2008年11月03日

食の在り方で身も心も大きく変わる

 
 
 
 
 
みなさぁ〜〜ん♪ こんにちわぁ〜!


何と忙しく走り回っている内に

気付いて見れば、半月近くもブログ更新をサボっていたんですねぇ。


兎に角、WIONPRO社の事業開発顧問として担当している業務は

全国各地の県総代理店と各地域代理店さんの設立、

更には地方の支店や支社の設立及び海外への進出等などなんですが

兎に角、それぞれが目白押しで、休む間もないほどの毎日でした。


そんなこんなでブログ記事を書く暇が無かったんですよぉ。

ホント、済みませんでした。


でもね、さすが英国などは環境政策ではEUに大きく水をあけられている為か

とっても前向き且つ精力的で

駐日英国大使館さんは自国の企業に呼びかけて

何と60企業もの提携企業さんがWINPRO社と組みたい。と言って下さった程です。


それらの英国企業群さんの中には、あのロールスロイス社の名前も!

そこで物は試しにとイギリスに出掛けたところ、

話しがドンドン進んでついに仮契約に至りました。

その他にもインド、南アフリカが決定。

これ以外にもオーストラリア、南米、カナダなど10ヵ国が予定されています。

これら全てがWINPRO社の現地法人を設立することになります。

そうなると来年は殆ど日本に居られない。かもですねぇ。。。



さて、こうした業務に追われ続けていた昨今ですが

そんな中、ふっ!と気付いたことが在るんですよ。


それが『食の在り方で身も心も大きく変わる』ってこと。

どう言う意味かといいますと・・・・


完全菜食にしてから1年半の私。

そして可也多忙な毎日を過ごしているんですが

社の人たちや関係者と宿泊を掛けて同行することもしばしばなのですが

一緒に居ると良く分かって来たんですよ。


つまりそれが『菜食は、疲れにくい体質をつくる』ってこと。

最近、同行している人から

「先生って如何してそんなに元気なんですか?」

「野菜しか食べていないのに・・・」と。(笑)


確かに一緒に仕事していると、

私より若い皆さんは、

朝は元気なんですが、夕方になるとエネルギー切れになるようです。

ですから連日、深夜まで仕事が続くと皆さん、簡単にダウンして仕舞います。


ですから、彼らは精力を付けねば。と肉や魚を食べ捲くります。


ところが菜食、つまり草食動物の私は、

彼らと一緒に何処に食事に行こうが

お店によってはサラダとパン、コーヒーのみで済ませます。


但しサラダの御代わりをすることもしばしばですがね。(笑)


つまり他の若い人たちと比較しても、いつも元気バリバリで、

体力はまるで無限の如くです。


人から言われてみて、自分でも驚くほど疲れ知らずになっていたのです。


雑食の以前に比べ、朝の目覚めも爽やかですし、

お通じもほぼ毎日で病気知らず。


元々、お酒は苦手だし、賭け事も嫌い。

その上、肉食を止めて、人様から聖人君子みたいだ。と言われてますが

タバコだけは少々たしなむ私です。


それも今年一杯で止めようと想っているですが

「タバコ位は吸って下さいよ。そうでないと私たちが困りますよ。」
と言われる始末です。(苦笑)


つまり、あんまり高潔過ぎると付き合い辛いって事なんでしょうね。


さて、お話しの続きとなる『菜食は心まで大きく変える』は

次回にすると致しましょう。 お楽しみに! ホーリでした。

 
 
 






2008年10月20日

ありがたメニューの登場です。

 
 
 
 
みなさぁ〜ん♪ こんにちわ。

いよいよ秋本番ですねぇ〜。。。


日光や赤木山などの北関東辺りでは、紅葉が見頃だそうですよ。


いいですよね。燃えるような紅葉。
何となく心がワクワクしますよね。



さて話はガラリと変わりまして・・・

久々に食育関連の記事を!


私たち完全草食人種にとりまして

嬉しいメニューが10月8日に発売されています。


コーヒーがすこぶる美味しいDOUTORさんで

待望の「たべるバランス」と言うメニューの登場でっす。


その名も『カンパーニュ・サンド』でお値段は330円な〜り。


しかも何と10種類のバランス・サラダとバジルのソースで調理されておりますです。ハイ!



