


人だけでなく、
それが、例え動物や魚であっても「いのち」を奪ってはならない。

人間に、他の生命を奪う権利など一切ない。

何故なら連綿と生き続ける、

つまり「いのちの連環」を断ち切る権限など与えられてはいない。


寧ろ、人間こそが、その大切な自然の法則を「いのちの連環」から学び

更なる高みを目指すべきなのではないだろうか?


今まで私たちが祖先の人々から受け継いできた

大切な「いのちの連環」を見つめて・・・。


このことが今の私たちの人生の課題なったのです。


「いのちの連環」にこそ「私たちが生命の子」

つまり「神の子」たる意味が秘められている様に想います。


さて、あなたのご意見は如何でしょうか?
 
 
 
 















2009年04月11日

もしも、あなたが「神」だったら・・・3

 
 
 
 
みなさ〜ん♪ こんにちわ!

やっとこさ! 出張を終えて無事帰還致しました。

今回は岡山まで深夜に車で一気走りし、香川、その後は京都、滋賀と走り回っての出張でした。

今回も新しい出逢い。 

そして仕事的にも、また社会的にも、
とっても意義深い数日を送らせて頂きました。


ありがたいことです。


さて本題に入りましょう。


私たち人間は、『神』についてそれぞれに「ある種の観念・概念」を抱いています。


ですが・・・・・


ここで改めて考えて見ましょう。


例えば、この地球上で人類以外の生命体たちは

果たして『神』を意識しているでしょうか?



宇宙大自然。

地上に於いては、山川草木に始まり

あまねくすべての生きとし生きるものたちは

『神』を知っているのでしょうか?



きっと地球に生きるものたちの中で人間だけが

『神』を意識している唯一の存在なのではないでしょうか!



そういう想いで改めて地球上のあらゆる動植物を観ると

どう、ひいき目に観ても意識しているようには見受けられません。


と言うことは、どうやら人間だけが『神』を認識しているようです。



要するに、他の生命体たちは

与えられるままに、在るがままに、

『神』が創り給もうた大自然の法則どおりに

大自然の摂理、真理通りに生きているように想えます。


つまり「在って、在るもの」の如くです。


この「在って、在るもの」とは・・・



そうです。

あの旧約聖書のモーセが『神』より語られた

『神ご自身』を意味する言葉です。



つまり『神』の「存在」とは

その字の如く「存(あ)って、在(あ)るもの」と言うことです。

『存在』と言う文字は、実に「存(あ)って、在(あ)るもの」そのものなのです。


しかし乍、このことを正しく理解できる「存在」は、

この地球上には人間しか居ないのです。


なのに、その人間が、事も在ろうか、

それぞれの民族は、その風習や文化、歴史などで

『神』に対するイメージを区々(まちまち)に造り上げ

実に様々な宗教、宗派、宗門で人々の心を縛り付けてしまいました。


本来『神』に、宗教や宗派は一切関係ありません。

宗教や宗派、宗門はすべて人間が造り上げたものに他ないのです。



この事を正しく識(し)り、正しく理解することか肝要です。


そうでないと、このブログのシリーズは間違った方向に進んでしまいます。



ですから改めて読者の皆さんに『神』について再認識をお願いしたいと想います。



つまり『神』とは・・・

この世のすべてのエネルギーの中心であり、この世のすべての生命の源である。と言うことです。

従って、この世のあらゆる有形物質を形作る以前の

物質の元となる元素群を形成するエネルギー源である。とも言えます。
(俗に言う原子、分子の世界に存在するエネルギーも同様です。)


そして私たちにとっての「大切な命(いのち)」そのもの。とも言うことが出来ます。


つまり「いのち」こそ『神なり』なのです。


とすると「もしも、あなたが神だったら・・・」は

何も特別で、突飛な問い掛けでは無い。と言う事になりますよね。


何故なら、あなたの命は『神』そのものなのですから。


だからこそ、あなたにとって「何よりも大切なもの=命」となるのです。


では、その「神なる生命」を通して

他のすべての生命体を観ると・・・


草花も木々も、虫も動物たちも、

すべての総てが生命の同胞兄弟となります。


と、なると私たち人間だけの事を優先して思い、考えて

やって行くのは間違いだ。と言う事になりますよね。


どうやら、この辺りに人類の歩みの間違いが観えて来そうですよね。



次回はこの辺りを掘り下げて見ましょう。
では、またお目に掛れる時まで・・・。 
 
 
 







2009年04月03日

もしも、あなたが「神」だったら・・・2

 
 
 
 
みなさん♪ こんにちわ!