先ずは

舞茸、しめじ、椎茸などのキノコを使用。
ビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富です。

そして大根(鉄、カルシウム、カリウム、カロテン、ビタミンCとE)

水菜(緑黄色野菜でカロテン、ビタミンC)

にんじん(緑黄色野菜でカロテン豊富)

ベビーリーフ(別名サラダほうれん草と言って鉄、カリウム、カロテン、ビタミンC)

レタス(カルシウム、鉄、ビタミンC)

レッドオニオン(アントシアニン)

マリボーチーズ(カルシウム、たんぱく質(因みに私は抜きますが))

最後にバジルソース(カルシウム、カロテン)で味を調えています。


パンは発芽玄米を使用し、外はカリッと、中はフワフワで味わい深いお品で御座いますぅ。



昨日、妻と2人でドトール・デートの際にこのカンパーニュサンドを、更に同日新発売の10種類の野菜ジュースをセットで頂きましたが、とっても美味しかったですよ。


更に詳しく知りたい方は → http://www.doutor.co.jp/dcs/menu/seazon.html


どう? いかがですぅ? とっても美味しそうでしょぉう?(笑)
 
 





posted by ホーリ at 23:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食育シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2008年10月14日

誕生日の日に・・・

 
 
 

 
みなさぁ〜ん♪ こんにちわ。

 

さて今月の○○日、ついに・・・・・

55歳の誕生日を迎えてしまいました。



本当はこれ以上、取りたくない歳なのにねぇ〜。。。

こればっかりは逃げようの無い現実が追い掛けて来るんですよ。


これが!



精神年齢は30うん歳で止まったままなのに

体だけは、容赦なく老いて行くんですよ。


あ〜ぁぁぁぁぁ!



とガックリ来ていたところに10数年前に私が主催していた

研修を受講されていた女性から突然に、

本当に突然に、誕生祝いのメールが届きました。

彼女とは10年以上もお逢いしていなかったのですが

お元気でお過ごしのご様子で、お2人の息子さんも18歳と19歳になったとか。


研修受講のころは小学生だったのに・・・


私があっ!と言う間に歳を取る訳です。(苦笑)



その彼女、何でも先月の中頃にこのブログを発見し

過去ブログから3話の小説を読破され

誕生日に合わせてメールを下さったのです。


ありがたいことです。



さて、そんなこんなで私が完全菜食にして早1年半。

そして昨日、2年ぶりに体重計に乗った時のこと・・・


体重そのものは3kg減と大して変化ないものの

体脂比率が、何と17.6%に!


これには、さすがの私も、正直、驚きました。

何となれば、1年半前の私の体脂肪比率


少々肥満気味と言われている25%超えの27%だったのじゃぁぁぁ!


それが−10%だもの。

流石、野菜の力は凄い!と感心してしまいましたわ。


でもね、確かに体脂肪率は17.6%と激減したものの、

それはきっと内臓脂肪が減ったのであって

ウエスト周りの変化は微妙な感じなんですわ。



と言うことはですね、

ウエストを細くしたい美しき女性方は

本来の美しさを取り戻す為に

本気でやるなら

清水寺の舞台が飛び降りるつもりで!

@即刻、完全菜食にチャレンジすること。
 (肉・魚・ミルク(ヨーグルトも)・バター・玉子も駄目だよ〜ん)

A食事量は、腹八分目に徹すること。

B夜9時以降は「おやつ」も駄目。
 (もしも如何してもと言う場合は、豆腐か豆乳で空腹を満たすこと)

Cアルコール類は一口、二口で止めること。

D休日には軽装で出掛け、3時間近くは早歩きでハイキングなど
 体を適度に動かし、脂肪を燃焼させること。

をお奨め致します。


そうればウエストやヒップは勿論のこと

中々、落ち難い肩や二の腕

更には背中(背油?(苦笑))も見事に落とすことが出来ますよ。


だって、我が麗しの妻が実証済みですからね。



兎角、食欲(暴飲暴食、偏食、栄養過多、そして飽食)を制しさえすれば

肉体美は取り戻せるだけでなく

精神的にも強く成れること受け合いです。


是非とも美麗健康なるご自身を取り戻されますことを

切にご祈念申し上げます。

 
 