さて前回に続く記事の更新です。


もしも、あなたが「神」だったら・・・

もしも、あなたが「神」だとしたら・・・

の問い掛けは、少々突飛なテーマでしたでしょうか?


例えば、こんな言い方もあります。

『インテリジェント・デザイナー』
      若しくは
『インテリジェント・デザイン』

その意味するところは・・・


インテリジェント・デザイン(「知的設計」論、intelligent design)とは、知性ある設計者によって生命や宇宙の精妙なシステムを設計した『偉大なる存在』とする説。しばしば、ID(アイディー)と略される。

これは、聖書信仰を基盤にする宗教的な論説の創造科学から宗教的な表現をなくして一般社会や学校教育など、広く受け入れられるように意図したもので、近年のアメリカ合衆国で始まった。

宗教色を抑えるために、宇宙や生命を設計し創造した存在を「神」ではなく「偉大なる知性」と記述することが特徴である。これにより、非キリスト教徒に対するアピールを可能とする。また宗教色を薄めることで、政教分離原則を回避しやすくなる(公教育への浸透など)。

と言うものです。

つまり宇宙や太陽系、地球などの創成を科学的に捉えようとしても、

あまりにも偶然性や突発性が多く、とても科学的論理だけでは説明し切れない課題が多い為、こうした存在を否定出来なくなっている。と言うことなのでしょう。


特に欧米では、人間社会を課題に富に取り上げられつつある「人的資源の劣化」に伴う「道徳心の欠落」と言う点では、「偉大なる知性」を中心に据えての対比が行われ始めているようです。


私が想うに「人間中心」、

否、「自己中心的な意識行動が引き起こした弊害」が

「地球温暖化を加速させた」と言うものです。



少々、飛躍した表現化と思われますが、実はこう言うことなのです。


以下をお読みになるにあたって、

『偉大なる存在』を理解された上で

『もしも、私が万物の創造主たる「神」だったら・・・』、
そして『もしも、私がすべての生命を創造した「存在」だとしたら・・・』。

そう・・・、

そう言った意味での「神」の立場に立って、

今の地球の姿を見つめ、

多くの生物や生命体たちが追い詰められる様を見つめ、

貝や魚たち、

元々は野生の動物だった牛や豚、羊たちを殺して食べる残酷極まりない人間たちを見て如何思うでしょうか?

ましてや、たった百年足らずで地下資源を自分たちの都合で、

自分たちのために使い果たし、挙げ句の果てには、

元々、自然界には存在しなかった化学物質を大量に生み出し、

更にその行為によって自然の調和を破壊しただけでは飽き足らず、

膨大な二酸化炭素を吐き出し、結果、地球全体にまで及ぶ異常なまでの温暖化を波及させてしまった。

これはもはや、人為的自然破壊に他なりません。


それもこれもすべて人類の、人類による、人類自身のエゴが犯した罪なのです。


このことを私たちはしっかりと肝に銘じて、

素直な反省とこの世界の実態、実相を感じ取りつつ記事を読み進んで頂きたいと願うものです。

そうすることで、

やがてあなたの意識下に眠るあなた自身の神性が覚醒(めざめ)る時を迎える唯一の方法なのです。


つまり『あなたが覚醒(めざめ)れば、世界が変わる!』

そう・・・、『「神」なるあなたが覚醒すれば世界は救われる。』と確信するものです。












2009年03月26日

もしも、あなたが「神」だったら・・・1

 
 
 
 
みなさ〜ん♪ こんにちわぁ〜!