では、またお目に掛る日まで。。。 
 
 
 





2008年10月07日

久々に『思いっ切り生きようぜ〜ぃ!』だっ。

 
 
 
 
 
 みなさ〜ん! こんにちわ。


夏も終わり、めっきり秋の風情が感じられる季節となりましたね。


このところ仕事に追われ
中々ゆっくりした時間が取れない今日この頃ですが・・・


米国ではダウ平均株価が1万ドルを割り込み

いよいよ世界各国にその余波は大きく影響を及ぼしそうです。


こうなると我が日本でも実態経済は更に悪化し
インフレが益々進みそうな様相です。


こんなネガティブな世情であっても
私たちまでそう成る必要はありません。


だからと言って私たちまで沈み込むことはありませんよね。

せめて私たちだけでもポジティブに!


そして後悔の無い充実した人生を

思いっ切り生きなくては勿体無いじゃありませんか!


以前もお話ししましたが

人生とは『喜びと幸せを見つけるゲーム』なんですから。


では、その秘訣をお知りになりたい方は

エレナ・ポーター著
『少女パレアナ』&『パレアナの青春』を是非お読み下さいまし。

この小説は人間、いかに生きるべきか。を実に爽やかに教えてくれます。


そして、この小説をお読みになったら

先ず、あなたが始めることは

『アウトプット(出力)人生に切り替えること』です。


だからと言って自分中心的な自我欲をバリバリに出力するのではありませんよ。

私たちは、これまで何かに付け必死こいて『インプット(入力)』に努めて来ました。

学校の勉強も学問的知識の『インプット』

そして大人になっても社会的知識や経験、ノウハウやテクニックなど

得になりそうだと思えることを何でもかんでも『入力』三昧。


つまり私たちは『インプット(入力)』することが

然(さ)も「正しい」ことだと教えられて来たんです。


ですから逆に『アウトプット』の仕方、

それも『正しいアウトプット法』を全くと言っていいほど教えられていないんです。


ですからこそ、幾ら「ポジティブに」考える。とか

「プラス思考で生きる」なんて、理屈で分かっている積もりでも

実際は中々上手く出来ないんです。


つまり「根っからのネガティブ人間」に育てられ

『インプット人間』に成り切っていたんですからね。


となると、自らを『本物のポジティブ人間に変える』には

それ相当の努力を要することになります。



だって・・・・

今まで、そんな生き方をしたことが一度も無いんですから!


つまり、当然と言えば当然のことなんですよね。



でも『本物の幸せ』を得たい。と、あなたが本気で切望するならば

絶対にチャレンジすべきなんです。


その良き教本となるのが、先ほどの「パレアナ」です。


その教本で『ポジティブ思考』とは何か?

そして『アウトプット法』のコツとは如何言う事なのか?が飲み込めたら

いよいよ実践法です。


この実践法は、先ず「パレアナ」を読まれた後にお教えすることに致しましょう。(笑)

でないと本当の意味『ポジティブ』と『アウトプット人生』が正しく理解できないと勿体無いですからね。


いずれにしても『本物の幸せを手にする方法』ですから。

それなりの努力も必要な訳です。


『何事も一朝一夕に成らず』ですね。


ではその日まで、みなさんのお便りをお楽しみに待っています。。。 

                          ホーリでした。







2008年10月01日

ビッグニュースのご報告でっす!

 
 
 
 
みなさぁ〜ん♪ こんにちわ。

お元気でご活躍のことと存じます。



さてわたくしホーリは、相も変わらず東奔西走し続けていますよん。

そんな最中のこと。

わざわざイギリスから私に相談があるとのことで来賓が起こしになり

数日間、お付き合いさせて頂きました。




そのご相談内容とは・・・・


何と!

8年後の東京オリンピックの開催を決定付けるほどのドデカイお話し。


その方は、オリンピック開催を決定するIOC(国際オリンピック委員会)の

正規の公認団体である『オリンピック・スピリット』(聞いたことないでしょ?)の役員さんでした。


その『オリンピック・スピリット』は、

オリンピック精神に基づいて青少年への教育と啓発を以って

世界平和実現に向けて活動している機関です。


その『オリンピック・スピリット』を日本、つまり東京に

『オリンピック・スピリット・ジャパン』を設立したい。

そして『東京オリンピック』の開催を確実のものとしたい。

と希望され、私にコンタクトされて来たのです。



そのお話しをお聞きし、早々に東京都知事公室に連絡してご手配を願い

オリンピック招致委員会の国際部の幹部と連絡を取り合い

横浜のホテルでお引き合わせ致しました。


その結果、『オリンピック・スピリット』が

都内に設立されることにより

IOCのオリンピック開催選考委員に大きく影響を及ぼすことが

正しく理解され、招致委員会としても積極的な支援と協力を得られることとなりました。


後はIOCから日本国と東京都、そしてJOCに対して

『オリンピック・スピリッツ・ジャパン』の設立親書を提示して頂き

正式な諸活動に進展する予定となる。とのことでした。


これが実現すれば、東京オリンピックも夢ではなくなります。


あの問題山積で、しかも派手派手しかった北京オリンピックとは一線を画して

地球環境と人類の進歩との調和をテーマに掲げる東京オリンピック


良い意味で、是非、開催して頂きたいものです。


それにしても私などがこうした水面下の役割に携われたこと

ありがたいことですよね。


若しかすると今回のことで、

『オリンピック・スピリット・ジャパン』で

正式なお手伝いをすることになるかも知れませんね。


 因みに『オリンピック・スピリット』のサイトをご紹介しますね。
           ↓
  http://www.olympicspirit.org/profile.php


以上、私的ビッグ・ニュースでした。
 
 





posted by ホーリ at 01:49 | Comment(4) | TrackBack(0) | みなさん、ニュースです。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2008年09月21日

近況報告どえっす!

 
 
 
 
みなさ〜ん♪ 何とまぁ〜大変ご無沙汰してしまいました。



WINPRO社の仕事が忙しくって、各地を飛び回る毎日。

この1ヶ月以上は殆ど休日らしい休日も取れず、半日ほど休めればいい方。

兎に角、連日の移動と商談の日々でした。(苦笑)


中には、WINPRO社の様に新しい自然エネルギー事業に

やたらに群がって来る下心ありの怪しげな輩もいて

彼らを排除するのには細心の注意を払いながらの対応も要求されますしね。


私のポジションは事業開発ですから

こうした彼らを処理するもの私の仕事なので

マジに体力だけでなく、精神力や胆力も必要とされるんですよ。


と言う訳で、やっと自宅に帰り、ホッと出来る2日間を得ています。

今日の1日は爆睡の日。
昨晩から昼までグッスリと寝させて頂きました。

明日は、やっぱり体を横にしてゴロゴロしたいなぁ〜!と想っています。

来週からは再び出張の日々となりそうなので・・・


それともの凄いビッグニュースがあるのですが

それはまた次回にでもご報告させて頂きますね。

楽しみに待ってて下さいよぉ〜う。(笑)


では、皆さんもお元気でご活躍下さ〜い! じぁあ、また!




posted by ホーリ at 00:59 | Comment(2) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2008年09月08日

久々に。地球温暖化記事

 
 
 
みなさ〜ん♪ ご無沙汰しております。


ここ10日間ほど出張続きでアヘアへしっ放しのホーリでっす。


何せWINPRO社の製品が

風力発電だけに、時代の追い風をモロに受けて

あっちこっちから『至急』のお呼びがかかる訳でして・・・


ホント、体が三つほど欲しい。と痛感する今日この頃ですぅ。



そして、久し振りに『地球温暖化』記事を!


温暖化防止へ肉食減らして IPCC議長が提言
                 2008年9月8日(月)09:45

【ロンドン8日共同】
7日付の英日曜紙オブザーバーによると、
昨年ノーベル平和賞を受賞した「気候変動に関する政府間パネル(IPCC)」のラジェンドラ・パチャウリ議長が、
「地球温暖化防止のためには畜産業から発生する温室効果ガスの削減が重要で、世界の人々が「(1週間に)1度は肉を食べないようにし、消費量を減少させるべきだ」などと語った。
米国など主要な牛肉輸出国で波紋が広がりそうだ。