相も変わらず「地球と子供たち未来の為に」

今、私たち夫婦2人が出来ることとして

地球の贈りものの一つである「風」を電気エネルギーに変える

我らがWINPRO社の風力発電事業に邁進している毎日でっす。


WINPRO社はこちらをご覧あれ → http://www.winpro.co.jp/


さて久し振りの更新記事での前置きはこれ位にして・・・



新シリーズ『もしも、あなたが「神」だったら・・・』の始まりです。



このシリーズは、きっと相当に力が入るシリーズになると思います。


何故なら、その表題の如くに

『もしも、あなたが「神」だったら・・・』

        若しくは

『もしも、あなたが「神」だとしたら・・・』

を念頭に、今、私たち人類が抱えている課題、問題を捉え

皆さんと一緒に考察し、そして果敢にも解決に挑もう。という

切望が込められているからです。

どうか、何卒、よろしくお願い致します。



では、本題に入りましょう。

宇宙創成が150億年とも200億年ともいわれ
私たちが生きているこの地球も47億年を経ているといわれているのはみなさんもご存知のことです。

でも一口に150億年とか47億年といっても
どんなに頑張っても一世代7〜80年しか生きられない私たちには
この気の遠くなるような年数に現実的に実感を持ってその時間の長さ感じることは出来ません。

しかし乍、創世以来47億年も経ているこの地球に
今までに無かった一大事ともいうべき現象が引き起こされてしまいました。

それが「人為的地球温暖化現象」です。

近年、世界中の問題となっている「地球温暖化」は
どこから、如何見ても人類が引き起こした自然破壊に起因した自然界の律を飛び越えた人為的な現象です。

そして今、世界の先進国は、
この国境を越えた「地球温暖化問題」の解決に本気で取り組もうとし始めました。

そこで、この本の表題である『もしも、あなたが「神」だったら・・・』は、
私自身がが長年行ってきた私塾での「人間力の開発ゼミ」の一環である「反省内観ゼミ」の一つのプログラムのテーマでもあります。



そのゼミでは意識を一点に集中した状態にある受講者に問い掛けます。

『もしも、あなたが神だったら・・・』

『世の人々に何を願い、何を祈り、そして何を託しますか?』と。

受講者は、瞬時に自らの心の中心に連綿と生き続けている「いのちの記憶」に問い掛け、即座に、その問いへの答えを認めます。

その答えは、いずれも高潔且つ神聖なる答えばかりです。

人は、自我から解き放たれて「在るがままの自己」に立ち返ったとき、明らかに今までの自我意識とは異なる高次なる存在に等しい意識を顕現します。


そこで改めてあなたにご質問です。

『もしも、あなたが神だったら・・・』


『今の地球を。60億もの人々の在るがままの姿を見下ろして何を想いますか?』


そして『そんな世の人々に何を願い、何を祈り、そして何を託しますか?』


ふっ!とあなたの心に湧き上がってくる想いを、そのままにメモして見て下さい。


あなたの心の奥底で眠っている真我の想いを認(したた)めて下さい。



そのメモは次回まで大切に保管して頂いて、次回、再びお目に掛りましょう。

 
 





2009年03月16日

環境走行も大切ですぞぃ!

みなさ〜ん♪ こんにちわ。


さて、久々の記事更新ですが

この度も出張で3日の夜に神奈川から岡山まで愛車ウイングロードで出掛けました。

当然、出発直前にガソリンは満タンにして。
しかも乗車2名、荷物もビッシリで重量は大人2人分相当。
ですから走行条件は最悪なんですが・・・

更に、その夜は生憎の大雪。

16号線を走り、横浜インターから高速に乗ったのですが

あまりの大雪の為に低速車両が融雪処理をしていて

浜名湖までズーッとジュジュ繋ぎ状態。

速度も30〜60kmとノロノロ運転が続きました。


「こうなりゃ岡山まで低速度走行を貫いてやるか!」と

浜名湖を過ぎた辺りから低燃費走行と言われている80kmを堅持。

回転数も1600〜1700回転(80kmの場合の回転数)を最新の注意を払って維持。


すると、何と!

岡山に到着するまで給油は一切無しで完走。

神奈川→岡山までの走行距離 685km

岡山到着後に給油すると   35リットル


で妻が計算してみると・・・ 19.75km/リットル


ドッ! ドヒャ〜〜!