この記事を読んだわたし、
思わず「肉食の人には苦痛だろうなぁ〜。」と呟いてしまいましたよ。

でも日本人は、まだいい方ですよね。
本文には『世界の人々が「(1週間に)1度は肉を食べないようにし、』って書いてあると言うことは
つまり欧米の人たちは毎日肉を食べているってことですからね。

だから『一週間に一度は・・・』ってことになるんでしょうね。


地球温暖化に関しては
以前から『畜産業から発生する温暖化ガス』として
牛や豚のゲップ(メタンなど)や糞尿などから発生するガスが指摘されていましたが
今回の様に公式な場で明言されたのは始めてのこと。

さて畜産業界の反応はいかに!ということでしょう。


すると完全菜食の私たちは
自然な菜食生活を送ることで、地球温暖化に貢献しているってことですよね。

これって、中々いいじゃなぁ〜い♪(笑)

では、またぁ!










posted by ホーリ at 11:58 | Comment(2) | TrackBack(0) | みなさん、ニュースです。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2008年08月30日

ゲリラ豪雨で水没するかと・・・

 
 
 
 
 
いゃ〜〜!凄い豪雨ですよね。


みなさ〜ん♪ こんにちわ。



昨日の29日のこと。

私たち夫婦は所用で朝から車に乗り、茨城はつくば市に出向きました。

そして4時ごろ、所用を済ませた時、急に空に暗雲が立ち込み

遠方に稲光がピカピカと走り始めました。


「こりゃ雨になりそうだな。」

「そろそろ切り上げて帰ろうよ。」と車に乗り込み、帰路について5分後・・・


突然、大粒の雨がポツリポツリと降り始めたと思ったら

いきなり『ドバァァァ!』とドシャ降りの雨。


そして数分後、『バババババッ!』と激しい音と共に

ワイパーも追いつけないほどの『水』が上から落ちて来ましたよ。


それはもう、雨と呼べるものでなく

滝の水が何故か車に覆い被さって来た。って感じです。


すると、あっ!と言う間にあちらこちらから流れ込んできた泥水の濁流が

道路を覆いつくし、深さ30p近い川となってしまいました。


対向車を見るとナンバープレートは水没しており、バンパーも見えないほど


「こりゃまずいぞ!」とばかりに早々に道路より高いわき道に逸れようとした直前

私たちの前を走っていた車が、突然、

ハザードを点灯させて立ち往生。

「ありゃ!エンストしたな。」

「マフラーから水でも入ったんだな。」

「こいつぁ〜、人事じゃないぞ。早く高台に上らないと・・・」

と呟きながら緊張しつつ車を進めていると

対向車線の車たちが次々にハザードを点灯させて停止。


中にはベンツも!

止まった車を見るとドアの下方の線まで濁流の水位が!


「こりゃマジやばい。」と冷や冷やしながら前進。

運良く、今の道路より高い位置に登る脇道を見つけて

やっとこさ高台へ。。。


それにしても大雨で曇る窓越しに見ると10台以上の車が泥水川で立ち往生。

危うく私たちも水没する所でした。


それからも豪雨はやむことなく

高い道路を選びつつ、駐車場が2階に設置されている大型店舗を見つけ早々に避難。

そこで夜の9時(閉店時間まで)まで粘り

小降りになったつくば市を後にしました。


ところが都内に入りかけた深夜、

まるで私たちの後を追い掛けて来たのか

再び、轟(ごう)音を轟(とどろ)かせての雷に次いでの豪雨が襲って来たではないのん!


やっと神奈川に入っても天を裂く稲妻と雷雨。

もう散々な1日でした。


それにしても都会の雨水に於ける排水基準は

何と!たったの50ミリだそうな!


これじゃあ、ゲリラ豪雨には、とても安全な生活は確保出来ません。

今回の豪雨で被害を受けられた方たちは、何処に救済を求めればいいのでしょうか。


岡崎市の住民の方たち、そして関東各地で被害を受けられた方たちの事を想うと

やり切れない気持ちに沈んでしまいます。


みなさんの所は大丈夫でしたか?
 