こんなの初めてです。驚異です。


だってウイングロードの公式データーだと

10・15モードで19.2km/リットルだった筈。


「計算間違いじゃないの?」と再度、計算するも同じ数字。



つまり10・15モードは、あくまで目安であって

経済走行をすれば、こんなにも低燃費走行を実現できるってこと。



更に仕事を終えて13日の夕方に岡山を発ち

下道で日生、赤穂、相生を経由して約80km走り

竜野インターで高速に乗り


生憎の全線雨模様(名古屋を過ぎると大雨&大風)でしたが

再度、低燃費走行にチャレンジして見ました。



当然、前回同様にエンジン回転数1600〜1700回転を極力キープ

車速も80kmをキチンと守ってみました。


そして横浜インターに到着した途端に給油ランプが点灯。


構わず16号線を走り、自宅に到着。


岡山からの走行距離 700.8km

そして給油すると  38.31リットル

従って・・・    18.29km/リットル


と市内走行を含んでの走行を考慮しても

十分に満足の行く燃費。


と言うことは

やはり経済速度の80km、間違いなく低燃費に繋がるんですね。


実証的に確認できた以上

今後は、否が応でも常に「環境走行」を心掛けての運転になりますね。


いゃ〜! 本当にいい経験をさせて貰いました。
 
 
 

みなさんの身近な環境対策はいかがなものでしょうか?

機会がありましたら教えて頂ければ幸いです。

(尚、本記事は日産ファンブログでも記載致しました。悪しからず!)
 
 
 








posted by ホーリ at 15:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | みなさん、ニュースです。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年02月20日

温暖化を止めたくて・・・

 
 
 
 
みなさ〜ん♪ こんにちわ!


またしてもご無沙汰してました。



さて、先般、北海道の温暖化によると思われる雪情報をお伝えしましたが・・・



あれから関東に帰還し、兼ねてから考えていた案件を
関係者と集まっては話し合いを重ねて来ました。


WINPRO社の群を抜いた高完成度の風力発電による電気エネルギーを活用し

更に同社関連企業が開発した完全環境保全型ボイラー(家庭用の小型&安価なストーブも開発してます)と連動させ
(ペレットストーブを稼動させるには電気が必要なのです)

例えば 
参考サイト http://www.news.janjan.jp/business/0806/0806240438/1.php



また画期的技術により「野菜工場」を本格的に進めることになりました。

この野菜工場は、かつて私が顧問をしていた会社が
3年の歳月を費やして開発したハウス水耕栽培技術を
更にステージアップさせたものです。

その会社は → http://www.4t-5.com/ です。
      (サイト左のコンダクションチューブをクリックしてね)

ご参考までに・・・http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/econpolicy/207287



この他にも風力発電の発電機そのものがWINPRO社の手による画期的発明を加え
グ〜ンとパワーアップして今年の夏ごろには世の中に躍り出ます。


そうなったら世界の風力発電業界は一気に淘汰されるほどの代物です。


同じ風力で発電量は今までの5倍以上。

況してや何かと問題を抱える風力発電の課題をすべてクリアする優れものです。


今回紹介した「野菜工場」は、ハウス栽培だけでなく
街中の倉庫やビルのフロアーを利用することもできます。
そうなると新たな雇用も増え、また車椅子の方でも栽培かのうとなります。

当然、今までのハウス栽培の概念を超えて、ほぼ無菌で20毛作以上の収穫も可能なので
外食際業だけでなく、スーパーなどと契約栽培も出来、大きな収入源に繋がります。
当然、無農薬ですから安全は折り紙付きですしね。


その他にも沢山の企画を今年は本格的に事業化していく予定です。


詳しくは特許申請後にお話ししますね。(笑)



いずれにしても、

少しでも地球温暖化を阻止せねばね。


では、またお目に掛りましょう・・・。




posted by ホーリ at 01:23 | Comment(4) | TrackBack(0) | みなさん、ニュースです。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

気になるおケイコを手軽に検索「ケイコとマナブ.net」
おすすめのサイト