 
 





posted by ホーリ at 01:30 | Comment(9) | TrackBack(0) | 一言いわせて!時事ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2008年08月24日

栃尾の油揚げ、と30年振りの再会

 
 
 
 
みなさ〜ん♪ こんにちわ。


またまた仕事で出張し、更新が遅れてしまいました。

今回の出張は新潟まで出向き、環境技術振興協会(組)の設立打ち合わせだったのですが・・・


泊まり込みで一通りの予定を済ませ、夕方、帰路につきました。


高速道路に乗り、小腹が空いたので栄パーキングでデッカイ油揚げが乗っかった「きつねうどん」を食べたのですが

あまりに美味そうに食べる私を見た妻が
「栃尾の油揚げを買って帰りた〜い。」と言い出しまして

それならばと近くのインターから出て、スーパーをナビ検索し立ち寄ると

「栃尾のジャンボ油揚げ」の棚だけが空っぽ。

その後3軒のスーパーを覗くも、やっぱり空っぽ。


地元でもこんなにも人気あるんだぁ!やっぱ!


それならばと意地になって、
時間的に無理(その時すでに6時を回ってて)かも知れないけれど。とイザ!栃尾へ!



とここで、栃尾のジャンボ油揚げをご存じない方は、こちらを!
          ↓
http://www.city.tochio.niigata.jp/kankou/aburage/index.htm


この『栃尾のジャンボ油揚げ』が、まっことうまいんですよ。マジで!(笑)


そして夜の闇夜に栃尾市外をグルグル回って見ると

殆どのお揚げ屋さんは、もう閉店状態。


そりゃそうだわ!だって夜7時を回っているんですから。。。


ところが!

一軒だけカーテンの隙間から光が漏れているお店、発見!

佐野豆腐店さん 
旭町4-26  TEL 0258-52-3600


妻は車から飛び降りて
早速、分けて頂きたい旨をお願いすると
お店のご主人が快く分け下さったんですよ。良かったぁ!



そしてイザ帰路に向かい始めた時、

妻が突然「先生の同級生さん、神社の神主さんでしたよね。」と・・・



そうなんです。

私、大学を卒業した後、自転車に乗って日本一周した時、

同級生だった、この栃尾の神社の息子さん家を訪ね

何と半月近くもお世話になったことがあるんです。


その後、何度か連絡していたのですが・・・

引越しなどで住所録を紛失してしまい、

長い間、連絡が途絶えてしまって・・・・・



でもね。私、思いつく度に104で調べてもらったのですが

どうしても情報が得られず、疎遠になってしまったのです。



そもそも私が豆腐好きになったのも

その同級生宅でお世話になっていた時に

同級生宅のお隣のお豆腐屋やさんの出来立てホヤホヤの、

熱々『おぼろ豆腐』を頂いたのが切っ掛けなんです。


生まれて初めて頂いた暖かいおぼろ豆腐の味と風味は

何とその旨いこと!美味しかったこと!

その余りのうまさに毎日お願いして食べさせて頂いたほど。



以来、私にとって忘れられない出来事の一つなんです。



そして助手席の妻は、栃尾市内の神社をナビで検索し始め

ついに『栃尾大神宮』を見つけました。


そして目的地にセットと車をUターンさせて向かいました。



10分ほど走って遂に到着。

その時刻、既に9時近い夜のこと。

TS380767[1].jpg
(この写真は他の方のものを拝借いたしました。)



神宮へのお参りを済ませ、インターホーンを!


出て来られたのはにこやかに微笑む女性がひとり。

(きっと奥さん?だな?多分・・・)


そして恐る恐る当方の名を名乗り、事情を説明したところ

直ぐに奥の間に引き返され


ついに同級生である大神宮の宮司殿が登場!

私は、一目見た瞬間、白髪混じりだけれども

「おぉぉぉぉ!間違いない!彼だ!」と!涙が出る程嬉しくもあり、懐かしくもあり。


彼の第一声は

「おぉぉぉ!」

「しかし・・・面影が・・・・・・・」

「・・・・・・。在る。 確かに面影が在る!」
と30年振りの再会と固い握手を。


「さっ!さっ!上がって。」と促されると、友の後ろには先ほどの奥さんとお嬢さんが・・・


それから妻もお邪魔して
お互いに夫婦同席で2時間近く思い出話しと近況報告。

友の奥さんも、とっても明るくてチャーミングな女性。


そんな二人の姿を見た私は
心の中で彼の健康と幸せを心から祝福せずにはいられませんでした。



とっても懐かしく、そして楽しいひと時を過ごさせて頂きました。

その時の話しで彼がお酒好きと分かり
再会の印に私のお気に入りの原酒を送る約束を。


それは私が見つけた、神奈川は伊勢原の銘酒。

早速帰宅した私たちは、昨日、蔵元まで出向いて送らせて頂きました。

     その銘酒とは!

    吉川醸造株式会社さん
        ↓
http://www7a.biglobe.ne.jp/~souou/kikkawa.html


そして送らせて頂いた『菊勇 本醸造 原酒』
        ↓
http://www7a.biglobe.ne.jp/~souou/kikkawa.html#gensyu

この『原酒』、お酒が飲めない私でも、その旨さと味わい深さに納得の銘酒なんです。


この『原酒』に下げられている「しおり」には・・・

原酒のお召し上がり方
一般市販酒ではありませんので、米からつくられたそのままの非常に濃度の高いお酒です。
ごく限られた酒通の方か、その道の専門家しか飲めないお酒ですから、次の点に特に御注意下さい。
そのまま召し上がるか、冷やしてグラスで召し上がるのが、風味を損なわず特においしく、若しお燗をされる時には人肌以下のぬる燗でお召し上がり下さい。
熱燗にしますと、風味を損なうばかりか、濃度が高いため却って召し上がりにくくなります。と・・・・・


この混ぜ物の無い、生一本の原酒を!
30年振りの再会と温かく出迎えてくれ、
楽しいひと時を与えて下さった友と奥さんのお二人に感謝の印として。。。


それにしても、本当に懐かしく
そしてありがたい感謝一杯の1日でした。
 
 
 




posted by ホーリ at 16:03 | Comment(4) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2008年08月20日

寝ても醒めても・・・

 
 
 
 
みなさん♪ こんにちわ。


わたくし共、このところWINPRO社の海外進出などで

英国等や国内代理店設立などにより

あちらこちらと忙しく電話連絡をなくこなしながら

更に、事業協同組合の設立に必要な提出書類の山に囲まれて

解読困難な法律用語を頭を掻きむしりながら

何とか書類作成に挑み、大いにオーバーヒート気味の今日この頃です。



それにしても「法律」って年を追う毎にドンドン増えるし、ますます難解になりますねぇ。


公明正大ある筈の組合法を悪用し、海外から入国した人たちを

食い物にした悪人たちも居ましたしね。


それだけ世の中が複雑怪奇になっているって事なんでしょうね。



さて、お盆も過ぎて日中も幾分涼しくなって来ましたが

何だかここ10日間の天気を押しなべて見ると

1日、1日の天気がコロコロ変わってますよね。


朝は晴天なのに急に雨雲が現れて

あっ!という間に雷鳴が轟いたかと思うと

いきなりのドシャ降り。

傘を差す間もなくびしょ濡れ。って事もしばしば。


こう言った現象を気象庁では「ゲリラ豪雨」と命名しているらしいけど。。。



でも雨と同時に、結構、強い風も吹きます。

そうした強風に煽られて激しく揺れる街路樹の枝を見るに付け


あぁぁぁ。勿体無い。この風があればどれだけの電気を創れることか!

と思ってしまいます。(苦笑)


WINPRO社の風力発電に出会ってからというもの

寝ても醒めても「風」が気になって仕方ないのです。



太陽が燃え盛っている間は、太陽光は途絶えることはありません。


それと同じく、地球が自転している間は、風も止むことはありません。


この大自然が与えてくれている自然エネルギーを

効率よく電気エネルギーに変換することによって

地球に、そして私たち人類に良い形で還元できれば

それは、とっても意義あることだと考えています。


そして近頃は、何時もこうしたエネルギーの循環に心が奪われ

そうした事ばかりを考えているわたしです。


みなさんは、どんな事に心を惹かれておいでですか?



わたしはベランダで一服する度に

ベランダから樹木の枝々が風に揺れるのが目に映ると

子供のようにワクワクして来るのです。

今、何m/秒の風が吹いているんだろうかな?

これだと何百ワットの発電が可能かな?ってね。(笑)

 
 






気になるおケイコを手軽に検索「ケイコとマナブ.net」
おすすめのサイト
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。